« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

2017年12月31日 (日)

スターウォーズ 最後のジェダイ

 大晦日の今日は「スターウォーズ 最後のジェダイ」を錦糸町で観てきた 

 
20171218211319_2  
 2時間35分のこの大作を観ながら、SWシリーズはこれから何作続いていくのだろうか 
 
  僕が生きているうちに完結するのだろうか 
 
 .....という想いが何度かよぎった 
 
 以前にも書いたような気がするが、SWは僕が17歳のときに第一作が公開されて以来、間が空いた期間もあったが、次々と続編が製作され、僕の人生における重要なパートナーのような存在になっている 
 
 例えていうならば、親戚の三回忌、七回忌といった法事シリーズに出かけるように、公開される度に映画館に赴くのである 
 僕があの世に還ってからもSWシリーズが続くならば、あの世の立場から鑑賞したいと思うのだった 
 
Onsen_01s_r18_c34
 
 昨日は高校時代の悪友たちと、下町の日帰り温泉で忘年会を行った 
 
 みんな、身体現象としては劣化しているのだが、心理現象としては未発達のままであるようだ 
 
 大いに盛り上がることもなく、病気の話とか、収入のこと、下半身ネタ等が続いた 
 そのダラダラした飲み会で驚いたのが、トラック運転手をしている悪友から、子どもが学校から100点もらったというテストを見たら、そこに僕のことが載っていてびっくりした!!ということだった 
 
 もちろん、悪人としての扱いではないと思うが、確かに社会科の副読本に僕の顔写真と文章が掲載されているそうなので、その流れなのかなぁと思ったが、そんなのをテストにするのだろうか.
 
 ただ、普通ならば、それを聞いた酔っ払いたちが「それは凄い!」!とか、「偉い!!」とか、言いそうなものだが、そうではなくて「このハゲッ-! は誰でしょう?」とかいうテストじゃないかと冷淡な反応なのであった(-。-;)   
 
相変わらずの連中である!!
 
Photo
 
 そんなわけで、今年一年ありがとうございました m(_ _)m
 
 来年もこんな男ですが、見捨てずによろしくお願いいたします
 
 
1514712276364_2
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年12月27日 (水)

サプライズの出会いで二日酔い

 
 今朝は二日酔いで目が覚めた 
 
 気分が悪くて、仕事を休みたかったが、11時から大事な会議があって休めない 
 お風呂に入ってもダメで、グターと横になっていたが、結局2時間遅れて仕事に出かけた 
 
 酒というものを思い出した途端に気もち悪くなるくらいの二日酔いだったのだが、ここまでになるのにはちゃんと理由があったのだ 
Illustrain06seijinshiki03
 
 昨夜は昇任が決まったG君のお祝いということで、I 課長と本所の「みず穂」へ行ってきた 
 
 スパークリングワインで乾杯して、ビール、焼酎と続き、そして白子ポン酢が出てきたので、それに合う純米酒を飲んだ 
 
 純米酒を何度もママに頼んで注いでもらっていたら、ママもどういうわけか酔っ払ってきて、面倒くさいからこれでやれ!! と一升瓶を我々のテーブルにドスンと置いた 
 
 ドンドンお酒がすすむ
 
 店のお座敷は我々の貸切状態だったが、だんだん混んできたので、ひと組の男性と女性がお座敷に入ってきた  
 
 「我々は酔っ払ってますから、こっちは気にしないでくださいね」とお二人に話しかけてから、しばらくすると男性が「takkun`s park書かれてますよね」とポツリとおっしゃった 
 
 初めてお会いした方から、この稚拙なブログの名前を言われたので、びっくり!!!
 
  お話を伺ったところ、鼻の手術のことをネットで調べていて、このブログを知ったとのことで、ブログで「みず穂」のことも紹介していたので、わざわざ中央区からおこしになったとのことである 
 この店を気に入ってくださり、夏以降、3回も利用なさっている 
 
 店のママが僕をTAKU TAKU  と呼んでいるのと、ブログのイラストと似ているので、作者だと思ったそうだ 
 
 ブログ記事を読んで下さっている未知の方と会うのは、初めての体験のために、なんか恥ずかしかった(*゚ー゚*)
 かなり酔っていたところに、サプライズの出会いがあり、盛り上がって、次々に日本酒を平らげてしまった  
Img_20171226_2108441_2
 
 大いに飲みすぎた
 
 その結果、生まれて初めて酔ってひっくり返るというブザマな姿をさらしてしまった(^^;) 
 、
 
 帰宅してからも、気もちが悪くなり、30年ぶりにトイレで吐くという事態にもなった 
 
 あ-こうして昨夜のことを書いていると、思い出して、なんかまたムカムカしてきた......(-。-;)    
 
 
 まぁ、二日酔いにはマイッタけど、大変楽しい夜を過ごせましたぁ(^_^)  
 
 1514379580729
 
 
 
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年12月20日 (水)

 お仕事でフランス大使館に行ってきたけど、色々あって緊張しましたぁ..(;д;)........

