« ボルネオ観光 | トップページ | 「たいこどんどん」 »

2018年5月 6日 (日)

ボルネオ観光 マティーニ編

 ボルネオのコタキナバルではパシフィックステラホテルという広くて立派なホテルに宿泊することができた
 
 3泊5日の旅ではあったが、毎晩ホテルのBARで酔っぱらっていた 
 
 1.2泊目はホテル内のBARでビールやら、カクテルやら、ワインやらを注文したのだが、メニューには書かれていないマティーニ気取って注文してみた
 
 注文して長い時間が経ってから、やっとやってきたグラスを見て驚いた!
 
 当然、マティーニグラスでくると思ったら、よくある長っ細いグラスで、底辺に飲み残したような透明な液体が入っているだけではないか!!
Photo_5
マティーニといったらこうでしょう!!
Photo_7
 
 しかも、その飲み残しのような液体は生温かった!!
 
 これほどまでに、カクテルの王者を侮辱するとは、なんというBARであろうか!!(`Д´)
 
 その翌日はホテル敷地内の海辺のBARに行ったので、再び実験的にマティーニを注文してみた 
 やはりかなりの時間がかかっているので、作り方をネット検索しているのではないかと不安になった 
 
 しばらくしてから持ってきたのは、ちゃんとしたグラスであり、しかも冷えていた(当然だが) 
Dsc_01421
 
まぁ味はともかく、前夜の醜態を考慮すれば、よく頑張ったと褒めてあげよう
(しかし、アルコールで満ちた僕の身体はたくさんの蚊の餌食となり、10箇所以上の被害を受け腫れてしまい、帰国した今日早速ステロイド系の塗り薬を購入する羽目となった)
 
 最終日の昨夜はクアラルンプール空港のBARレストランにて、意地になってマティーニを注文してみた 
 若い兄ちゃんが一生懸命にシェーカーに氷入れて冷やして、振っている姿が見えて期待度大であった
 
 運ばれてきたのはこんな感じ 
Dsc_01481_2
グラス右上に映っているのはムスリムのご婦人たちであり、アルコール御法度の方々を前に高アルコールのカクテルを飲んでいるのも不思議な感じがした 
 
 マティーニはジン、ベルモット、(オリーブ)というシンプルなカクテルではあるが、作り手によって味か大きく変化する 
 
  僕にはやはり日本で、それなりに修行したバーテンダーさんのつくるのが一番だと実感したのであった 
 
 今日は数日間の反動で日本酒が飲みたくなって、近所の居酒屋に行った
 
Dsc_01521
やっぱり日本っていいようなあと、毎度ながら海外に出てつくづく思うのである
 

|

« ボルネオ観光 | トップページ | 「たいこどんどん」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531400/66692197

この記事へのトラックバック一覧です: ボルネオ観光 マティーニ編:

« ボルネオ観光 | トップページ | 「たいこどんどん」 »