« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017年8月30日 (水)

ジャカルタで書道

昨日の朝、6時40分に羽田に到着した

そのまま帰宅して休みたかったのだが、その午後から名立たる方々(かなり著名な芸術、文化、科学)の集まる会議に出て、そのまま上野公園の料亭での懇親会にも参加した
 
一昨日のジャカルタを午後9時20分に発ったのだが、こういう場合はせめてビジネスクラスを願いたいところだが、今回は公の仕事のために色々と規制があり、可哀想に狭いエコノミーで縮こまりながら短時間の居眠りを繰り返すことになってしまった 
 
 まぁ、今日は久しぶりに我が家で晩酌しているので、愚痴は言わずに、ブログを続けましょ 
Lgi01a201308020500_2
 ジャカルタに一週間ほど滞在して、ジャカルタの東京都の産業振興セクションや、ムスリム関係企業を訪問したりしましたが、巨大なショッピングモールにて、ジャパンフェアが開催されており、そこにも関わりました 
 多くの日本企業や、自治体などが出展していましたが、その多くはノベルティグッズを配布したり、忍者や着物姿の日本人と一緒に写真をとるといったパフォーマンスが主流でした 
 
 僕はサポートする立場で参加しましたが、僕の性格から現地の人たちと直に接したいと思い、日本にいる間に案を練ったのでした 
 
 僕はプライドが高い男なので、よくありがちなバラ巻きとか、コケおどし(失礼!!)ではないことをしたいと思い、できれば文化の香りがして、インドネシア人ときちんとしたコミュニケーションをとるために打ち出したのが「漢字」でした 
 
 よく、外国人が漢字のTシャツを着ていたり、刺青にも漢字を使っているのが多く(傑作は「台所」という刺青!)そこからヒントを得て、相手の名前を聞いて漢字にしてブレゼントするといったことにしました 
 
 日本からは日本画のポストカード(裏面に名前を書く)400枚、筆ペンとカートリッジ2セット、毛筆1本、墨汁1本を持っていくことにしました 
 
 出発当日の朝4時に起きてから、印鑑もあった方がパフォーマンスとしてはいいとひらめき、早朝のローソン100に行ったらなんとハンコが売ってました
 僕の苗字はなかったけど、今回は出張しないで日本に残る担当スタッフのK田君のがあったので、早速購入しました 
 
 ジャカルタに着いてから僕の漢字プランを通訳の女の子に話したら、最初は何を言っているのこの人!!という感じでしたが、話がわかるにつれて乗ってきて、それならみんな喜ぶから書くならハガキではなくて、大きい紙がいい、そうすれば持ち帰って家に貼るようになると言われました 
 
 しかし、半紙に書くと、下手な書がバレバレになるし、手間がかかるので、ポストカードに書くことにしました(半紙は現地ダイソーにありました しかし100均ではなく250均なのです!!!) 
 
初日は試し書きもせずに、ぶっつけ直球で名前を聞いて、書き始めたのですが、予想以上に大受けして、長蛇の列となりました
Img_20170827_1505171
 しかし、名前の発音も独特でカタカタ表記できないのが多くて、苦心しました 
 
 最も苦心したのが、漢字の意味を尋ねられることです
 
 だだ、相手の名前を音で聞いて漢字表記すればいいと思ってました
 
 例えば「ヨロシク」を「夜露死苦」といったように 
 
しかし、現地の方々は漢字にある種のロマンを抱いていらっしゃるようで、意味や物語を知りたいのです
 (僕の休憩中に代理で書いてもらったK係長は、「この字は日本でよく使ってますと説明したら、みんな納得してくれました」とドヤ顔で言ってきたので、お前のは最低の説明で、ハートがまったくないと嫌味を言ってやりました そういう仕事ぶりの彼との日々は疲れるものでした(-。-;))
 
 例えばジャスティンのジャは「邪」とか「蛇」が浮かびましたが、これは意味としては失礼な部類になるし、「者」では意味としては物足りない 
 そういうときは「慈」と「矢」を繋げたりして、なんとか対応しました
Img_20170827_1101571
 だから、夜ホテルの部屋では泥酔もせずに、あいうえお順に喜びそうな漢字を列挙した表を作ってました
 
 そんなことを四苦八苦しながらも心を込めて3日間で400人のインドネシア人の名前を書き上げました(さすがに、三日目は書きながら、目眩がしてきて倒れそうになりましたが) 
 
 通訳に頼んで僕の知りたいインドネシア語を教えてもらったのですが、一番強力だったのが「ビサ・バハギア(幸せになれます!)」でした
 
 書を渡すときに最初は「ハバナイスディ!!」とか「テリマカシ(ありがとう)」と言っていたのですが、「ビサ・バハギア」と言った途端に、相手は一瞬「ビサ・バハギア..........」と口ずさみ、笑顔になり、周囲も大笑いするのでした(ちなみに現地企業や税関でも使いましたが効果大でした!!)
Img_20170827_1505041
 今回は全体で1000人にはなるインドネシア人との出会いを通して、自分(日本人)の可能性を感じさせて頂きました
 
 ビサ バハギア!!!!!
 
 
 
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年8月27日 (日)

ここ連日で午後10時頃まで仕事をしており、夕食のタイミングが難しくて、結局は昨日はひとりで大戸屋でビンタンビールと焼肉定食で今日もビールと炙りサーモンロールと鰻の押し寿司であった
値段は日本と比較しても高めだが、なかなか良い味をだしへいるし、接客も一斉に「イアツシャイマセ!」としつかりしており好感度アップ!
Img_20170825_211653


Img_20170826_192301

食べ物以外のことも備忘録として書きたいが、また数時間後にはお祈りが始まるので寝ます(*´ω`*)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月25日 (金)

一昨日からインドネシアのジャカルタに仕事で来ている
ホテルの部屋は14階で部屋からはイスラム教のモスクとお墓が一望できる
Img_20170824_154830
 
モスクの朝は早く4時半頃からスピーカーからお祈りが流されていて、けっこうなボリュームなのだ

結果的に僕の睡眠時間は削られるのだが、これも異文化の貴重な体験なのでポーっとしつつも楽しんでいる

この国はイスラム教徒が9割であり、お酒が飲める店は限られており、酒の販売価格も焼酎が7000円くらいする
昨夜はレセプションでビールは飲めたので、帰りにショッピングセンターで買った安いウォッカソーダをぬるいまま部屋で飲んだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月18日 (金)

大人と鼻水吸引器

 3月の手術以降、小康状態だったお鼻が先月からぐずつき始めて副鼻腔炎となってしまった

 抗生剤やステロイド類は、常在菌が滅亡したり、お酒がNGなためになるべく使いたくなかったが、どうすればいいのか?
お鼻にいいというなた豆や、青汁や乳酸菌などのサプリメントをとるようにはしているのだが、どうも決定打にはならない 
 そこで、期待を寄せるのが鼻水吸引器なのだ!!!
170317_sub_katei
吸引器はふつう、自分で鼻をかめない赤ちゃんやお子様向けのグッズなのだが、大人も仕様可という情報があり、それなりの金額だし、本当に大人でも可能なのかと迷っていた、
 
商品のコメントを読むと、その多くは子どものために購入しており、それをたまたま親が使ってみたらOKというのが殆どで、大人が自分の鼻のために購入したという例が見当たらなかった
 
 これは大いなる賭けになる..........
 たまたま、ファイアーワークフェスティバルから若干のお手当が入ったので、意を決してamazonで鼻水吸引器を購入することにした!!
 
 本日、ドキドキしながら、メルシーポット(名称からしておじさんの個人利用では恥ずかしい)の吸引を試してみた 
 
 結論から言うと、ズルズルと鼻水が吸引されることはなかったが、鼻の奥の鼻水を引っ張ってくれるようで、鼻水をかんだらそれなりの量が出てきた 
 
 耳鼻科の吸引とは比較できないが、まぁそれなりの効果は期待できそうである 
 
 くやしいのは、amazonではメルシーポットの期間セールをしており、それに気づかず通常価格で購入したので2000円くらい損したカタチとなってしまった 
 
  両親から耳鼻咽喉の弱点を遺伝として引き継いでしまったが、これも自業として、同じ悩みをもつ同胞たちのための実験台とならん!!!!!
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月17日 (木)

お祝い会

 今夜は僕が障害者施設で働いていたときの、同僚の一人が金沢から上京したので、併せて僕の昇進祝いをするということになって、上野の料理屋さんにご招待された 

 お祝いしていただくほど偉くはなっていないと断ったのだが、せっかくだからと少人数ではあるが、ささやかな宴を開催して頂くことになった 
 
 宴の途中で、突然に鯛の派手な料理が運ばれてきた
 なんと、昇格おめでとうございますというメッセージが付されていた 
 
 こんなにしてもらって、心苦しいという想いと、自分を応援してくれて有難いという気持ちが入り混じった
Img_20170817_1907451
 昔話に話が咲いた 
 
 ただ、僕より2年後輩のS君が、パーキンソン病になってしまい、以前よりもカラダの動きが芳しくなくて、心配になった  
 掘りごたつ式の席であったが、座ることも大変で、立つときは僕が後ろから抱き抱えて起こした
 彼は大学では水泳部に属していて、スイマーらしい肉体を誇っていた 
 若い頃、彼とは一緒にバカをやったり、口論もしたりした 
 
 現在は歩くのも、日常動作もたどたどしい彼ではあるが、昔とかわらない自虐的なユーモアは健在であり、皆で大笑いした
 
 
  現在の僕の原点は、彼ら過ごした青春期にあると、今夜は大声で断言したい気分である
 
 ※仲間のひとりのご家族が新書の本を出されたとのことで、プレゼントして頂いた
 Img_20170817_2307151
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月13日 (日)

沖縄伝統空手ワールドカップ

沖縄伝統空手の世界大会が東京で開催された

 
 8月11日のセミナーに出席させて頂いたが、200人からの武道場の大半は外国人であり、様々な国々の門下生が一斉に礼をし、型稽古をするのは圧巻であった 
 初めて、知念会長とお会いしたが、70歳を超えていらっしゃるのに、きびきびしていて、本当に若々しかった 
 また、偉い人というのは、礼儀正しい人が多いのものだと改めて確信したのだった 
 8月13日の世界大会にも、お邪魔させて頂いたのだが、なんと知念会長のお隣の席で大会を観ることになり、本当に身に余る光栄であった
 ほぼ全日、知念会長とお隣り合わせだったので、会長へのお客様や、関係者の挨拶が途切れたときに、色々とお話を伺うことができた 
 今回の経験は僕にとって非常に有意義なものであった 
 年齢も性別も人種も様々外国人選手(殆どヨーロッパ方面)たちが、懸命に型を披露し、また真剣に組手を行う姿をみて、彼ら彼女らが遠く離れた国で、一生懸命に型稽古に勤しんでいる場面が頭に浮かんできた 
Img_20170813_164550
 あらゆる違いを超えて、一同に会して、稽古し、競技し合う素晴らしさよ!
 
 みんなの真摯な姿に心打たれて、日本人として、少なくとも武道稽古をしている者として、俺は恥ずかしいと思ったのだった 
 また、知念会長からお教え頂いた、沖縄空手が「受け」を大切にしている理由、武道が平和につながる道理、そして、自分と向き合うことの大切さが、現在も頭の中を巡っている 
 相手に負けまい、勝ちたい、相手をやっつけよう、自分の力でねじ伏せようといった意識から離れることの重要性はわかっているつもりでいたし、自分自身との戦いが大切であることも知ったつもりになっていた 
 しかし、テクニカルな部分や、相手を操る技法に意識が向かっていて、自分を律する、自分の弱さと対峙するということを疎かにしていることに、はたと気がついた 
 俺は何のために、武道を稽古しているのだろうか  
 今日は、まさに原点回帰的な問いかけを投げかけられた気がするのだ
Photo_2
 
精神的成長を疎かにし、強さのみを追求した武道は、独りよがりで社会に貢献することもなく、強い者だけが頂点に向かう弱肉強食の修羅の世界に通じていくのだろうか  
 

Img_20170813_195303_2

 武道とは何か 
 現代における武道の姿とは何か 
 自分の人生、生き方と武道との接点は何か.........
   

 今回の出会いは、つくづく不思議なご縁だと思った 感謝
9e91cedff0befee1b1cc89fc2af8f55b7_2             NHK 手 Tee 沖縄空手 本当の強さ
 
 
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月11日 (金)

トランスフォーマー 最後の騎士王

 毎年夏の恒例となっているバカ映画の会があり、 今回は「トランスフォーマー 最後の騎士であった 


 仕事が終わって、ビールやワインを飲んでからの鑑賞のため、トイレが心配だったが事なきを得た

20170618231312_2
 僕は結構、このおバカ映画が好きで、全作品を観ており、今回も冒頭シーンは「ゲームオブスローンズ」を彷彿させるような古代戦闘シーンから始まって、ワクワク期待度がかなりアップしたのだった 
 しかし、ロボット宇宙人たちよりも、人間たち中心のドラマとなり、「ダビンチ・コード」っぽいおバカなミステリー展開がダラダラと続いていて、大丈夫か!と心配になった 
 
 そして、今回の売りはオートボット総司令官オプティマスプライムが敵役になるということだったが、悪者になっているシーンは短く、簡単に改心してしまうところが、本当にバカ映画だなぁと心から思ってしまうのだった 

 まぁ、いろいろと文句はあるが、映像自体はやはり凄い! 映画館の大スクリーンで観る価値は十分ある作品だと思う(ストーリーにこだわらなければだけど..) 
 
 しかし、なんで最近のオバカ映画たちって、選ばれし者とか、勇気と友情があれば上手くいくとかが多いのかなぁ.....
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 2日 (水)

佐野元春

 ここ数週間、副鼻腔炎を発症してしてしまった

 鼻づまり、黄色い鼻水、後鼻漏などが日常生活を襲ってきている
 ただ、3月末の鼻の骨を削る手術をしてから、以前のような重篤な状態にはならないで済んできた
 しかし、今日はプロポーザル審査中に思いきり鼻をかんだら、左耳が一気に詰まり、目眩が生じた
 
 そのまま、周囲の音がカラオケのエコーのように反響して聞こえてきた 
 やばい!! と思いつつも審査委員長だった為に、何事もなかったようにプロポーザルを続行したが、胸中は穏やかではなかった 
 
  自分の聴覚の異変についてもそうだが、今日はなぜか思いきり酒を呑みたいという願望があった為、耳鼻咽喉科にいって抗生物質などを処方されたら、酒を思いきり呑みづらいというアル中のような葛藤が生じていた 
 
  審査の休憩中に、耳鼻科のHPをチェックしたら、本日の午後は一般診察はしていないということだったので、がっかりしたようなほっとしたようなで、今夜はこうして、我が家でアジフライをツマミにビール、焼酎、冷酒、マッコリでガンガンいっているのだ 
 
  奥さんがお風呂に行っている最中に、なぜか、佐野元春を聴きたくなり、テレビでyoutubeの「someday」「young bloods」を拝聴する
183
 「young bloods」という曲は1985年の国際青年年のテーマソングとして、よくNHKで流されていて、僕が20代の頃に、GLAという団体のボランティアをしていたときに、帰りのクルマの中でよく聴いた曲だ  懐かしい
 
  僕が若くて、エネルギッシュで、燃えたぎっていた頃の曲をこうして、副鼻腔炎に悩む50代の自分が聴いても、あの頃のパッションが蘇ってきてウルウルしてしまう 
 
  もう一杯、焼酎ハイを飲まざるを得なくなる (冷蔵庫から炭酸出してつくりました)
 もうかなり酔いながらのブログ(家飲みでここまで飲むのは久しぶりです)となりますので、ご注意ください 
 
  佐野元春を知ったのは大学生の頃、神田の喫茶店で数ヶ月間バイトしたのですが、そこはなんと右翼オーナーが経営していて、神田界隈の会社員たちのこない時間に、その手の業界の方々がいらっしゃっていました 
 オーナーは給料日に必ず握手してきたのを憶えています 
 
 そこのバイトの先輩がかなりのワルっぽい感じでカッコよかったのですが、僕にこの人いいよと佐野元春のカセットテープ(デビュー版)をくれました 
 永ちゃんのように不良たちの音楽ではないのかと距離を置いていましたが、デビューから数年経って、佐野元春の完成度といったら、もうもう凄いものです 
 
  現在で30年前の佐野のアルバムを聴いても新鮮です
 むしろ、現在の若い歌手たちの方がレトロに感じてしまうほどです
 
  今夜は20代の頃の、情熱と躍動感と、やるせなさと切なさを、佐野元春を通じて出会うことになりました
 なんか泣きそうです
 呑んで良かったッス!!
 なんか、勇気が湧いてきました 
 オレ、やります!!!!
  20代の俺が今の俺を認めてくれるように!!
 
 こういうとこが酔っ払いです!!自覚してます!!
 
 ※そういえば最近、奥さんが「最近のブログ面白くない!」と言ってくるのですが、ここはネタ帳ではなく個人的な日記なので、ご理解くださいm(_ _)m 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年8月 1日 (火)

 15ヶ国の大使館とお会いした

 大使、公使、参事官、書記官と様々な方々だったが、みなさんフレンドリーであった
 僕には専用通訳がついたが、なるべく自分でカタコト英語を駆使してコミュニケーションを図るようにした
 
  専用通訳からは「自分がいなくても大丈夫です」と誉められ?たのだが、やはり数ヶ月前に数カ国と会った時の通訳も、僕のパーソナリティーで充分に相手と繋がっているので通訳の必要はないと言っていたと、人伝てに聞かされた
 
 僕の英語能力では具体的な会話が難しいのだが、4~7wordsと、スマイルとユーモアがあれば、なんとかなりそうな気がしてきた
 
 
 
 その後、日本人ならば誰でも知っているVIPの警護チームと一緒に行動したのだが、テレビで見慣れているはずのVIPから放射されている氣というかオーラの強さに驚いた 
 
 それに比べて、僕の出している氣は、なよなよっとしているんだよなぁと思う (-。-;) 
 
 今日はamazonプライム映画で「の・ようなもの のようなもの」という東京谷中での落語家の人情喜劇を観てほのぼのしたのだった
 Main_img
 
  しかし、なよなよ、ほのぼのだけでは満足できない自分があって、まさに人情喜劇とは真逆の映画「トランスフォーマー・リベンジ」を早送りしながら観てしまった!
 
 アクション場面でワクワクしている自分を、もうひとりの自分が冷静に見ていて、子どもの頃の仮面ライダーやウルトラマンに熱中していたテンションと変わっていないよなぁと呆れていた 
 
 仮面ライダーで興奮した小学生のノリで、僕は自分の人生を終えていくのだろうか.....それじゃあ哀しく恥ずかしいよぉ(;д;)  
Photo 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »