« はるかな旅へ 他 | トップページ | お正月 »

2018年12月22日 (土)

ボヘミアンラブソティ

Photo
 奥さんの強いすすめがあって、結局「ボヘミアンラブソティ」を観に行った
 
 リニューアルした錦糸町の東宝シネマズに初めて行ったが、ポップコーンを買う列に並んでいたら、なんと大学時代の友人Yが御夫婦で一緒に並んでいたではないか!!
 
 初めて会うYの奥様にご挨拶し、この神様の不思議な計らいにビックリしつつ、映画に突入していった 
 
 とにかく世間では凄く評判の映画だけあって、場内は老若男女でほぼ満席 
 
 映画の出来はまぁまぁであったが、最後のバンドエイドのシーンは、よくぞそこまで再現したというぐらいに素晴らしかった
 
 最初の「ボヘミアンラブソティ」では鳥肌が立ちそうだった 
 
 天才フレディの生涯はとてつもなく、我々に究極の切なさを訴えてくる 
 
 彼の人生が成功だったか、幸せだったか、悲劇であったかはわからない 
 
 しかし、僕が思ったのは、立川談志の「落語とは、人間の業の肯定」という言葉だった 
 
 彼が天使なのか悪魔なのかはわからない 
 
 でも、彼はめいっぱい人生を生きた 善も悪も含めて、ロックに託した 
 
 彼の業の深さは、僕たち弱い人間たちの共感を呼び、何かを呼びかけている
 
 そんな気がしてならない........  
 
 
※昨日、職場の近所の歯科医院に定期検診に行ったら、歯科医(40歳位)から「カレンダー...」と言われて、なんだかわからなかったのだが、 そういえば...と思い出した    
 
 今年の夏に歯科医院に行った特に、僕がミリタリー系の人間という話になって、歯科医のお姉さんが自衛隊員なので今度、自衛隊カレンダーを差し上げますという話になっていた!!   

まさか本当に用意して下さっていたとは!!!      

 自衛隊カレンダー3本(内1本卓上)、迷彩ネックウォマー、自衛隊トートバッグ、自衛隊クリアファイル2枚、季節はずれの自衛隊うちわなどを頂き、この予想外の展開を見ていて驚いた若い歯科助手が、紙袋を探して用意してくれた!

 歯医者の診療台に座りながら、自衛隊グッズに囲まれた貴重な体験ッス!(^^) 

|

« はるかな旅へ 他 | トップページ | お正月 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボヘミアンラブソティ:

« はるかな旅へ 他 | トップページ | お正月 »