カテゴリー「音楽」の11件の記事

2014年10月19日 (日)

 70年代ポップスが世界を救う!?

今日は柔術稽古の後、奥さんとK本くんと本所稲垣で飲む。

 ホルンを練習しているK本くんが、アウシュビッツ時代のユダヤの音楽家たちの苦難を語ってくれた。音楽は極限状態の人間を如何に癒し、如何に追いつめるのか.....その話題は音楽のもつ可能性と魔性についてであった。
 音楽について色々な話題に花が咲いたが、僕が話したのは、昨日の超バカ映画「ガーディアンズ オブギャラクシー」のラストシーンであった。
 ネタバレ注意だが、悪の支配者が善良な星を滅ぼすために、超パワーの斧を地面に叩き付けようとした、一触即発のシーンでなんと、主人公が出てきて、旧世代ウォークマンを聴きながらおバカダンスを踊りだしたのだ。
 
 悪の支配者は、びっくりして振り落とすはずの斧を止めて、お前何やってんだモードになってしまった。とにかく、予想外の展開であった。それから、惑星を救うことになるのだが、偉大なスペースオぺラのクライマックスのようなシーンが70年代ポップスに翻弄されてしまった結果となった。
 僕の青春時代の70年代ポップスが惑星破壊を救ったようである。
 時代を変える起点となるのは、何もクラッシックばかりでなく、脳天気なポップスもありえるということを、このバカ映画は教えてくれた。どうだろう、ここ最近の音楽に世界を変容させるパワーはあるだろうか? ひょっとしてその鍵は70年代のおバカポップスにあるのではないか!!
 歌が社会に波及効果を及ぼす時代は過去となった。歌はパワーを失った。音楽は一部のファンを対象とした商業アイテムになってしまった。
 歌よ音楽よ、マスメディアからの呪縛を解き放て!!!本来もっているメッセージ性、パワーを取り戻せ!!!!
 そういえば、僕が死ぬ時、今生での思い出として大きく占めているのは、ポップスやロックといった軽音楽である。きっと天上の世界では体験出来ない、軽はずみでワクワクして、エネルギッシュになる音楽の世界を現世で十分味わってきた。そのことに悔いはない!。
 ひょっとしたら、軽音楽(軽音楽という表現自体、死語になっているが)が僕の人生に与えた影響は、もの凄いものかもしれない。
 たいしたメッセージ性もないバカ映画から、僕はとても大切なメッセージをもらっているような気がするのは、かなり飲んでいるからだろうか.......
いつもながら、かなり酔ってのブログですまない (-。-;)
 New
アライグマ、ばんざい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
.....とここまで書いて寝ようとパソコンの電源を切ったのだが、思うところあり再起動させた。
 僕は20代前半に、宗教に興味をもち、宗教イベントのプロジェクトチームに入って、リーダーとして毎日夜中まで活動していた時期があった。
 ある日、心身ともに疲れていて、プロジェクト活動の合間に深夜の喫茶店に入ったのだか、そこで流れてきたBGMに魂が釘づけになった。岩崎良美の「ごめんねダーリン」だ!!!
 内容は若い女の子の恋心を歌ったどうでもいい歌詞なのであるが、天才尾崎亜美の作品だけあって、なかなかな良いポップスだったのだ。
 
 宗教的な使命感や、善悪感、自己変革といった世界とは、まったく違う「ごめんねダーリン」が、僕の心に沁みいって、揺さぶられた。
 お、俺はこういう、おバカな女の子が、好きだ嫌いだといって喜んだり悩んだりしている世界が好きなのだ! 高尚さを目指す世界よりも、このどうしようもなく、おバカでどうしようもない世界が愛おしいのだと、珈琲を飲みながら悶絶したのだった。俺はオレの心と反する生き方をしているのではないか.....?


 それが、オレの限界であり、カルマならば仕方がない。


 理路整然としたシスマティックな世界を目指すために、俺たちは生きているんじゃない"!!
おバカな世界に生きて、そこで十分に喜怒哀楽を味わって、色々な体験をするために生まれてきたんじゃというのが、自分勝手だが、そういう悟りをえたような気がしたのだった。

 
現在の自分の原点はそこにあるような気がするのだ。


 おやすみなさい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年2月21日 (金)

仏壇審査員!

 なんと! 今日は僕が仏壇コンテストの審査員として、70ほどの御仏壇と対峙してきたのである。僕は仏教系大学出身ではあるが、仏壇の良し悪し、レベルなど皆目検討がつかないのだ。事前に審査説明があるというので期待したが、「仏壇は宇宙そのものです」という一言で終わってしまった.....。仕方なく、自分の親父が入るとしたらどうか、良いオーラが出ているかなどといった主観で順位付けをしたのであった。Photo

 その後、別の業界の定期総会と懇親会に出て、帰宅してこうしてPCに向かっているのたが、この 10日間ほど、ブログを更新していないので、備忘録的に印象に残っていることを記憶しておこう。

○音楽Dsc_0044

  ある業界団体の女性の会にお招きいただいた。第二部の新年パーティーでは、なんと歌手の園まりさんのステージがあった。今の若い人たちには馴染みがないだろうが、僕が小学生くらいのときはよくテレビに出ていらっしゃった往年のスターである。

 今年、70歳になるらしいが、なかなかそうは見えず、若々しくお美しかった。

Dsc_0047_2  その翌日の夜には、若い女性のアンサンブルの演奏会に御呼ばれして鑑賞してきた。クラシックから、ポップス、童謡ととても素晴らしい演奏であった。

 演奏会の終了後、彼女たちとスッポン料理を食べに行ったのだが、可憐な若い演奏家たちがスッポンの内臓刺身と生き血を飲むギャップにうろたえてしまった。また聴きにいきたいものである。

 

○富士山効果

 日曜の柔術稽古で、脱力して寝た状態の相手を片手で起こすという稽古のときに、背の高い男性の体験者が僕にお願いしますと言って近寄ってきた。まず、相手に寝てもらって筋力だけで起こそうとしても当然、無理である。次に力まず相手を頭を包み込むようにしてみた。通常はこれで相手は起き上がるのだが、なかなか動かない。どうしたものかと思っていたら、「富士山をイメージしているんです」とおっしゃる。その方は富士山の写真家とのことであった。次にマグマをイメージしますと言ってきたのたが、やはりマグマを相手にするのは厳しいものがあった。 Photo_2 僕も先輩として、ここはなんとかこの状況を打破せねばということで、普段と違うイメージでやってみたら、相手の身体はすんなりと上がっていった。僕も富士山をイメージしたのだ。僕の大好きな山中湖から観た壮大な富士山を。

 相手の方は、この稽古のときには先輩たちで一番屈強そうな人を指名しようということで、僕に白羽の矢を当てたとのことだった。この方はきっと、まったくの初心者というよりも何かをやっていらっしゃるのであろう。僕もさらに修練していかなければと改めて思ったのであった。

原宿ルセーヌ館

 仕事で代々木第一体育館で開催された展示会{ROOMS}に行った後、4年前に結婚式を挙げたルセーヌ館でうちの奥さんと合流した。ここはアンティークでお洒落なフレンチレストランで、小さなチャペルもある。お店の人は、僕の顔がうろ憶えのようだったので、アニマル浜口さんも参加したといったら、アアッ! といって、浜口さんの着席したテーブルをさして、「ここに座りましたよね」と明確に憶えていた。なかなか美味しい料理であったが、酔っ払ってしまい、下町の我が家まで帰るのがおっくうであった。Dsc_0049

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月 4日 (月)

美川憲一ショウ

Photo 美川憲一のステージを観た。

美川ファンでもないのたが、お仕事のつながりで観ることになったのだ。

 テレビでよく拝見する美川憲一は毒舌家であり、ユーモアがあって、なかなか魅力的な人物であると思っていたので、少々楽しみであった。

 会場に入ってみると、会場は満員である。殆どがご年配のご婦人であった。もう開演前の場内はとても騒がしかった。

 ショウが始まると、さすがに美川憲一の歌声は素晴らしい。低音と高音が混在したような独特のボイスには説得力がある。

 そして、面白いのはやはりトークだ。途中から舞台から降りて会場を一周したのだが、ご婦人方が握手して放さなかったり、話しかけたりするのを独特のユーモアでレスポンスする美川憲一は凄いと思った。多くのご婦人が握手しながら美川さんのパワーを頂くといっていた。これは歌謡ショー版の新興宗教ではないかと苦笑してしまったのだが。 

 最近は、あまりコンサートには行かなくなったが、行くのはロック系、ポップス系が殆どであり、今回のような歌謡ショーは珍しい。しかし、本当の歌唱力を持って、しかも徹底したパフォーマンスで観客を喜ばし、励ます美川憲一のサービス精神には感服したのであった。

 少し前に、テレビのカンブリア宮殿で美川特集があったそうたが、そこでは二人の母をもち波乱万丈な人生を生きた美川の姿があったそうだ。見逃したが、美川憲一の現在の歌声と生き方に彼の人生が投影されていたるのだと思った。どうやら美川ファンになってしまったのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月24日 (火)

ももクロの「モノノフ」....奥さんにあきれられる?!

 今夜は近所の居酒屋さんが、一年近くかけて新装オープンしたので、仕事帰りに寄ってきた。

 そして、なぜか帰宅してから、少々の興奮状態にあり、AKB48の「恋するフォーチュンクッキー」の動画を見ながら、自分も一緒にオニギリを握るようなダンスをしてしまった。

 もう、50を過ぎた齢でありながら、酔ったとはいいつつもAKBの振付を真似して、自宅で踊っている亭主の姿を目撃した奥さんは驚き、涙していた様子である。

 しかも、その後先日BSでやっていた「ももいろクローバーZ」を熱心にみている亭主をみて、更にその苦悩は深まっていった様子である。

 おじさんは、10日前にナマで観た「ももクロ」の特に「労働讃歌」に興味をもったのだが、大槻ケンヂ氏が作詞したという歌詞の内容をみて驚いた。Si09_3

 まず、最初のラップで驚いたΣ(゚д゚;

  (この素晴らしい歌詞を知らしめたいが、著作権侵害との注意喚起があり、省略した.......)

 そして、サビの部分がまた素晴らしい。

なんというアバンギャルドなアイドルグループなのか!!!!!(゚ロ゚屮)屮

 数万人のももクロ親衛隊「モノノフ」が、この働こう働こうの部分で大合唱となる。これは凄まじい光景である。働くことの本質を追求した歌が、この10代のアイドルたちから、説法のように繰り返されている。「モノフフ」たちの働こう働こうとカラダを屈伸させながら、大声で生命の躍動感を歌う姿は、三社祭や宗教行事に通ずる部分があるとおじさんは思った。

 カラダを使うことが、現代社会では健康管理のためのジョギングや、フイットネス、そして勝つためのスポーツ競技に特化されてきて、純粋にカラダを使って、魂を躍動させるような体験が少なくなってきたように感ずる。スタジアム内でモノノフたちは狂ったように踊り、歓喜し、声援を送り続ける。

 おじさんは、気が変になったといわれることを承知で、モノノフに参入したいようなキモチになったのだが、奥さんや、親戚、同僚部下たちからの冷たい視線とその後の関係性が気になって、泣く泣くPCに向かって気持ちを吐露したのであった。酔いが醒めてしまった。

 おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月16日 (月)

ももクロよ、ありがとう

 今日の午後は浅草で堺正章さんをリスペクトするアーテストたちによるイベントがあった。なかなか楽しくバラエティーに富んだイベントであったが、特に印象的だったのが、ももいろクローバーZである。彼女らはシークレットライヴだったが、ファンに洩れたらしくて、多くの親衛隊が集まっていた。

 おじさんは彼女たちをよく知らなかったのだが、彼女らの魅力が理解できた。AKBが歌謡曲ならば、ももクロはロックだと思った。そして、ライヴで一番興奮したのが、ももクロが舞台に立つ直前のファンたちの掛け声と踊りであった。

 それは、バリ島のケチャを超越し、既存の宗教儀式を数十倍にパワーアップしたようであり、まさに秘儀を垣間見たようなキモチになったのだ。親衛隊はかなり若い男性からおじさんまでの男たちと、一部の女性たちが、ライトを輝かしながら、放心状態に陥ったような儀式をしていた。このパワーはとてつもなく凄いと、即座に実感したのであった。

 今までおじさんはおたくファンたちを好ましくも不気味にも思っていたのだが、本日チェンジマインドです。あれはまさしく宗教儀式です! 祭りです! 何かを生み出しそうな勢いです! 

おたくファンたちよ!!  おじさんはいままで誤解していてすまなんだ!!!!!!!!m(_ _)m

 そして、おたくたちはパワフルだが、とてもやさしい。ちょっとどうか...というア-ティストの演奏に対しても罵倒することなく、受容し、盛り上げようと歓声と拍手を惜しみなくおくっておる。

  おたくフアンを馬鹿にするお前たちよ、よく聞け!!

   奴らの身体動作は単純すぎるが、奴らは踊ることによって、自分を奮い立たせ、空間を変化させることに気づいている。半沢直樹にでてくる、頭脳主体で一喜一憂し、策略を練っている連中よりも、奴らは人間本来のチカラを実感しているのかもしれないぜよ。

 .........おたくフアンの中に入って、一緒に過ごせて、おじさんは愉しかったです!!

 真後ろの席にいた知人が、僕に「随分と乗っていましたね!」と声をかけてくれた。    Dsc_0299  そしておじさんにとって、ももクロの評価が上がったのが、西遊記である。彼女らはこのライヴのために孫悟空、三蔵法師はじめ西遊記の衣装を身にまとっていた。後半にはあの名曲「ガンダーラ」を歌ってくれたのだ。

 おじさんにとって、ゴダイゴのヒットから30年以上の年月を経て、「ガンダーラ」をももクロが歌い踊り、若いフアンたちが一緒に声援するという夢のような出来事が現実となった。ありがとうももクロよ、フアンのみんなよ!!

  最後に、堺正章さんは本当に完成されたタレントであると思った。機転が利いたジョークや仕草は名人芸であり、堺さんと絡むことによってももクロの良さが引きだされていた。いつまでも、お元気で活躍していただきたいものである。

(その二)

 昨日の出来事である。

 柔術の稽古後の打ち上げでスピリチュアル治療家の方に占って頂いた。

 僕が選んだ最初のカードは「感謝」であったが、それから治療家の方は瞑目されながらカードを選び「分離」を、そしてまたまたカードを選ばれたのが「誠実」であった。

 それらのカードのメッセージを読んだ後、治療家の方は瞑目し、僕の肩に触れながら、ハイアーセルフからのメッセージを伝えてくれた。「人を気遣って、自分を装うのではなく、自分が笑いたければ笑って、相手に表現することが大切。自分が思った世界が現実となる。自分が世界の嫌な面をみていれば、その世界が現れる。世界の美しさを見るようにすれば、美しき世界が現れてくる。あなたがその力をつかっていくことが、少しでもこの世界を変えていくことになる....」正確ではないが、そのようなニュアンスのメッセージであった。

 エンジェルカードの真偽についてはよくわからないが、治療家の方のメッセージが僕の心に響いたのは事実である。勇気を与えられた気がしたのだった。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月30日 (水)

 うちの娘が、ふかわりょうのユニット(ROCKETMAN)のジャケットデザインしました。

 親の欲目かもしれませんが、なかなか良い出来だと思っています。よろしく!

D0015894_18431212

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 4日 (日)

種ともこ デビュー25周年記念ライブ

   種ともこさんの25周年記念ライブがあり、横須賀まで行った。種さんの音楽を聴くようになったのは20年ほど前になる。彼女のユニークな美声と曲作りに魅せられた。

 
 最近はなかなか聴く機会がなかったのだけど、たまたま新しいアルバムが出たことを知り、オフィシャルホームページをみると、新曲「スキ!」の動画があり、昔と変わらない種さんがイキイキと躍動して聴こえてきて嬉しくなった。
 

 12月4日に25周年記念ライブ開催とのインフォメーションがあり、翌日早速予約したのだった。
 今日行ったのは 横須賀 Younger Than Yesterdayという飲んだり食べたりしながらショーがみれる大人のライブ会場。案の定、比較的にそれなりの年齢層 が多かったが、若い人もいて、フレンドリーで落ち着いた雰囲気の会場だった。   

031
 曲構成は種さんのデビューから現在までの各アルバムからチョイスした歌を時系列で演奏する。ステージでは種さんの歌とピアノ、トランスバランスという女性三人のグループがコーラスとアコーディオンや小道具を使って演奏する。どちらかといえば僕はアコースティックだけの演奏よりもエレキバンド演奏が好みなのだが、種さんのボーカルとピアノの強烈なドライヴ感覚に圧倒された。それにトランスバランスが美しく 躍動感あるコーラスと、時々のユーモラスさで素晴らしいサポートをしてくれた。 

  一部、二部あわせて2時間半の時間は、まったく中だるみしないまま、種さんの魅力とその歴史と未来を十分に堪能できる濃厚な時間だった。これほど、卓越したテクニカルなヴォーカルであるのに、技量以上に人格?人間性を感じさせる歌手は珍しいように思える。 

 歌が商業ベースの資材となり、粉飾され、商品価値を高めるのが当たり前の時代に、自分を基軸にした歌づくりをしている彼女の姿勢は素晴らしい。しかも、商業価値はなくても自分なりの歌でいいという自己満足的なベースではなく、彼女の歌曲はかなりの高レヘルに達している。そう自分には思える。

 商業的に成功を納めているとはいえないかもしれないが、デビュ-当時からの曲を聴いても彼女のセンスは抜群であった。今日のステージで聴いた限りでは、古い曲でも新鮮で斬新であり、完成度の高さが感じられる。 

 正直いうと僕は種さんの猛烈なファンではなく、CDだって全部もっていないし、ライブも16年くらい前に渋谷で聴いただけだ。でも、そのときのライブで印象にのこっているのは、阪神淡路大震災後だったため、新しいアルバムに入れようとしていた曲を中止したのだが、その曲を特別に披露すると言って、そのタイトルがたしか「東京に地震がきたら」というのだったように思う。その曲がまた凄くいい曲で、鳥肌がたった憶えがある。 

 種ともこさんについて、こんなに語るのはライブでお酒を飲んで、帰宅してからもワインを飲んだせいだろうか? でも、それを差し引いても素晴らしいアーティストである。

 017
 今日のコンサートは、4時半からだったのと、多分、生まれて初めて横須賀訪問だったので、旅気分で軍艦クルーズに乗船しました。いろいろコメント書きたいけど、もう11時過ぎで、風邪気味のため、写真中心にします。

 

 005

 ←米エンタープライズ。010

 

日本の潜水艦↓

029
 

 

 ←軍艦カレ|

 

 この後、種ともこさんの歌というのは、どういう取り合わせ?

   おまけ 

001 

 ←うちのマンションから(賃貸)、トッタ今朝のスカイツリー

 

   これから風邪薬のんで寝ます(昨日行った耳鼻科の先生の話だと、熱出ないで咳だけの風邪がはやっているらしいです)

   おやすみさない(*゚▽゚)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月12日 (月)

TAKE YOUR PICK

51dygi6vll__sl500_aa300_初めて「TAKE YOUR PICK」を聴いた。

ラリー・カールトンと松本孝弘(B'z)、日米を代表するトップギタリストが夢の共演!!で、今年グラミー最優秀ポップ・インストゥルメンタル・アルバムを受賞したアルバムだ。

もともとB'zはそれほど好まず、よく聴いたのはアニメ『地獄先生ぬ〜べ〜』のエンディングの「ミエナイチカラ」ぐらいであった。

 しかし、グラミー賞がらみの競演映像を観て興味が沸いてきたために、今夜嫁と鮒忠でおつまみ類を頼み、うな丼とカツどん定食を平らげ、帰宅してマッコリ、ギネスを飲んで、準備が整い? いよいよPCにCDを挿入する。ダイヤトーンの外部スピーカーから流れるこの音楽は、なんともいえず懐かしく、ノリノリで、優しい。

 B'zというと、ぬ〜べ〜(;д;)というイメージだったが、改めて松本さんの才能に感服しました。

 (゚ー゚;明日、健康診断に行く予定でしたが、かなり食べ、飲んでしまったために、金曜日に延期します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 5日 (土)

南米映画の味わい

  今週も色々と忙しかったなぁ。仕事だけではなく、水曜日からみなちゃんがインフルエンザになってたりして、慌しかった。まあそういいつつ、今日は合気道のお稽古に行ったし、録画していたBS映画も週末に何本か観ることができた。

 Poster 「ウィスキー」

南米の小国ウルグアイの映画。ウルグアイでは映画誕生以来、60本の映画しか作られていない国であるらしい。この映画は2004年の東京国際映画祭でグランプリをとった。久しぶりに会う弟の手前、独身の縫製会社の経営者が、中年の女性従業員に擬似夫婦を頼むといった物語だ。たいした山場もないのだけど、淡々飄々としたストーリー展開に引き込まれてしまう。

 ウルグアイのことはよく知らないが、日本人から観てもその心情はわかるということで、よい国際勉強にもなった。

41fdxjnh35l__sl500_aa300_「セントラル・ステーション」

これはブラジル映画。主人公の仕事が代筆屋である。そういう職業があるというのが、ブラジルらしい。日本は有識字率が100%近いが、こんな国は世界には珍しく、かの西欧諸国でも識字率は予想外の低さだった記憶がある。 駅の売店で小物を万引きしただけで射殺されたり、子どもの臓器売買があったり、国民の信仰心が厚かったり、ブラジルらしい映画だ。

 主人公の代筆屋のおばちゃんに冒頭は嫌悪感を抱くが、子どもを救出し、親探しの旅に同行してからの展開は、へんな商業映画よりもスリリングかもしれない。

51tpxaqwa4l__sl500_aa300_「西の魔女が死んだ」

これはもう有名な児童文学の原作を2008年に実写化して、それなりの評判をとった日本映画。おばあちゃん役のサチ・パーカーが大変美しい日本語を話すので調べてみた。なんとシャーリー・マクレーンの娘で子ども時代に日本に住んでいたとのことで納得。

 最近よく聴いているのは、ケイティ・ペリー の「 ファイヤーワーク」。今年に入ってからビルボード1位にランクインされた名曲。MTVには入院中の子どもや、親の喧嘩に怯える子ども、肥満で塞ぐ女性、恐喝される青年などのシーンがあるが、ファイアー・ワークの歌とともに、自身の中の花火が弾け爆発していくのだけど、これがひとつひとつのドラマが想像できてよくできている。

Images

            http://www.youtube.com/watch?v=QGJuMBdaqIw

  

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月19日 (水)

Shouldn't have took more than you gave

 今日の新聞では青学のS先生の訃報がのっていた。色々とお仕事でお世話になっていた先生の突然の逝去に驚いた。先生のご冥福をお祈りする。

 またまたDAVE MASON師匠のことで恐縮だが、ここ数日浮かぶのは1970年のアルバムにあった名曲 Shouldn't have took more than you gave だ。 あなたが与えたものよりも、取ってはいけない。何という凄い曲名だろうか。まさに、この世の真理だ。

 みんな、自分、自分、自分と自分がお金や快楽を追い求める。それか資本主義だ。でも、自己所有欲は限りがなく、世界を混乱させる原因となる。

 自分が取得しようとしている分だけ、誰かに与えてきただろうかと内省できたら、きっと良い人生と友人たちに恵まれるんだろうなと想像してにやけている。

 今夜は、昇進がきまったO川君のお祝い会であった。夕方まではなんとなく身体の調子がイマイチで飲みたくなかったが、みんなと会ってのみ始めるととまらないとまらない。酒のせいもあるだろうけど、飲んで騒いで言いたいこと言っていると元気になるようだ。

   Shouldn't have took more than you gave  世に散在している自己啓発本よりも、ぐっと心に響いた歌詞であった。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