« 鼻中隔湾曲症 副鼻腔炎 鼻茸・・入院体験 | トップページ | »

2017年4月 2日 (日)

原点回帰展

 4月になり花見の季節を迎えたが、退院してからは両鼻を綿球で塞いでいるため、息苦しい日々か続いている

 先月の入院前にも片鼻に綿球を一週間ほど詰めていたが、今回は完全封鎖のために、口が乾くし、舌もヒリヒリし、声も枯れるということになった 
 入院の数日前には、仕事では樹木希林さんや、ナイツなどの芸能人と会ったり(ナイツの真面目さと礼儀正しさには感心した)、合気道の稽古をしたり、夜もお酒を飲んだりと精力的な活動をしていたが、手術を契機に僕の人生は一変してしまった 
 両鼻に綿球をつめるとこんな感じになる 
 Photo
 シリコンプレートも入って、鼻全体が巨大化もしているので、この状態で人様に姿をさらすのはかなり抵抗感が生ずる 
 先日の会議でも、マスクをしていたのだが、発言が聞き取りづらいというので、マスクをとって真面目な意見を言ったら、前の席の石〇係長は大笑いしやがった クソッ!"!
しかも、4月からはポストが変わったので、色々と挨拶まわりをするのだが、このような姿で挨拶するのは如何なものか まぁ第一印象が強烈なので、ある意味インパクトあるアピールにはなるであろうが.......
 
 そして、次に困ったのたが、お酒厳禁ということである 
 
 入院前は、休肝日など子ども騙しな健康対策だと馬鹿にして、連日お酒漬けの日々を長い年数をおくってきたが、現在は、酒断ちの修行僧のような日々だ 
 一昨日の年度末の打ち上げでは、部下たちと韓国料理店に行ったが、部下たちのビールだ、マッコリだという酒に貪欲な姿を尻目に僕はノンアルコールビールをのみ続けた 唯一シラフだった僕は理解した.....酒を飲んでくだらない話をする部下連中は実はバカだったことを. (-。-;)
 
  かつては、僕も一緒になって酔っ払っていて、気付かなかったのだが、十数人の酔っ払いたちの中で、単独しらふでいると、奴らが如何に人間として誤っているのかを悟るのであった 
 しかも、僕は刺激物が厳禁となっているのに、次々と辛子で真っ赤になった鍋を注文しやがる クソォ(゚Д゚)
 
 いやいや、修行僧がそのように感情的になってはならぬ!!
  ということで、昨日は気持ちを変えて、色々とお世話になっている書道家の山本光輝先生の書道展が銀座で開催されているので、お祝いのご挨拶に伺ってみた
 Img_20170401_1204121
 書道のことはよくわからないが、山本先生の書からは、何か氣のようなオーラガ放出されているのを素人ながらに感じることができた 
 
 ほんとに凄い書をかかれてる山本先生は、温厚でユーモアある魅力的な方だ
 
Img_20170401_1206121 
 この「神光」という書には、圧倒されてしまった
 
 
 僕も文字を書くときは、気持ちを入れて書かなきゃ....
 明日の29年度初仕事からそうしようと誓ったのであった
 

|

« 鼻中隔湾曲症 副鼻腔炎 鼻茸・・入院体験 | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531400/65097553

この記事へのトラックバック一覧です: 原点回帰展:

« 鼻中隔湾曲症 副鼻腔炎 鼻茸・・入院体験 | トップページ | »