05207_2

 
 今週の月曜からお仕事関係の飲み会が続いており、今日で3連ちゃんになる 
 
 明日も忘年会があるので、今日は自制するつもりが、やはりワインやジン、スパークリングを次々に飲んでしまった 
 
 帰宅してからも、飲み直そうとしたけど、カラダのために思い直して、ほうじ茶とバームクーヘンでPCなう
1513775035979

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月15日 (金)

床屋さんからのご注意

 昨日、馴染みの床屋さんで髪を切った

 髪を切ったといっても、僕はいつも2mmの刈り上げであり、3mmを超えたら床屋にいくことにしているのだが、殆どの人には3mmで髪が伸びたという感覚は理解不能であろう 
 
 しかし、僕は3mmになると毛が逆立つようになり、「あーまた随分と伸びやがったなぁ」と気になる 
 
 僕が床屋にいって帰宅しても、うちの奥さんは僕が髪を切ったことに気づかないのだから、なんとも哀しい理髪人生をtakkunはおくっているのだった 
 
 床屋さんで僕がブログをやっているといったら、理髪師さんが驚いた 
 僕が酔っ払いながら書く事が多いといったら、更に驚いて「大丈夫ですか!! 酔って変なこと書くと逮捕されますよ!!」と熱く注意してくださった 
 
 確かに、酔いながら備忘録的に日記を書いているといっても、ブログでは不特定多数の方々に発信することになり、言葉使いには注意が必要であろう 
 
 また、「特定の誰かとわかるような、表現していませんか!!」とも注意された 
 
 僕と関わっている人たちには、このブログのことを話さないし(一部の友人は知っている)、ブログに登場する方々にも配慮しているつもりであるのだが、確かに酔っていて大丈夫なのかというご心配も理解できる 
 
 まぁ、僕としては酔いつつも、社会常識を忘れることはない!! と胸を張っていいたいところだが.......そこは酔っていてもシャキッとしながら、ブログに向き合っていこうと、床屋さんの会計を済ませながら、改めて自分に言い聞かせたのでありました!! (*゚ー゚*) 
 
 
※これは本物の上野動物園の「シャンシャン(香香)」ではありませんよ!! 香香の等身大(身長・体重)のぬいぐるみです。バンダって、可愛さを白黒のコントラストで誤魔化しいるけど、実際は不細工なのではないかという疑問がずっとあったのですが、 最近の香香の仕草をテレビで見ていると本当に可愛なぁと思ってしまいましたねぇ(^-^;
 Img_20171207_1742171   
 
 
※ファッション業界でのカリスマとも呼ばれるUAのK氏にお会いしました。ファッションに対する真摯さと、奥深い世界を学びました。中年になってからはファションについては、興味が殆どなくなっていたtakkunですが、K氏に刺激を受け、遅ればせながら「ちょいワルtakkun」としてカッコよくいきたいと決意いたしました!!
22
 
6年前から冬場になると、ずっと着続けたRED SOX のフリース。5年前に亡くなった親父は、くも膜下で前頭葉を切除し、重度の痴呆寝たきりになると東大病院で診断されたにも関わらず、奇跡的にそれなりに暮らせるようになっていました(どうだ!!東大!!)。
 親父が僕の赤いフリースを初めてみた時に、指差しして「そっ、それは...レッド....ソックスぅ....」と呟いたのです。 それ以来 RED SOXは僕の冬の定番となっている。 
Img_0145
でも、僕がこのフリースしか持っていないと思い始めた方々も多いようなので、この冬はもうちょっと工夫してみようかしら(^-^;
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月10日 (日)

飲み会の奇跡

 寒くなってまいりました

 
 鼻風邪の方は良くなってきているのたが、夜中にかなり寝汗をかいて、夜中に着替えることも多い 
 
  しかし、寝汗が続き、身体の疲労度が増しているかというとそうでもない
 
 寝入ってから3、4時間で寝汗で起きてしまうのだが、短時間でも随分と深い眠りについた感があり、また朝起きるとスッキリした感じで体温は低めである 
 昔から、冬に入る時期は寝汗を大量にかく傾向にあったが、ここんとこは顕著であり、やはり加齢のせいなのであろうか.....(^^;) 
Bed_boy_sleep_2
 
 さて、最近は、懇親会やらお祝い会やら、忘年会やらと飲み会が続いているが、数日前にかなり印象に残った飲み会があった 
 
 ある全国規模の金融機関の方々との懇親会である 
 
 僕の前の席は、都内トップの支店長であり、お隣は副支店長、融資課長といった面々で、最初はどうもお堅い方々だろうから盛り上がらないかもなぁ..何話そうかなぁ..来年の景気動向とか、アベノミクスの行方とか、ベンチャー企業社長逮捕とかの、経済ネタばかりじゃつまらないしなぁ.....
 
