« ボルネオ観光 マティーニ編 | トップページ | 母の日 »

2018年5月 7日 (月)

「たいこどんどん」

 劇団「こまつ座」の「たいこどんどん」を観劇した

 劇団社長の井上麻矢さんは故井上ひさし氏の三女であり、僕も仕事でお世話になっている方だ 
 
Thumb262xauto464
 今回は主演が落語会で超人気者の柳家喬太郎さんであり、コメディタッチの演劇だと思っていた
 実際に、確かに笑いの部分は多いのだが、物語の後半の悲惨さには、予想が外れて、なんともいえない哀しい気持ちになった 
 
 中身の濃い今回の芝居では、度重なる悲運に見舞われながらも、前向きで粋でいなせな江戸っ子の心意気を堪能しました
 
 役者の皆さんの演技も素晴らしかったが、何といっても柳家喬太郎さんは圧倒的な存在感をもっており、踊りの部分でもその身のこなしに見とれてしまった 
 
 映画ファンの僕としても、演者の生の息遣いが聞こえてくる演劇もいいものだと改めて思ったのであった 
 
 
 「ボルネオ島  番外編」
 
 僕は持病の副鼻腔炎に悩まれ続けており、飛行機に乗ると、着陸時に気圧の関係で眼に痛みが生じることがあってから、搭乗の度に点鼻薬をしてから、ガムを噛み続けることにしていた 
 
 昨年、手術をしてからは目の痛みも生じず、もう大丈夫といい気になっていだが、今回のボルネオ旅行では、耳の痛みと詰まった感じがずっと続いて焦ってしまった
 
 耳の詰まりは翌日には軽減したが、帰路で繰り返すと嫌だなぁと思い、ネットで調べてみたら何と僕と同様の悩みをお持ちの人々が多いことに驚くとともに、親近感が湧いた 
 
 そして、魔法のグッズとして、気圧調整耳栓というものがあって、それを装着すれば耳のトラブルは解決するというではないか!!
 
 しかし、日本ならばamazonで簡単に購入できるが、ボルネオではどこで買えるのか?
 
 帰国日に訪れたショッピングセンターにはダイソーがあり、日本と違って150円均一なのだが耳栓を売っていたので、とりあえず購入した
 
 しかし、それは騒音防止用であり、気圧調整はできない 
 
 結局コタキナバル空港に小さな薬局があったので、「イヤープラグあるか」と聞いたら、1000円ちょっとの航空用耳栓があったので、購入した
1
 さて、その効果は!?
 
 素晴らしい!!!  なぜ今まで購入しなかったんだろうと後悔するほどに、耳への負担はなかった!!
 
 副鼻腔炎で飛行機恐怖に陥っている貴殿には、ぜひともおすすめしたいイッピンである!
 
 

|

« ボルネオ観光 マティーニ編 | トップページ | 母の日 »

副鼻腔炎」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531400/66695387

この記事へのトラックバック一覧です: 「たいこどんどん」:

« ボルネオ観光 マティーニ編 | トップページ | 母の日 »