カテゴリー「副鼻腔炎」の33件の記事

2019年3月22日 (金)

花粉症の咳⇒臀部痛⇒中耳炎 という悪魔のサイクルにはまった!

 僕は花粉症シーズンになると、咳、鼻水、目や耳のかゆみ、だるさや熱っぽさが症状としてでる
 薬は使ったら負けだと思い、今まで使用していなかったのだが、今年は目ヲかきすぎて充血したため、一番高い目薬を購入してしまった
 そして、今年は咳がしつこく出たため、咳をして腹筋が痛くなり、その後臀部や足がつっぱるような感じになってきた  
  
 先週、金沢と富山への出張があったのだが、前日にスクワットしたらさっそく歩行困難になるほどの臀部から太腿への激痛が生じた 
 脚をひきずりながらの出張は過酷であったが、夜のお酒はとても美味しかった! 
 Dsc_00041のどくろの炙り寿司サイコー!!!


   
  東京に帰ってから、臀部の鍼治療に行ったのだが、左耳に鍼を刺されて顔を右向きにしていたら、だんだん左耳が詰まってきた 
   
 うつぶせになってからも詰まり感は増し、頭のマッサージをしてもらっているときに耳に触れると痛みが走った 
  
 まぁ、たいしたことはなかろう、風呂で暖まれば大丈夫だろうと根拠無き推測をして、家に帰って入浴したがまだ詰まっていた
 アルコール飲めば結構良くなっていいんじゃないかと根拠無き楽観でビールとサワーを飲んだが、詰まりはおさまらない
 翌日、耳鼻科にいったら、中耳炎だというので、抗生剤とステロイド(好酸球性副鼻腔炎のため)と去痰剤を処方された 
  
 それから今日で一週間となるが、禁酒して(まぁ一日だけY新聞社の人と飲み会をしたんだけど)、今日耳鼻科に行ったら、赤く腫れていた部分が随分よくなっているとのことで、弱めの抗生剤、抗炎剤、去痰剤を処方された 
  
 今日の夜は各業界団体の幹部たちとの交流会があり、なんと屋形船であったが、意志の強いtakkunは酒断ちを貫き、二次会のクラブに拉致されそうになったが、なんとか逃げ切ることができたのである 
  
 さて、この「咳⇒臀部痛⇒中耳炎」というサイクルだが、納得できない部分があるのだ 
  
 それは今月に入ってから、「ドクタードルフィン」という初診に数年待ちになるくらいの奇跡の治療を行うお医者さんのことを知って、数冊本を読んでいて、その神経スポット療法をやりはじめたばかりなのだが、悪魔のサイクルに陥ってしまったのだ 
 まぁ、本を読んで急にからだが良くなることはないだろうから、「ドクタードルフィンよ、どうなっているのよ!!」というのもハヤトチリなのだろう 

  


  

| | コメント (0)

2018年9月 9日 (日)

クアラルンプール

 先週のtakkunは大忙しでしたぁぁぁぁ......

  週明けは10カ国近くの大使館の大使、公使、参事官などをお呼びしたイベントを開催しました 
 
 2ヶ月前に突然、takkunが「やる!」と言い出したイベントなので、スタッフは大変ご苦労なさったと思います 
 
 どうにかメディアにも取り上げて頂き、大盛況だったのではないかと自負しております(スタッフのおかげです) 
 
 
 さて、水曜の夜からはマレーシアのクアラルンプール出張でした 
 
 午後11時半発、エコノミーという状況のなか、翌朝6時前にクアラルンプールに着いて、現地旅行社の送迎でホテルに向かいましたが、当然チェックインはできなかったため、数時間しか自由時間がなかったけど、旅行社を返して同行した部下と自力で公共交通を使って何箇所は廻ることにしました
 
最初はヒンドゥー教の聖地と言われるバトゥー洞窟に行きましたが、約300段の階段は超睡眠不足の我らにはきつかったッス!! 
Dsc_02271
Dsc_02331
それからは、国立モスクへ行ってきました
とても清楚で綺麗なところですが、規模は先月行ったアブダビのモスクが圧倒的でした
Dsc_02431
 
 夕方は翌日のフェアのブースをチエックしてから、トニーローマでボリュームたっぷりの料理をを食べて満腹状態でホテルに帰ってから、ベッドに横になりながらサンドウィッチマンの自叙伝「復活力」をタブレットで読みながら、眠りに入ったのでした 
 
 
 
 ※ANAの飛行中に突然、左顔が痛み出した 
 副鼻腔炎の影響かと思って、急いで耳栓をした 
 しかし、どうやら鼻とか耳とかではなく、左顔の口内の詰め物のところから激痛が生じていた 
 真夜中に困ったものだと思いつつ、赤ワインを注文した 
 酔いつつも痛みは続いており、寝られなくて困ったなぁと思っていたら、とつぜん左耳からピューッッッッという音が聞こえてきて、痛みは消え去った 
 やはり気圧の問題なのだろうか....
 とりあえず、復路は降下時だけではなく、上昇時にも耳栓しましたが、問題はなかったです
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月17日 (金)

UAE!(バージュカリファ&怪しいタクシー)

実は4時間前に、5泊6日のUAE(アラブ首長国連邦)旅行から帰国した 

時差によって計算すると、僕は゜昨夜は2時間弱しか寝ていないようだ

帰国したら、もちろん彼の国ではなかった酎ハイ、日本酒、マッコリなどを摂取する羽目となる

このブログを何回かご覧になった方はおわかりだと思うが、飲酒して書いていることが多いので、当然今回の旅行記もそれに該当する(やはりいい歳したおじさんが自分の行った海外旅行のことをシラフで淡々とブログにアップすることにはイササカ抵抗があったりもするのだ)

よって、誤字脱字等はご容赦願いたい!!

 これよりも直前のブログは現地から、酒御法度の国アラブで、ほろ酔いでアップするというハシタナイ行動に出てしまった 

 しかし、なぜ今回はドバイなのか? 

 それは......僕が休暇をとれるのはせいぜい一週間と限られており、ある程度興味のある国には旅行(仕事も含めて)してきたつもりである 

 そのなかで僕を惹きつけるエリアは..中東である 

 中東のとある国の大使とは縁あってブラザーになったのだが、その国に行くにはまだそれなりの覚悟が必要であり、 安全性、距離等を考慮した場合、ドバイ周辺が適当と判断されたからだ 

 

バージュ・カリファ(映画M.I.Pのロケで有名)

 

 ......というこどてはじめての中東だったが、初日のドバイでは世界最長の建築物である

 バージュ・カリファに行ってみた 

 

  早めに着いたので、人気の水族館へ.... 

 Imgp0280

 なぜかうちの奥さんはワニがいると興奮するらしい  

Imgp0295  

 その後は直前ブログのとおりにビールを飲みに行ったのだ 

 さて、夕方から予約したバージュ・カリファは凄い人気だった 

 Imgp0340

Imgp0327

Imgp0336

 なかなか大したものだが、東京スカイツリーの地元住民としては、「あんたには、まぁ高さでは負けたが、美しさでは負けてないぜ!」と日本語が理解できない各国の方々ヲ前にそっと呟いたのであった 

 Imgp0361

噴水ショーもやっていて、世界最長の120Mまで、高くあがるらしいが、本当に世界一好きだよなぁ.... 

怪しいタクシー

 ドバイの事前情報によると、ドバイの現地住民は1割程度らしく、それ以外は外国就労者であるため、道を知らないタクシー運転手も多いらしい 

 また、おつり銭をもっていないので、小銭はちゃんと用意しておけとのことであった 

 僕の泊まっているホテルはバージュ・カリファから10キロぐらい遠いので、近辺の駅までタクシーで行ってから、地下鉄で移動することにした 

 バージュ・カリファからの帰りが午後9時くらいになった 

 僕のホテルは中心地から離れているため、駅待ちのタクシーがいるかどうか不安だった(流しのタクシーは少ないらしい) 

 不安は的中して、地下鉄に乗って終着駅に着いたけど、暗くてタクシーなど来ない雰囲気であり、また地下鉄に乗って次の駅にいったら客待ちタクシーがいたので乗車した 

 ホテルまで10分弱で、15Dh(約450円)だったが、あいにく50dh札しかなかったので、20あげるからお釣りよこせと言ったのだが、間を置いてから渡した札の穴があいているので、他にないかと聞いてきた 

 当然なかったので、ないから30あんたに払うといってもダメだった 

 小さい穴があいていても使用できそうだが、使えないと言ってきた以上、ゴタゴタするのも面倒くさいので、お釣りは貰わずにホテルに入った 

 ホテルに入ってから、AMAZONプライムでやっていた観光地の詐欺を暴くシリーズを思い出した 

 場所は南米だったかもしれないが、タクシーで観光客が払った札を、運転手が瞬時に偽札と取り替えて、これは使えないと更に新しい札を要求するといった手口があった 

 ドバイは犯罪が極端に少ないらしいが、どうも怪しいなと疑ってしまったtakkunなのであった

 海外に行ったら、とにかく小銭は大量に持っていたほうがベターだと改めて実感したのである 

 

 

その他(副鼻腔用)

このブログには副鼻腔で悩んでいらっしゃる方々もご覧頂いているようなので、そのネタです 

 今年のGWにボルネオに行った時は、初日の飛行機の降下時に左耳が詰まってしまって翌日まで持ち越してしまったという苦い経験がありました

 ボルネオから帰国するときはもう二度とあんな耳閉巻は嫌だったので、空港の薬局で気圧対応の耳栓(1200円くらい)を購入して事なきを得ました 

 今回はボルネオで購入したのと、100均のセリアで購入した耳栓(気圧ok!)を持参しましたが、とりあえず使ってはみたけれど、裸耳(そんな言葉あるか!!)でも大丈夫そうでした

Dsc_01831

 今回の旅行で副鼻腔関係のトラブルはありませんでした(ただし奥さんがホテルで、ハナクリーンを落として破損した以外は!!) 

バージュ・カリファの秒速10メートルのエレベーターでは、スタッフから耳がつまりやすいから注意せよと言われましたが、大丈夫でした

 ただ、念のため、今後も飛行機にのるときは、耳栓は保険として持参します

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月30日 (土)

 今夜はボーナスもでたので、85歳の母を連れて人形町のアメリカンビストロに招待した 

 行きは地下鉄だったが、彼女は席にガンとして座ろうしないで立っていたのだった
 Dsc_01881_3
 店についてからも生ビールをガンガン飲まれていた 
 
 僕よりもおかわり一杯分速いペースであった  
 最終的には生ビール6杯で、かなり酔ってしまったご様子 
 
 
 彼女のバイタリティーとタフネスには、息子の僕でも驚くのだが、肉体面の強さだけではなく、精神、スピリチュアル的にもすごいのかもしれない
 
 そういえば数年前に、彼女の体を光が覆っていて、びっくりして起きて、怖くなって電気をつけたまま寝たということがあったなあ...
 
 いつまでも元気で、そのパワーを保って、みんなをもっと驚かしてほしいものだ 
 
 
............................................................................. 
 
  僕の幼児期には、ストロフルスという虫刺されのアレルギー疾患にかかって、母に連れられて病院によくいった記憶がある
 
  ストロフルスは大人になってからは治ったのだが、僕はどうやらアレルギー体質らしくて最近では加齢?とともに皮膚疾患にかかりやすいようだし、副鼻腔筋も苦労しているようだ
 
 
 約2ヶ月前には手指の爪の下部が赤く腫れてきたので、ひょうそだと思ったが、病院にいくのも面倒くさいのでネットで調べて色々な薬を購入した
 
  しかし、どうも治る気配がなく、ジクジクしてきた 
 
 意を決して昨日、皮膚科に行ったら、先生から「また変な薬塗ったでしょう!」と嫌味?を言われた
 ひょうそではなく、湿疹といことで、僕の肌はかなりデリケートらしい
 
 
 まぁ、確かにいろいろな薬を塗りすぎて、皮膚がおかしくなってしまったかもしれない
 
 もっと早く皮膚科の先生のところにいけばよかったぁ (-。-;) 
 
 とりあえず、指示通りにステロイド塗り薬とガーゼで保護しております
Dsc_01891
ちなみに親指の位置にあるのは、足の甲...........
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 7日 (月)

「たいこどんどん」

 劇団「こまつ座」の「たいこどんどん」を観劇した

 劇団社長の井上麻矢さんは故井上ひさし氏の三女であり、僕も仕事でお世話になっている方だ 
 
Thumb262xauto464
 今回は主演が落語会で超人気者の柳家喬太郎さんであり、コメディタッチの演劇だと思っていた
 実際に、確かに笑いの部分は多いのだが、物語の後半の悲惨さには、予想が外れて、なんともいえない哀しい気持ちになった 
 
 中身の濃い今回の芝居では、度重なる悲運に見舞われながらも、前向きで粋でいなせな江戸っ子の心意気を堪能しました
 
 役者の皆さんの演技も素晴らしかったが、何といっても柳家喬太郎さんは圧倒的な存在感をもっており、踊りの部分でもその身のこなしに見とれてしまった 
 
 映画ファンの僕としても、演者の生の息遣いが聞こえてくる演劇もいいものだと改めて思ったのであった 
 
 
 「ボルネオ島  番外編」
 
 僕は持病の副鼻腔炎に悩まれ続けており、飛行機に乗ると、着陸時に気圧の関係で眼に痛みが生じることがあってから、搭乗の度に点鼻薬をしてから、ガムを噛み続けることにしていた 
 
 昨年、手術をしてからは目の痛みも生じず、もう大丈夫といい気になっていだが、今回のボルネオ旅行では、耳の痛みと詰まった感じがずっと続いて焦ってしまった
 
 耳の詰まりは翌日には軽減したが、帰路で繰り返すと嫌だなぁと思い、ネットで調べてみたら何と僕と同様の悩みをお持ちの人々が多いことに驚くとともに、親近感が湧いた 
 
 そして、魔法のグッズとして、気圧調整耳栓というものがあって、それを装着すれば耳のトラブルは解決するというではないか!!
 
 しかし、日本ならばamazonで簡単に購入できるが、ボルネオではどこで買えるのか?
 
 帰国日に訪れたショッピングセンターにはダイソーがあり、日本と違って150円均一なのだが耳栓を売っていたので、とりあえず購入した
 
 しかし、それは騒音防止用であり、気圧調整はできない 
 
 結局コタキナバル空港に小さな薬局があったので、「イヤープラグあるか」と聞いたら、1000円ちょっとの航空用耳栓があったので、購入した
1
 さて、その効果は!?
 
 素晴らしい!!!  なぜ今まで購入しなかったんだろうと後悔するほどに、耳への負担はなかった!!
 
 副鼻腔炎で飛行機恐怖に陥っている貴殿には、ぜひともおすすめしたいイッピンである!
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月27日 (水)

サプライズの出会いで二日酔い

 
 今朝は二日酔いで目が覚めた 
 
 気分が悪くて、仕事を休みたかったが、11時から大事な会議があって休めない 
 お風呂に入ってもダメで、グターと横になっていたが、結局2時間遅れて仕事に出かけた 
 
 酒というものを思い出した途端に気もち悪くなるくらいの二日酔いだったのだが、ここまでになるのにはちゃんと理由があったのだ 
Illustrain06seijinshiki03
 
 昨夜は昇任が決まったG君のお祝いということで、I 課長と本所の「みず穂」へ行ってきた 
 
 スパークリングワインで乾杯して、ビール、焼酎と続き、そして白子ポン酢が出てきたので、それに合う純米酒を飲んだ 
 
 純米酒を何度もママに頼んで注いでもらっていたら、ママもどういうわけか酔っ払ってきて、面倒くさいからこれでやれ!! と一升瓶を我々のテーブルにドスンと置いた 
 
 ドンドンお酒がすすむ
 
 店のお座敷は我々の貸切状態だったが、だんだん混んできたので、ひと組の男性と女性がお座敷に入ってきた  
 
 「我々は酔っ払ってますから、こっちは気にしないでくださいね」とお二人に話しかけてから、しばらくすると男性が「takkun`s park書かれてますよね」とポツリとおっしゃった 
 
 初めてお会いした方から、この稚拙なブログの名前を言われたので、びっくり!!!
 
  お話を伺ったところ、鼻の手術のことをネットで調べていて、このブログを知ったとのことで、ブログで「みず穂」のことも紹介していたので、わざわざ中央区からおこしになったとのことである 
 この店を気に入ってくださり、夏以降、3回も利用なさっている 
 
 店のママが僕をTAKU TAKU  と呼んでいるのと、ブログのイラストと似ているので、作者だと思ったそうだ 
 
 ブログ記事を読んで下さっている未知の方と会うのは、初めての体験のために、なんか恥ずかしかった(*゚ー゚*)
 かなり酔っていたところに、サプライズの出会いがあり、盛り上がって、次々に日本酒を平らげてしまった  
Img_20171226_2108441_2
 
 大いに飲みすぎた
 
 その結果、生まれて初めて酔ってひっくり返るというブザマな姿をさらしてしまった(^^;) 
 、
 
 帰宅してからも、気もちが悪くなり、30年ぶりにトイレで吐くという事態にもなった 
 
 あ-こうして昨夜のことを書いていると、思い出して、なんかまたムカムカしてきた......(-。-;)    
 
 
 まぁ、二日酔いにはマイッタけど、大変楽しい夜を過ごせましたぁ(^_^)  
 
 1514379580729
 
 
 
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年11月15日 (水)

先週の中途半端なブログ以降、更新が途絶えたのにはワケがある

 
風邪をひいたのだ 
 
 京都から東京に帰る列車で、駅で買った純米吟醸酒をダラダラと飲んで良い気持ちになっていたのだが、酔いが醒めてきたらドワ〜ンと一気ににだるくなった   
 
 翌日は出勤したが、だるさとともに、からだの節々が痛くなってきた 
 夕方に熱を測ったら、37度4分
 
 周囲からもインフルの容疑がかけられたために、仕方なく内科医にいったところ、インフルではないらしくて、風邪薬を処方してもらった 
 その後も、熱はたいしたことないのだが、鼻水と喉の痛み、寝汗にいたぶられ続けた 
 
 1週間が経過したが、まだ黄色い鼻水、喉の痛みが少々残っておる 
 
 今夜も寝汗かくかもしれないが、夜は奥さんと回転寿司に行ってビールも飲んで、良い気分になって、帰宅してからも赤ワインを飲みながら、上機嫌でこうしてPCに向かっておる 
 
 
 本当に健康ってありがたいけど、何もないと当たり前になっちゃうんだよなぁ 
 もっとワインを追加したいけど、午後10時になるので、やめておきます
 
 ここ最近の出来事
 
 ※俳優の名高達郎さんにお会いした
 アウトレイジ観ましたといったら、お礼を言われた
 背が高くて渋くてカッコよかったなぁ 
 
Img_20171113_1858351_2
 
※国立能楽堂にて、琵琶楽の會に行ってきた
 琵琶を生で聴くのは初めてだったが、あのシンプルな楽器がスペクタル映画のようなダイナミックな旋律を奏でるので驚いた
 ゲストのデーモン閣下の「耳なし芳一」の語りが凄かった!! 耳を怨霊に引きちぎられた場面では、閣下が本物の悪霊に見えて鳥肌が立った
 
 
 ※風邪が長引いていると思っているのだが、数日前から鼻とか頭とか、肌が痒くなってきており、また空咳も出て、ひょっとしたら花粉症かもしれない
 
 
....結局、ワインをおかわりして、いい気持ちっす!!
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月27日 (水)

鼻水噴出!

 2週間ほど前のことである 

 歌舞伎のイベントがあり、入口から2階席まで階段を登っていた 
 
 会場案内の女子が大声を出しながら階段を登る客を誘導している 

 
 女子が僕と目が合って、「〇〇はこちらからです!!」など言っていた 
 
 僕がOKと軽く頷いた瞬間に事件は起こった! 
 
 突然、鼻の穴から黄色いスライム状の大量の液体が飛び出し、僕の右上腕の内側にこびり付いたではないか!! (半袖シャツで助かったぁ...)
Photo_4
 
 女子は驚き、言葉を失い、つかさず顔を違う方向に向け、何事もなかった、何もおぞましいものなど見ていない......と無意識に恐怖の現実から目を背けたのであった 
 
 

Photo

  焦った僕は、腕を隠しながら早足で階段を駆け上り、トイレに向かった 
 
 スライムはかなりの自己主張をしており、手間取ったが、水道の水で排水口に流した 
 
 春の鼻の手術で、空気の通りが良くなったのは喜ばしいが、風邪などひいて鼻水が激しいとはには、すぐに飛び出すので要注意である 
 
この歳になって恥ずかしいこととは、会議での失言であったり、部下からの信頼が得られないこと、物覚えが悪くなり名前が出てこないなどがあげられるが、まさか、人前で鼻水(しかも真っ黄色の!)が、突然鼻の穴から飛び出て、腕に絡みつくなどと、誰が想像できようか!!
 
 
※このようなお下劣な体験を書くのはどうかと思ったが、酔いに任せて書いてしまった
 
 奥さんに怒られそうだなぁ (-。-;) 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月12日 (火)

 今夜は久しぶりにみず穂に行ってビール、焼酎、泡盛古酒を飲んできました

 これから書く内容はまったくたいしたことではありません(毎度のことですが)
 
 
 今日は職場の健康診断がありました
 僕は昔からずーと血圧が高めになっていました
 まぁ、直前に採血されて興奮状態になっているからかもしれません
Ketsuatsu_sokutei
 いつもは、健診の度に血圧を低めにしようと、深呼吸をしたり、イメージトレーニングしたりと努力してきましたが、結果は高めが殆どでした
 
 今日は血圧担当のお化粧の濃いおばさんに呼ばれて、左手を差し出して、「いつもは高めに出ます」「美人の前だと特に高くなります」と言ったら、おばさんは「じゃあ今日は大丈夫ね」と返されました
 
 ここんとこ副鼻腔炎、歯痛等でボロボロになっているので、もうなるようになれ!と思って何の策もせずに開きなおって手を出したら、そこそこ正常値ラインになったのでした
 
 血圧は美人だと高めになると言ってしまったので、その後、僕と健診おばさんの間には微妙な空気が流れてしまったのでした(;д;)
.
 
 
夕方は歯医者さんに行きました
 
先週、石垣いくんじゃけん歯を何とかしてよと無理を言って診察して頂いたこともあり、受付スタッフから「石垣どうでした?」と聞かれ、ブログに書いた内容を簡単に伝えました 
 
  その後、数人の歯科助手たちから、次々と「石垣どうでしたか?」と尋ねられ、絶景と歯痛のコラボで一生の思い出に残る旅となったと話したのでした 
 お土産に安いパイナップルのお菓子を渡したら、みなさん大喜びしてくださり、こっちが恐縮しました
 
 最後に受付で、自慢げに石垣の川平湾の写真をみせたら、キャー綺麗!!と 驚いたので、ソウダロウ ソウダロウ とほくそ笑んだら、「ラバーの色に似ていますね!」とまさかの返しがきて慌ててしまった(lll゚Д゚)
 

 
 ※ラバーダムとに装着する、ゴムのコートのようなもので治療中に根管内に細菌が進入するのを防ぐ。takkunがラバーをかなり苦手なのは、歯科医院の職員間でも有名で、何かスプラッター映画の被害者になった気分になるからです。
Rubberdam_3
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月18日 (金)

大人と鼻水吸引器

 3月の手術以降、小康状態だったお鼻が先月からぐずつき始めて副鼻腔炎となってしまった

 抗生剤やステロイド類は、常在菌が滅亡したり、お酒がNGなためになるべく使いたくなかったが、どうすればいいのか?
お鼻にいいというなた豆や、青汁や乳酸菌などのサプリメントをとるようにはしているのだが、どうも決定打にはならない 
 そこで、期待を寄せるのが鼻水吸引器なのだ!!!
170317_sub_katei
吸引器はふつう、自分で鼻をかめない赤ちゃんやお子様向けのグッズなのだが、大人も仕様可という情報があり、それなりの金額だし、本当に大人でも可能なのかと迷っていた、
 
商品のコメントを読むと、その多くは子どものために購入しており、それをたまたま親が使ってみたらOKというのが殆どで、大人が自分の鼻のために購入したという例が見当たらなかった
 
 これは大いなる賭けになる..........
 たまたま、ファイアーワークフェスティバルから若干のお手当が入ったので、意を決してamazonで鼻水吸引器を購入することにした!!
 
 本日、ドキドキしながら、メルシーポット(名称からしておじさんの個人利用では恥ずかしい)の吸引を試してみた 
 
 結論から言うと、ズルズルと鼻水が吸引されることはなかったが、鼻の奥の鼻水を引っ張ってくれるようで、鼻水をかんだらそれなりの量が出てきた 
 
 耳鼻科の吸引とは比較できないが、まぁそれなりの効果は期待できそうである 
 
 くやしいのは、amazonではメルシーポットの期間セールをしており、それに気づかず通常価格で購入したので2000円くらい損したカタチとなってしまった 
 
  両親から耳鼻咽喉の弱点を遺伝として引き継いでしまったが、これも自業として、同じ悩みをもつ同胞たちのための実験台とならん!!!!!
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)