« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019年4月28日 (日)

お見舞いと関西

 急遽、僕の兄貴分である友人のお見舞いに、金曜日に兵庫県まで行ってきた。

 彼の存在ゆえに僕は合気柔術に触れることになった。

 

  Img_20190425_2150281    
 GW前日なので日帰りでのお見舞いも可能であったが、スっと行ってパッと帰ってくる行程ではなく、時間をかけて距離を味わい、且つ自分にある種の負荷をかけたい?と思い、初めて往復夜行バスの旅となった。 

 木曜日は仕事を終えてから、22時東京駅発の3列シートバスに乗車したが、殆ど熟睡できず、時差ボケ状態のまま三宮に7時到着した。 

 面会時間は午後のため、仕事で共通点のある世界遺産の「姫路城」に行ってみた。

Img_20190426_0954561

 
 
 素晴らしい観光エリアであったが、お城の頂上まで登る寸前にお腹ゴロゴロとなり、激しい便意を催して、周囲へのお構いなしにドタドタと降りて、城外のトイレに駆け込む。先客がいて焦ったが、すぐに状況を察してかすぐに出てきてくれた。

Img_20190426_0942531 (この頂上寸前に胃腸からの緊急信号が発信された)
 直後に東京から小池都知事関係の着信があり、個室の便座に座ったまま通話し続ける羽目に!!(-。-;) 


 
 その後、昼に明石駅で氣空術の畑村会長と合流してから、美味しい天ぷらをご馳走になり、ご自宅にお招き頂いてから、生豆を煎っての自家製珈琲をふるまって下さった。 
 

 
   そして緊急入院した兄貴分と対面した   
 

 
 それから、大阪まで移動し、サムハラ神社に参拝してから、なんばに行ってみた。

 最近、ビートたけしさんとお会いした時に、関西勢の漫才の勢いのはなしになって、ぜひ吉本興業の本丸に行きたいと思っていたので、今回はよい機会となった。


 歩きまわってカラダが汗ばんでいたので、銭湯、サウナを探したがみつからず、生まれて初めてネットカフェに入ってみた。
 受付に「シャワー使いたいんけど」と言ったら、ホームレスと勘違いされたような気がした。店を出るときにシャワー使用料100円を前払いしてたので、そのまま受付を通り過ぎたら、店員に「休憩料300円!です」と呼び止められた。あぶない人物と思われたなぁ.....

 Img_20190426_1658171 (ここが記念すべきシャワー室) 


 それから、男独り、たこ焼きアテにビールと焼酎で呑んでから、よしもとグランド花月で缶チューハイ片手によしもと漫才を観た。 
  
  

 僕の職場の近くにある歯科の女の子に「大阪行ったら梅田のミックスジュースを飲んでください!!」と言われていたので、店を探し当てた。150円!安い!!

Img_20190426_2052261

 さらに23時のバスまで時間があったので、大阪駅カフェでワインとジンを飲んで時間つぶしをした。 

 
 帰りのバスは行きとは違って、準個室でタブレット端末も完備でぐっすりと熟睡もできた。 

   
 兄貴分はなかなか難しい状況だが、僕もいのちがある限り、人生の時間を存分に燃焼させていきますよと夜行バスのなかで誓ったのだった。

 

| | コメント (0)

2019年4月18日 (木)

なぜ楽しいと悪酔いしないのか?

 最近は、酔っ払ってブログを書く機会が減ってきた。

 先月、中耳炎のため四日ほど禁酒したら、酒に興味がなくなってきて「あんなものをよく呑んでいたな」と自嘲気味になっていたが、飲み会が続くとやはり飲酒が慣習化してしまい、いい心持ちになるのだった。

 今日は、歓送迎会があって、いろいろと若いモン相手に盛り上がり、お酒がすすんだが、まだまだいけそうなので、帰宅してからもチューハイを呑んでPCに向かっている。

 昔から、なぜ愉しい飲み会だと大量飲酒しても二日酔いにならず、独り呑みだと酒が残るのか不思議であったが、多分、愉しいとカラダのアルコール処理能力が飛躍的に向上するのではないかと思っていた。 

 最近は、昔ハマッて最後はナンダコレ!?と馬鹿にしていたスピリチュアルの世界を見直す機会があった 

 その中で昨日、僕の目にとまったのが、「引き寄せの法則」で大ブレイクしたエイブラハムの酒に対するメッセージである。

 

エイブラハムのセミナーにて:

質問者:酒(アルコール)とタバコは

どのぐらい人間の体に害を与えるのでしょうか。

 

エイブラハム:あなたの肉体には

順応する能力がある。

だから1から100までのスケールで

100が大変害があり

1がほとんど害がない状態とすると

酒(アルコール)とタバコというものは

どちらもだいたい5ぐらいだと言える。

そして非難したり責める心というのは

約99だと言える。

言い換えれば、あなたの行為は重要ではない。

重要なのはあなたがそれらを

どのような波動の状態で行うかということである。

    © 引き寄せの法則 エイブラハム|香港在住 2019より

 

 つまり、物理的な影響よりも、精神的、意識的な影響の方が、身体に与えるパワーが大きいということであり、確かに愉しい飲み会だと毒(アルコール)による影響を抑えるということなのであろう。信じるか信じないかはあなた次第です。

 

 そういえば昔、このブログに「引き寄せの法則」のことを書いたよなぁと、さきほど久々に10年前のブログを見て驚いた!

 なかなか良いことを紹介しているではないか!! それがこれ!!

 

51hea5cs0l_sx344_bo1204203200_

 

北京五輪女子ソフトボールのメンタル指導者が伝える「10人の法則」

「10人の法則」西田文朗

 

あなたが感謝すべき人、10人の名前をあげなさい。そして一年以内に、10人全員にあなたの「感謝」を伝えなさい。

 

世の中をナメると必ず復讐される。他人を疎んじていると必ず他人に疎んじられ、健康を無視していると、必ず健康にも無視される。逆に他人を大切にする人は、人間関係に恵まれ、お金を大切にする人は、お金に恵まれる。これを「返報性の法則」という。

もし本気で自分を変えたければ、人生の師をみつけること。どんな自己変革プログラムよりもはるかに強力。今日ほど日本人が”師”を見失っている時代はない。「自分のやりたいことがわからない」「ほんとうの自分を探したい」などというのは、師をみつける気概も勇気もない人間のセリフ。その気になれば、師はあなたの周りに必ずいる。見当たらなければ会いにいけばいい。師を持つこと、これは最高の能力開発プログラム。

大のつく成功者に孤独な人はまずいない。逆に腹心の友が必ずそばにいる。孤独なのはむしろ会社や上司の悪口で意気投合し、ぐちをこぼしあうこと。悪口、グチ、不平不満はマイナス感情に支配された脳が垂れ流す有害物質で、再び耳から脳に入り、ますます脳をマイナス感情で洗脳していく。マイナス感情で支配されながらグチっているレベルの低いサラリーマンには、間違いなく友がいないし、仲良く見えても信頼関係は育たない、

喜びは肯定的な脳の動力源。努力する喜びは、他人を喜ばせようとしたときの方が大きくなる。一人より二人、三人より四人の喜びを目標とした方が確実に大きくなる。敢えていうが、志の高さとは、あなたの努力によって幸せになる人の数で決まる。だから大成功者ほど「社会のため」「世界のため」という、とんでもない理念を掲げている。本気で信じているから、とてつもないパワーを発揮できる。運という錯覚は、こういう脳に宿る。

やりがいとは、仕事の内容や種類だけではなく、誰のために仕事するか、誰と一緒に仕事するかというソフト面が大きい。仕事自体はつまらなくても、リーダーや仲間に魅力があれば、そこにやりがいが生まれる。

スポーツの世界では素直でなければ絶対に成功できない。素直でない人間が成功できないのは、自分のやり方や考え方に固執し、それ以外のものを受け入れないから。

大企業のトップが語った「才能や能力の差が、仕事の結果となってあらわれる差を1とすれば、心の持ち方の違いによる差は5にも10にもなる。」

世界でいちばん簡単な成功法は、人を喜ばせることである。

 

 

 

  

| | コメント (0)

2019年4月 2日 (火)

新車

 先週買った新しい自転車....

 

 ブルーなカラーはいいのだが、なにか物足りない....

 

 結局、考えたあげく、書家の山本光輝先生が描かれた植芝盛平翁を勝手にシールにプリントして、自転車に貼ってしまった

 

Dsc_00121

 

山本先生、お許しくださ い!!!!!!!m m(_ _;)m

 

Dsc_00131 

| | コメント (0)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »