カテゴリー「文化・芸術」の15件の記事

2016年7月28日 (木)

演歌業界

 今日は炎天下の中を、警察関係の方々と数時間歩いたため、かなり日焼けしてしまった

 
 そうして疲労困憊しつつも、夜は演歌歌手のみなさんのパーティーに出席した 
 演歌歌手十数名と作曲家、スタッフだけで約30名の宴会であり、業界外は僕とうちのスタッフのカマちゃんだけである
 
 僕が挨拶と乾杯をすることになったが、乾杯は演歌とは無縁の27歳のカマちゃんにさせてみた 
 
 最初は当然、カマちゃんは嫌がったが、歌手の皆様を待つ間に酔っ払ったので、やってみますということになった
 
 スピーチでカマちゃんが自分は青森出身ですと言った途端に、会場の雰囲気が変わった
 それは多分、演歌歌手の方々は地方出身者が多いからだろうと思った
 
 その後、演歌歌手の方々が一人一人壇上でスピーチしていたのだが、お酒を飲んだり、オードブル食べていたのは僕とカマちゃんだけでみなさんは真剣に聴いていらっしゃった
 
 特に演歌界の大御所のKさんの存在感はすごかったなあ 
 
 演歌業界というのはきちんと先輩後輩の序列があり、礼節を重んじる業界であると僕は察したのである 
 
 カマちゃんは一生の思い出になりましたと言いながら、オードブルのサンドウィッチ2パックをカバンに入れて帰っていったのであった
 
 軽いポップスが主流の音楽業界にあって、歌唱力、忍耐力、人間味が必要な演歌歌手の方々を尊敬した夜であった
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月22日 (火)

ビートたけしは愛の人

 今日はしたまちコメディ映画祭でビートたけしのリスペクトライブがあった。

 最後にサンボマスターの演奏でたけしが「浅草キッド」を歌った。
  M_tokyosportsentameentertainment4_2
 「浅草キッド」という曲は以前から知っていたが、成功者が貧乏時代を回想したノスタルジーっぽい歌だなぁという印象しかなかった。
 しかし、今日はたけしが歌った途端に僕の感情が高まってしまい、涙腺が緩み始めた。
 けっして上手いとはいえないたけしの歌唱だが、ライブでの素晴らしい歌唱力をもったプロのアーティストたちには太刀打ちできないほどの、情感と説得力があった。
 そして、所々のギャグが毒をはらみつつも、人間の弱さに共感したような愛あるブラックネタであり、こういった笑いをできるのは現在の日本ではビートたけししかいないような気がする。
 表彰式の後、会場全体で「浅草キッド」を歌ったが、会場が一体となり、皆こころを込めて合唱し、感動的なエンディングとなった。なぜ「浅草キッド」のようなたけしの個人的で地味な唄が、ここまで感動を呼んだのか。それはたけしの人柄と歩んできた歴史の重さがプロのアーティストを凌駕するほどのパワーをもっていたからかもしれない。
 Dsc_0389_2
 ※以前、ビートたけしさんの頭を叩いたこどかあると自慢げに言いましたが、今では尊いお方に申し訳ないことをしたと反省しております(^^;) 
 ※ライブ終了後、「浅草キッド」の影響で、嫁と浅草の居酒屋で酎ハイ数杯と煮込みを頂きました。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 2日 (日)

 歌舞伎座に行ってきた!

         今日は柔術稽古後に、急いで東銀座の歌舞伎座へと向かった。

Benkei_posterthumb300x42413963
  稽古で汗をかいたのでビールを飲みたかったが、午後4時半~8時50分という長い上演時間のため、最初からお酒を飲んだら、途中で寝てしまう危険性があったのでノンアルコールビールを歌舞伎座地下で買って、一気に飲んだ。
 
 第一幕の「御存鈴ヶ森」の後に30分の幕間があったので、がまんできなくなり、売店でスパークリングワインと生ビールを買ってきて、お弁当をつまみにして美味しかったぁ。 

 第二幕の「勧進帳」の後の幕間では、冷酒ワンカップと生ビールを購入し、第三幕の「義経千本桜」をほろ酔いで鑑賞していた。
 歌舞伎座でこれだけ飲んでいる人はあまりいないようである。いくつもの種類のお酒を飲み続けていたので、周囲の眼が気になったのだった(-。-;)。

 
 また、酒のはなしばかりになってしまってすまない。肝心の歌舞伎だが、市川染五郎が、父の九代目松本幸四郎の当たり役となった「勧進帳」の弁慶に初めて挑んだ。なかなか迫力のある弁慶で、染五郎もいい役者だなぁと思ったおじさんなのであった。
 
 歌舞伎は何をいっているのか、どういう場面設定なのかがわからないことが多いので、今日借りたイヤホンガイドは非常に良い仕事をしてくれた。外国人も多かったが、歌舞伎どうだったんだろうと気になった。


 ※最近は、午前5時台に目が覚めるようになってしまった。これは、おじさんとしては日頃の激務のストレスゆえ、不眠症になってしまったのかとあきらめていたのだが、先日の飲み会である大手出版社の方から、歳のせいではないかというご指摘をいただいた。
 歌舞伎から帰宅して、それを思い出してネットで調べたら、高齢者の睡眠の特徴は、夜中に目を覚ます中途覚醒の回数が多いこと、早朝に目を覚ます早朝覚醒の回数が多いことが挙げられるそうだ。
 ...ということは、私も高齢者の部類に入ってしまったということなのか!(;_;)
 お酒飲んで寝ると、夜中に目を覚ましやすいともいうし.....。
 まぁ、気にしていても仕方がないので、自然体でいきます。
 それにしても、今日の染五郎弁慶の日本酒ガブのみはうまそうだったなあ。 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 1日 (金)

こまどりのラーメン渡り鳥

 演歌のイベントに参加した。

 往年のスターたちが次々と歌うなか、トリはあの「こまどり姉妹」だった!
 おんとし76歳の双子デュエットは、年齢を感じさせない安定した歌声とかなり強いオーラを放っており、圧倒された。
Dsc_0137_2 なかでも、最後の曲「こまどりのラーメン渡り鳥 」は、今年3月に発売された新曲であり、なかなか素晴らしい曲で、ぼくはロックを感じた。
 ビジュアル的にも、音響的にも計算され、プロモーションし尽くされた現在のロックよりも、こまどりや、演歌歌手たちに、素朴で、地鳴りのような本来のロック魂を感じてしまったのだ。
 その後、打ち上げにも参加して、こまどり姉妹をヨイショするスピーチをしたのだが、彼女らは何事もなかったように淡々としており、1時間半の宴会時間をずっと立ち続けていた。
 やっと、僕も演歌がわかる男になることができたのかと、独りほくそ笑んでいる。
 
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年7月 7日 (月)

週末の出来事

 先月初めて受けたスピリチュアルカウンセリングでは休肝日なしはよくないと言われつつも、掟を破りこうして毎日飲んでいる。僕の将来についてはわりと良いことを言われたので、まぁそこそこ健康状態は安定しているものだろうと勝手に解釈しているのだが........。

 今日は、就業後に「すき家」でねぎ玉牛丼を食べてから、日本財団本部でのチャリティー講演会に参加した。その後、10時に帰宅し、つまみなしで、焼酎とジンの炭酸割りを飲んで、いい気持ちになってしまった。
 さて、日記? をつけておこうっと!
1_4
 先週末は、浅草ワハハ本舗娯楽座の旗揚げ公演に行ってきた。
江戸時代、庶民の味方と謳われた鼠小僧が義賊になるきっかけはサンタクロースとの出会いにあった?雪降る夜の、切なくもほのぼのとした物語。
 若手中心の劇団であり、彼ら彼女らの懸命なエネルギーが伝わってきた芝居である。まあ、ビールでも飲みながら、楽しむのが一番であろう。
 
 そして、上野公園で開催された、全国氷彫刻展。1404619575647
 表彰式で、プレゼンターを仰せつかったのだが、賞状に書いてある「氷彫刻(こおりちょうこく)」の部分では、昔よく飲んだ「氷彩(ひょうさい)」サワーがダブってしまい、「氷彩刻(ひょうさいこく)」と言いそうになって、どもってしまった!!(;д;)
 
Pic_01_3
 お酒のおかげで、人生が豊かに面白くなったのだけど、今回はお酒に振り回された出来事でした。
 .................................おわり
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月21日 (土)

浅草大好き!

 今日は浅草の劇場をハシゴした。

 Mainimg_2
 まず、昼前から久しぶりに浅草演芸ホールにでかけた。会場はほぼ満員であり、年齢層はやはりかなり高めてある。
 最近のお笑いのスピーディな漫才、コントになれてしまったせいか、「落語」という言語による想像力を描き立てる世界に少々戸惑いを感じてしまったオレって、文化的に退化をしているんじゃないだろうかと不安になる。
 
 2時間ほどしかいられなかったが、落語、コント、声色と多くの出し物が目白押しの演芸ホールはなかなか面白くて、今度はお酒を持参して、のんびりと楽しみたいものである
 4時からは浅草公会堂での太鼓芸能集団「鼓童」を観にいった。国内外で高い評価を得ている「鼓童」のステージは初体験であったが、凄いの一言。太鼓をバンバン叩いているだけではなく、坂東玉三郎が演出を手がけただけに、古典芸能と演劇的要素が統合されて新しいパフォーマンスとして仕上がっている。
  Topics_carousel_20140510oet_2
 特に、第一部最後の打楽器大乱れ打ちは圧巻だった。半端ではなく、魂のロックをしているぜと思ったオジサンなのであった。会場は超満員であり、第一部が終わって幕が下がった瞬間に、溜息と歓声が入り混じったようなざわめきが、会場全体に響いていたのが印象的だった。
 
 実は最近、オジサンは「鼓童」メンバーたちと会食する機会があったのだが、実に凛々しく礼儀正しい若者たちでびっくりしたのだった。
 その席では、まだ「鼓童」のパフォーマンスを観たことがなかったため、オジサンはお酒をガバカバ飲んでいい気になって言いたい放題だったのたが、今日のステージを観ていたら、会話の内容も態度も変わっていたはすである。
 しかし、その席で若者に感心されたことがあった。
 それは武道のトピックスである。
 若者たちに筋肉信仰では計り知れない世界があることを語り、不思議体験させる実験もしてみたのだが、さすがに日々鍛えているだけあって、反応は素晴らしかった。
 あの太鼓を長時間叩き続けるには腕肩の筋肉だけでは不可能であり、全身の筋肉を総動員しなけれならないはずである。また、筋肉運動だけではなくて、何か意識とというか、気の力が不可欠であろう。
 「鼓童」のステージは、伝統文化であり、宗教的であり、また究極のロックであった。それを創り上げている若者たちの存在が、オジサンにはとても嬉しく、頼もしく思えるのであった。
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月11日 (土)

中村天風 至誠の書

さて、炭粉先生から畑村会長に贈られた天風先生の書であるが、どうだ!凄いであろうと何人かの方にその書の写真をお見せしたところ、「何と書いてあるのか? どのような意味なのか?」 という問われて、答えに窮してしまった。

 そこに助け舟の情報が届いた!

 次のような読み、解釈ができるそうである。

 Photo

  「読み下し文」(日本語としての読み方)としては、

嗚呼(ああ)、人々至誠の二字を服膺(ふくよう)し、拳々として失う勿(なか)れ。
ただ身の修むべく、家の斎(ととの)うべきのみ。
その積徳の及ぶ所、光四海を被(おお)う。
また難(かた)きにあらざるなり。

‐意味‐
一行目は、至誠の二字を拳々服膺(心に抱き忘れずに守る)せよという事。
二行目以降はその説明で、中国の朱子学(儒教の一派)的意味では、至誠とは天理の誠に通じる事で、宇宙の生成から万物の存在根拠に通じる最高原理を悟るという極めて難しい高尚な意味になるが、それを「ただ我が身を修め、家をととのえる」という日常の道徳を積んでいくだけでいいのだと言い切っているところが、この句の妙。そしてその日用人倫の実践が、やがては四海を覆うまでになる。それは決して難しい事ではないのだ、と結ばれている。

 炭粉先生の解説によると.......

「拳々」とは、うやうやしく両手で物を捧げ持つという意味。
即ち、宇宙真理を知ろうとする事は難しい事ではなく、ただ至誠を忘れず身を常に正しく修め家を整えさえすれば良い。だから真理を得る事は決して難しい事ではないのだ、と説いている訳です。
中国の古典「四書」の中の「大学」と「中庸」のテーマですね。

....

(゚ー゚) 以上のような、壮大な宇宙真理と日々の生き方について説かれた内容だったんですね! 天風先生がその素晴らしいメッセージを自筆で書かれている貴重な書でありました。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年12月11日 (水)

プロフィールページのイラストを更新しました。 クリックすると拡大されます。Wiru_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月27日 (金)

福田美蘭展

「福田美蘭」  本日、東京都美術館「福田美蘭展」を訪れて、彼女の強烈なアバンギャルドさと、鎮魂者のような清楚さに圧倒された。芸術の底力を見させてもらいました。

M0deqg0000005lbf_2                    ポーズの途中に休憩するモデル(2000)

Fukuda_miran_04_3                     レンブラント―パ. レットを持った自画像(2002 年)

Art13082907470003p3_2                             噴火後の富士(平成17年)

  皇后さまも今月18日に美術館を訪れ、震災後の作品などに足を止められご覧になった御様子。

 Cimg3041_3                春-翌日の朝刊一面 2012年

Cimg3042_2                      夏―震災後のアサリ  2012

 僕が特に気に入ったのがこれ! 彼女の祖父である童画家の林義雄氏が100歳を超えて亡くなったが、この作品は、祖父の描いた生きものを涅槃図にしたもの。

Cimg3040                                   「涅槃図」:2010年

Cimg3045                 「眠れる森の美女•オーロラ姫」

 Cimg3049

  金曜の夜間公開だったため、ゆっくりと観ることができた。良い時間を過ごせて感謝感謝。

 一緒に行ったうちの奥さんに、「福田美蘭は僕と同じセンスの持ち主だ」と言ったら、呆れていたが、そうなのだ! 僕は10代の頃からに自分のセンスに強烈な優越感と劣等感を併せもっており、孤独感を感じていた。しかし、高校生のときにテレビ東京で放映していた「空飛ぶモンティパイソン」を観たときに、俺と似たセンスの連中がいたと大喜びしたものであった。 福田さんをモンティパイソンと一緒にしたら失礼かもしれないが、僕が彼女のような芸術的才能があったら、割りと同じような発想をしたと思うのは、誇大妄想なのだろうか...(;д;)

 福田さん、ごめんなさい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月15日 (日)

平成中村座

Nakamuraza_april_enmoku 

 今日は浅草隅田公園の平成中村座に歌舞伎を観にいってきた。小笠原騒動という演目で、御家を乗っ取ろうとする家臣の勧善懲悪の話たが、狐の恩返しや、亡霊出現、家族の自害、大立回りといった展開で約4時間(三回休憩有)があっという間にすぎていく。 

 こういう話を映画で観たら、ちょっと引いてしまうだろうなと思う。これは、歌舞伎でなければならないのだ。それも昔の歌舞伎小屋を意識した仮設の平成中村座だからこそ、舞台と客席の一体感が心地良い異次元空間へと誘ってくれた。 

 今日は歌舞伎を堪能できたので、これからお風呂に入ってから、ちょっと晩酌しようっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)