 いざ、宴会が始まり、最初に挨拶をしたのたが、「今日はせっかくの機会ですの楽しく...」と言ってから5秒ほど次の言葉に詰まってしまった 
 
 「胸襟」を開いてと言おうとして漢字2字は浮かんだのだが、はたして読みが「きょうきん」でいいんだっけ?「きょうきん=胸筋」なんじゃなかったっけ? 「むなもと」だとセクハラか!? 
 
まぁ、なんとか挨拶を済まして乾杯してから、ご歓談タイムである  
初対面同士であり、お互いにそこそこ立場があり、それなりの緊張感がある
 
 少し世間話をしていたら、唐揚げが運ばれてきた 
 
 僕が鶏肉がだめなことを隣に座っているU課長(女性)が話題にして、「筋肉鍛えているのにささみが食べられないので変ですね」と話を振ってきたので、「いやー最近は合気道やっていて、筋トレはあまりしていないのです」ということから、合気道ネタへとつないでいった 
 
 そこからは、融資課長(女性)も合気道に興味があったということで、最近知ったある門人の驚愕の人生とか、簡単な合気実験などを披露したら、大いに盛り上がってきて、融資課長も酔いが回ってきたのか「私も支店長を投げ飛ばしてみたい!!」などと言う始末であった 
 
 ※まぁ、ここからも飲み会のはなしが続くので、予想よりも長い文章になりそうです 
 
 その後も、お堅いハナシは皆無で盛り上がり、なにを思ったのか僕は突然、「自分の意識は21歳のままであり、21歳の僕が50代になって役職をもった自分を演じている」といったら、支店長が反応して「私は29歳です"!!」と叫んだ 
 
 僕と支店長の予想外の発言に女性経営陣は戸惑ったようであるが、我らは気にせず、トクトクと29歳と21歳の男子となり、語り合ったのである 
 やがて、トイレにいった支店長が20代6人のテーブルに座り込んだ、僕もそのテーブルを狙っていたため、即座に移動し、合流した 
 
 支店長は年齢回帰の話題が気に入ったらしく、20代の部下たちに向かって、再び29歳の自分を語りだし、僕が8歳も年下なので驚いたとノリノリである
 若者たちは、それなりの上司たちが、訳のわからないことを熱く語りだしたので、戸惑って
いた  
Img_10
 そこで、僕も気を使い、「例えて言うならば、ガンダムの操縦席にいるのが21歳の僕で、現在の50代のロボットスーツを操って仕事をし、社会生活を行っている感じなのだよ」と説明し、「君たちもこの飲み会で上司の前に座っておとなしくしているのが、本当の自分でないでしょう。学生時代の友人の前ではもっと違うはずで、まさに状況に応じてロボットスーツを操作しているのだよ」とやさしく説明したつもりだったが、余計に混乱させてしまったかもしれない 
 
 21歳の僕とともに、みんなが僕の人間性について驚いたのが、16歳のときに日記をつけていて(日記をつける癖がついていてこうして現在もブログを書いている) 、将来、日記を懐かしげに眺める大人になった自分を想像して、「この日記を懐かしげに見て、若い頃のノスタルジィーに浸ってるんじゃねぇぞ! バカ!!」と書いたことがあり、なんとひねくれた10代であろう!"
 
 21歳の僕は、その後の人生での様々な体験を通じて、新たな自分の層をつくりだして、それなりに厚みのあるロボットスーツに改良? してきているのだろうか....
 
 そんなことを思いつつ、最後の締めは支店長だった 
 
 部下たちが聞いている締めの挨拶で、まさかというか、やはりというか、支店長は冒頭に「私は29歳なんですけど、〇〇(僕)さん は21歳ということで、年下なんで驚いています」と語りだし、初めて聞く方々は何を言っているんだ!!とびっくりされたご様子であった 
 
  この年末、一番のお堅く、気を遣う飲み会になると予想して、しぶしぶ参加したのだが、なんと驚愕の飲み会となった(まぁ、支店長と僕たちだけかもしれないが...)
 
 僕は支店長を兄貴と呼ぶようになった(実年齢は僕が上) 
 
 店を出てから、合気道をやりたいという融資課長に、大日如来の印の技を披露したら、大変驚かれた  
 路上でもかなり盛り上がり、何も知らない参加者たちは、この組織は大丈夫だろうかと不安にならなかっただろうか(僕だったら、なる)
 
 
  .............翌日、飲み会幹事を務めた僕の部下が、支店長にお礼の挨拶の電話をしたら「自分は29歳だけど、21歳の〇〇(僕)さんによろしく」と嬉しそうに話していたとのことであった....... 
 
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 9日 (土)

全盲の僕が弁護士になった理由

全盲の弁護士である大胡田誠氏にお会いした

 
大胡田弁護士の人生は「全盲の僕が弁護士になった理由」という著書に詳しく書かれており、松坂桃季主演のTVドラマにもなっている 
Photo

僕はあるご縁で大胡田弁護士の講演会で挨拶をすることになったのだが、大胡田弁護士をよく存じていない面があったので、事前にyoutubeで大胡田弁護士の講演を拝聴してみた
大胡田弁護士の優しく、明るい語り口には学ぶべきところが多く、また大変なご苦労があった人生をユーモラスに語るところも魅力的満載であった 

講演を聴いて3回ほど泣いてしまったのだが、一番印象に残ったのは、4回目の司法試験に落ちて心が折れかけたときのお母さんの「人生で迷ったときは、自分の心が温かいと思う方を選びなさい」というアドバイスであった 

今まで、直感を信じろとか、正しいかよりも楽しいかを選べとか、選択する上での右脳的セオリーをよく聞くことがあったが、それよりもお母さんの言葉の方がグッときた 
 

「温かい気もち」とは、損得、利害を超えて、自分が本当に納得する心であり、そこにはかならず他者の存在があるはずで、簡単な言葉のようであるが、実はかなり奥深い
 
当日はスケジュールが立てこんでおり、残念ながら講演会では僕はスピーチしたのみで、大胡田弁護士のお話を拝聴できなかった 

しかし、講演会直前での大胡田弁護士との短い出会いであったが、僕にとっては貴重な宝物をもらった気もちになったのであった
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 2日 (土)

大日如来の御技

 先月、京都出張して、夜の東寺の拝観に出かけたときのことである 

 大日如来像の前に立ったとき、その手印が気になった  
 
 その手印によって(智拳印という)、身体変化が生じるのではないかという考えが湧いてきたのであった 
 03
 
 無性に実験してみたくなって、堂の外に出てから、23歳のS田さん(女性)の方腕を、両手で押さえつけた(本人の同意済(^^;))  当然、彼女は腕を動かすことができない 
 彼女が両腕になっても、微動だにしなかった 
 
 しかし、彼女に智拳印を結ばさせてから、両手で押さえつけたが、アッという間に吹っ飛ばされてしまった 
 
  東京に帰ってからも、何人かに試してみたところ、大成功であった 
 
   我々の気づかないところで、歴史と宗教と、武道は深く連鎖しているのかもしれない 
 
 大日如来様、どうもすみませんでした! 
 
 
 これからもtakkunの、不思議体験の探求は続くのであった 
 
 Photo
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アバラ痛める!!

 takkunは、合気道を稽古しているのだが、その合気技が他の競技者(レスラー、空手、柔道、日本拳法等)にかかるのかを、なるべく検証するようにしている 

 
 先日、キックに対する攻防をおこなってみた 
Martial11_2
 合気モードのような状態だと、相手の蹴りを無力化し、投げ飛ばすことができる
 
 しかし、いい気になって、力づくで相手の蹴りを制圧しようとした途端、脇腹に衝撃が走った!!
 
 数日たっても、日常生活には支障がないがそれなりに痛みが続いているので、今日の午前に整形外科に行ってみた 
 
 レントゲンでは骨のヒビ、骨折が確認できずに、シップ薬で様子をみることになった  
 
 その後、昼にフルコン空手世界大会の超重量級準優勝の選手と会う機会があって、整形外科にいったはなしをしたら、「そんなのよくあることですよ」「そのうちくっつきますよ」と素っ気なく言われた 
 
 まあ、確かに、世界大会で戦っている彼からしたら、あばら骨の損傷など大したことがないのだろうと思い、アバラで大騒ぎしている自分が情けなかったのであった (-。-;) 
 
そして、打撃系をなめたらアカンと改めて学習したのであった 
 
  
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017 紅葉

今週の月曜日に、休日出勤の振替を取って、午後から紅葉を観に、旧古河庭園と六義園に行ってみた  

 
 昼までドイツから来たアディダス社の方とお会いしてから、一旦、自宅に戻ったのだが、午前は快晴だったのに、曇り空に変わっていた  
 
 奥さんも振替休日だったために一緒に電車にのって、紅葉狩りに出かけたのだった 
 
Imgp0072_3  
 Imgp0079
 
 当然、焼き餅があれば、奥さんは購入することとなる
 
Imgp0100  
川をイメージした幻想的なライトアップ
 
Imgp0107
 
Imgp0130
 夜に帰宅してから、冷えた身体を温めるため、鍋で一杯やったのでした
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »