« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月26日 (土)

善光寺参拝

 昨日、今日と毎年恒例の善光寺参りに母とその友人を連れて行った来た

 正直いって僕はあまり行きたくないのだが、80歳を越えた二人のおばあちゃんだけでの旅行は心配なので、我が夫婦がお付き合いすることとなった 
 
  いつもはレンタカーを借りて行くのだが、最近はお疲れモードのため、そして経費節減も兼ねて高速バスを使うことにした
 
 普段はあまり使うことのない高速バスであるが、2列シートをひとりで独占するというほんの少しだけ料金が高いコースにしてみた 
 
Dsc_0015
 これがこんな感じになる
 
Dsc_0016 車内では他のお客さんの迷惑にならないように、大声でのおしゃべりを慎むようにというアナウンスがあったが、後方の数列離れた席からは老婆たちの笑い声とひそひそ話が沈黙の車内に響いていたのだった
 
 夕方にホテルに着いて、さっそく大浴場にいくと、入口にはこのような掲示版が目立っていた
 Dsc_0029_2 にわかタトゥー人の僕としては、周囲の眼を気にしながらの温泉三昧となった
 
 
 翌朝(今朝)は、UFO発信基地、世界最大のピラミッドと呼ばれる皆神神社に参拝してから、黄金色ーというか、泥というか、全国有数の濃厚温泉の松代荘の日帰り温泉に立ち寄る
 Ph_tonoyu001
僕は10分ちょっとしか浸かっていないのだが、温泉の刺激が強すぎたせいで、その後長時間ぐったりしてしまった 
 帰りの高速バスでウトウトしながら帰京し、浅草蔵前で打ち上げをしたのであった
 
※昨日、あるドクターと話をして、先週の救急搬送の件で新たな事実が発覚。僕は当日歯の治療して、痛み止めロキソニンを服用した。痛み止めを飲むのは10年ぶりだ。そのロキソニンには血の流れをよくする作用があるらしい。  
 鼻ポリープ゛からの出血とその副作用が重なり、血がぜんぜん止まらず、救急車という悪夢の連鎖が想定できるらしい。 
 偶然かもしれないが、おそろしい取り合わせであった..... 合掌
Photo_3
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月24日 (木)

今日は月曜に削った歯が舌を刺激して痛くなったので、歯医者に行った

 
いつも、診察前に血圧を測るので、右手をまくったら、歯科助手が悲鳴をあげた!!! 
 
  そうだったんだ
 そうだったんだよ、ドラゴンのタトゥーが彼女を睨んだからだよ!!
  いつも右手で測定するけど、今日は左手にしとくべきであった........ (-。-;)
 今日もちょっと一杯のつもりであったが、グビクビやってしまった お酒はおいしいもんなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月23日 (水)

タトゥー人間

 今日はお仕事つながりでシンガポールのタトゥーアーティストと出会った

 
 最近は一般人でタトゥーを入れているのは、外国人だけではなく、日本人にも増えてきた 
 ぼくはそんなタトゥー人間を見ながら、君たちねぇ、ヤンチャして歳取ったらみっともないだけだぜとか、そんなことしてないで、もっと人として人格を深めよとか、批判的な思いが生じていた 
 
 生じていつつも、どこかにうらやましさもあり、僕も若いときはロックバンドKISSのペーパータトゥーなどを大事に持っていたのだった
 
 まぁ迷いもあったが、生きているうちに燃焼しなければということで(今朝、炭粉先生から、先生の知り合いの屈強な空手家で、鼻のポリープ切除した翌日に亡くなった方がいるとの怖しいメールがあった (-。-;)) やってもらうことにした
 
 いろいろとデザインはあるのだが、先にタトゥーをやった女の子がドラゴンもあるよというので、龍に決めた!!
Img_0626_2
 
 まぁ、タトゥーといいつつも、彫るのではなく描くだけなので、2週間後には消えるらしい 
 しかし、職場でいい歳した管理職が、こんなことをしていたことが発覚したらマズイよなぁ..
 
 しかも、明後日は恒例の母と善光寺に参拝して温泉に行くので、温泉のイレズミお断りとならないようにタオルを腕に巻かなきゃなぁ.......とか心配がいろいろと生じてくる

Photo_3
 まぁ、いいでしょう
 
 一週間前の6時間大出血の経験から、人生をちょっとだけ違って見えるようになったかもしれない 
 
 それにしても、凄い一週間だったなぁ......(^^;)
 
 
 ※本日、T支部長から三重県の名酒が届いた
  年末年始にありがたく頂くつもりだ
Img_0613

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月22日 (火)

 救急搬送以来、ブログ更新率が上昇している 

 酒をたっぷり飲めなくなったせいか、夜の過ごし方が呑んでぽわぁ〜として、だらだらしているのではなく、数年ぶ゛りに素面状態が続いいるためだ  
 しかし、今は久しぶり酔うておる!(と言ってもたかが6日ぶりだが.....) 
 
 今日のおじさんはかなり疲れてしまったのだった
 
 おじさんは午前に国際関係のエキスポセミナーのパネリストとなって発言してから、昼は西日本のテレビ局のインタビュー取材を受けた
 
 12時半から急いで蕎麦屋に行って短時間で「そばステーキ丼セット」を食べてから、午後一番にブルネイ大臣のお出迎えと会談に同席し、その後は大手新聞社の特集取材の立ち会い.....といった具合で、息つく暇かなく、夕方にやっと解放されたのだった  
 
 おじさんには珍しく心身が疲れてしまい、喫茶店でチョコレートパフェを食べて、それでも糖分が足りずマックでコーヒーとアップルパイを頼んだ 
 
 その後、レセプションに参加するも、あまりに料理が豊富でないために、帰宅途中にオリジンによって食材を購入し、家飲みを始める 
 
 未だ抗生物質と去痰剤を服用しているのだが、今日の身体はお酒を芯から求めているということで、自然摂理に従って焼酎を何杯か呑んでいるのである 
Photo_2
 今回の鼻血の件で、ついこないだまで長年当然のようにガバガバお酒を呑んでいたが、美味しく頂ける感謝を忘れていたことに気がついた  バッカスの神が怒ったのかもしれない......
 
 
 
 昨夜 帰宅したら、突然宅急便が来て、amazonからの比較的大きめのダンボール箱を受け取った
 
 はて、なんかネットで注文したかなぁ、最近ぼけてるからなぁと、箱を空けてビックリ!!
 
Img_0609
ミリタリー風のリュックではないか!!
 
やはり注文した覚えはないのだが、ミリタリーという共通項があるので、念のため注文履歴で調べたらやはり注文していない 
 
 不審に思い、amazonに電話したら、注文したのは別人で届け先が僕だという それが誰かはプライバシーのため言えないので、本人に連絡してくれるということであった 
 
 その日必着で届けられた品物を、わざわざ送ってくる人は思いつかない.....狐につつまれたような気持ちであった 
 
 それから1時間後、PCを覗いたら、送り主からメールが着ていた 
 
 逆手道収録時に初めてお会いしたT支部長であった
 
 T支部長は三重県で空手の塾長をなさっており、青少年の指導にも熱心な方である 
 収録の合間に、冠光寺流の突きをちょっとだけ披露したら、とても驚かれていた
 その後、懇親会でご一緒した縁だが、翌日には日本酒を送ってくださるとのメールを頂き、さらに今回の件であり、大変お心遣いいただき申し訳ない 
 
 ちょっとしたサプライズであったが、縁とはありがたいと思ったのだった
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月21日 (月)

救急搬送 さらにその後

木曜の未明に6時間に及ぶ鼻血の末、救急搬送された私は、当日の朝には定刻通りに職場に出勤し、帰宅してからは養命酒一杯のみの侘しい夜を過ごしたのであった 

 そして、なんと金曜日は縁あって合気柔術逆手道のDVD収録に立ち会うことになった  
 Img_0602 
 立ち会うといいつつも、同時に受身も取る段取りになっており、前日の救急搬送を伝えたら心優しき倉部宗師は、随分と心配して、無理はしないでくださいとおっしゃられた 
 しかし、映像責任者からは、この技は比較的にガタイが大きい私がいいと、勝手に指名してきて、結局、畳に投げられる体技をこなす羽目になった (-。-;)  
 
 8時間ほどの収録時間を予定していたが、撮影は順調に進んで、ほぼ半分ほどの時間で終了することができた 
 
  逆に時間があまってしまい、懇親会するには時間が早すぎるので、故意にしているアニマル浜口ジムに連絡して、見学させていただくこととした 
 
 ジムにいくと「じゅん散歩」の撮影クルーと重なってしまい、ジムにはご迷惑をかけたが、浜口会長が収録、道場指導で忙しいなか、わざわざ私たちのために記念撮影に応じてくださったり、笑いビクスの実演や、指導遍歴等々を20分もの時間をとって語って頂いた 感謝
   A_2
 
 そして、土曜日は氣空術の稽古であった
 
 懇親会で同席した門人の外科医のHさんに、抗生物質飲んでるから酒はNGですよねと尋ねたら、大丈夫でしょうとのお返事 
 しばらくしてHさんはハイボールを2杯注文して、1杯を僕に飲みなさいよと勧めるではないか!!  なんかあったときのためにとティッシュ箱と割り箸を手元に置きながら........
 
 日曜日は冠光寺流柔術の稽古だった 
 
 こういうときに限って、稽古内容は回転したり、急激に着地したりとも激しい内容であった 
 けっこう動きがあったため、稽古後に餃子の王将にいったが、誘惑に負けて生ビールとレモンサワーを飲んだ うまかったなぁ(;_;)  
 なんだかんだ言って、救急搬送の翌日から3日間連続で武道稽古している私は狂っているのだろうか (-。-;) 
 
 さてさて、いよいよ今日は右鼻に詰めた止血ガーゼ6枚を抜く日である...... 
 
 激痛という前評判があったが、痛いには痛かったが、予想していたよりもたいしたことはなかった  
 痛みに対しては、逃げや緊張できなく、脱力し、過度な恐怖、妄想を抱かないという武道的姿勢で望んだのが功を奏したのだと思う
 
 夕方、歯医者さんに行ったので、先週水曜の歯科ドリルのせいで救急搬送されたと冗談をいったら、みんなに受けていたなぁ
 
 
       今日は久々、家でレモンサワーを飲んで、いい気持ちで〜す
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月18日 (金)

救急搬送 その後

  前ブログの終わり方がはっきりしない人騒がせな言い回しで終わったため、さきほど炭粉良三先生から「今ブログ読んだ!  酔いが醒めた!! 大丈夫なのか!!? 」というご連絡を受けたばかりである

 
 お騒がせしてすまないm(_ _)m 
 さて、 
 零時半に急患室に入ったぼくは、バイタルをとられ、宿直の若い男性医師に診ていただくことになった 
1223844i
 吸引器を鼻の穴に入れられると、ゴボゴボと凄い勢いで血やドロドロの塊が吸い取られたが、その強烈な音を聞くと悪夢の6時間が蘇ってくるのだった  
 
 ドクターは、血がでている大きい傷を焼くという処置をする予定であったが、内視鏡をみながら「これは鼻の曲がりが凄いなぁ」といい、さらに右鼻の奥にポリープができていて、それが傷ついて出血していると言ってきた 
 ドクターがいうにはもっとはやく医者にみせるべきだったらしい
 
 そのまま傷を塞いでメデタシという展開を期待していたのだが、そうはならずにガーゼを丸めて鼻の奥に押し込んできた 痛い! 強烈な痛み!!
それが6枚分繰り返されて、僕の頬には涙が伝わっていた(本当に) 
 
 それで止血して、来週月曜にガーゼをとるというが、この息苦しい状態で5日間を過ごすのかと絶望的な気持ちになったと思ったら、口を空けてアーとさせられて、そのまま喉に絡みついた血塊を吸引したのだが、それもオェーッを数回繰り返し、地獄の体験をしたのであった
 
 帰路は当然、救急車ではなく、タクシーを利用し、午前2時に帰宅した
 
 その6時間後に我ら夫婦は家を出て、職場に向かった  
 
 ぼくが職場で部下たちに、事の顛末を話したら皆がびっくりした(当然)
 意地の悪い係長が、鼻に詰めたガーゼをとるときは、傷口がくっついていて激痛らしいですよと悪魔の解説をしてきた (-。-;)
 
 鼻に詰め物をして困ったのは、圧迫感もそうだが、鼻水の多さなのである
 どうやら、ガーゼで圧迫した鼻腔は分泌液も多くなるようで、右鼻からポタポタ、ジワーッと鼻水がでてくるのだ
ティッシュで拭くと、血が滲んだピンク色の鼻水だった
 
 仕事中は仕方なく、数分おきにハンカチで鼻水を拭いていたら、鼻の下が赤くなってしまっ た これにはまいった 
 
 午前中に2件のアポイントをこなし、午後のプロポーザル審査会が終わったので゜、1時間ほどはやめに帰宅させてもらった 酒が無性に飲みたかったが、抗生剤飲んでるのでNG
仕方なく、キャップ一杯の養命酒を飲んで、ちょっとだけ眠ったのだった 
 
 とにかく、僕の今の悩みは、月曜のガーゼを外す瞬間なのです゚゚(゚´Д`゚)゚
 
 押忍!!!
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月17日 (木)

救急搬送 初体験 6時間大出血の巻!

 昨日(否、今日)は大変なことが起きた

 初めて患者として、救急搬送されたのだ(この僕が!)
002517_1_l
 昨日は朝から歯肉が痛み始めたので、夕方に歯医者に行ったら、被せものの中が虫歯となり、膿が歯茎に達してしまったらしい
 ちなみにこの痛みは最大級の部類らしい 
 
  金属の被りもののをバリバリと壊しながら、土台だけの歯となって、昨日の治療は終わった
 
 痛み止めのロキソニンをもらったので、牛乳と一緒に飲んだ 
 
 帰宅途中でスーパーに寄って買い物をしようとしたら、鼻血がタラタラと流れてきた
 ティッシュがすぐ真っ赤になってしまい、周囲のおばさんたちの視線が気になり、買い物は諦めて、急いで家に帰った
 
  普通は数分で止まるはずの鼻血がなかなか止まらない
 1時間ほどして、奥さんが帰宅して、夕食を食べたら、ちょっと落ち着いたように感じたのだが、.......食後すぐに血はしたたり落ちることになった
 
 2時間以上経つのに止まらないのは不可思議であり、ネットでロキソニンの副作用を調べたら鼻血も有り得るではないか!!
 
 これはロキソニンのやつ、小さな錠剤のくせにナメタことしやがって!!と勝手に解釈して、薬の効果が薄まれば、鼻血も落ち着くのではないかと勝手に解釈した 
 
 やがて、午後10時になった
 
 奥さんは救急相談に何度も電話をかけたが、全然通じなかったので、ぼくはベッドに横になって明朝に近所の耳鼻科にいこうと眠りにつこうとした 
 
 したけど、今度は鼻血が喉にまわって苦しむことになり、タンを出すとドス黒っぽい血の塊が出てきた 
 
  なんだかんだいって、12時になってしまい、鼻血の勢いは止まらないため、結局奥さんが119番に電話したのだった
 
10分くらいしてから、救急車の音がして、家の前で消えた 
 ぼくはラフな格好をして、食卓の椅子に座っていたのだが、救急隊員の方々3人が、玄関から入ってきたので、救急車をタクシーがわりに使う不届者とみられたら嫌だなぁと思った
 
  救急車に奥さんと乗り込んだが、救急隊員がいくつかの近所の病院に連絡しても、深夜救急の耳鼻科患者を受け入れる病院はなく、ちょっと離れた慈恵医大ならば診察して下さるとのありがたいお返事があった 
 
 僕を乗せた救急車はサイレンを鳴らしながら、赤信号でも突進していく 他のクルマは道を譲る
 僕は椅子席に座りながら、この数時間の急展開に驚きとともに、この件をブログに載せるためにスマホで車内写真を撮ろうとしたが、もうひとりの僕がそのような行為は不謹慎極まりないと注意してきたので却下した
 
 
 やがて、奥さんも気づき始めたのだが、鼻に詰めたティッシュに滲んだ鼻血は、家にいた時の勢いをなくし、ずいぶんと乾いてきた感じになってきていて、ことの緊急性、重大性の根拠を失いかけていた 
 
 これでは、タクシー扱いする不届き市民と見なされるのではないか!!
そのため、病院に着く直前にティッシュの鼻血べったり面を、これみよがしに目立つように前面表示することにしたのだが、そのような姑息な手段は必要のない、診断結果となるのであった
 
 ※今日はお酒を飲んでいないのだけど、本日午前零時からの疲れが出てきたため、これで一旦おしまいにします (-。-;) 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月13日 (日)

5万人に1人

 晩酌しながら録画していたNNNドキュメント5万人に1人の私~トリーチャーコリンズ症候群に生まれて~を観た

 正直言って、主人公の山川記代香さんのお顔を観たときにはビックリしたのが事実だ 

Oa_20161106
 でも、番組がはじまってから、数分したら、彼女の障害がまったく気にならなくなった

1920x1080x8054b9551cabcfc866fd8d

 そして彼女の人生や、性格を知るにつれて、彼女がとてもチャーミングにみえてきた 
 
 きっと、彼女と一緒に飲み会をやったら楽しいだろうなぁと本気で思った 
 
 そして、彼女と仕事ができたらいいなぁとも思ったが、世にいう連中はそれは同情心だとか、彼女の特殊性からだと言いそうだが、少なくとも、簡単にそういう軽口を叩く連中よりも、彼女と居たほうがよっぽどいいと思う 

 
 その彼女の姿をみて僕が思い出したのは、僕が28歳のときに顔全体をやけどして、焼けただれてケロイド状になっている女の娘と出会ったときのことだ  
 
 僕は彼女を見てびっくりするとともに、正直いってこの子は知的レベルにも障害があるのではないだろうかと疑ってもみた
 
 しかし、しばらくして、彼女は知的障害者サークルのボランティア学生だと知ったのだが、彼女と何度か接するうちに彼女の優しさやタフネスを感じていって、数ヵ月後には彼女が本当にチャーミングな女の子にみえてきた 
 
 サークルには若くて可愛い女子学生たちが沢山いたが、彼女が一番可愛かった
 そう思ったのは、僕だけではなくて、サークル代表も彼女に惹かれて、交際することになったのだった 
 
 どんなに若くて美しい女性でも歳をとり、老顔となっていく
 
 でも、歳をとってしわが増えてきたとしても、美しさの差異が生ずるのはなぜか?
 
  それは月並みの答えかもしれないが、その人のハートなのだと思う
 
 昨日仕事でお会いしたマリ・クリスティーヌさんは60を越えていながら(失礼!)本当に美しくて、清楚なオーラの方であったが、彼女の生き方、姿勢が心身に影響しているのだろう 
 
 ぼくは 男で、50代、しかも禿げというハンディ? を背負っているが、ハートはクリアにしてこれからも日々の生活を大切に送りたいと、酔いつつ祈願している.....
 
 
 
Image_1
 一昨日84歳の誕生日を迎えた我が母
 大酒飲んで、いろいろと口煩いのだが、元気でなりよりなのだ(^^;) 

 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年11月 9日 (水)

トランプ大統領

 職場の気のあった仲間との飲み会で、トランプが次期大統領に決定したと聞いた
 僕は、やはりそうだったのかぁ!! と驚いた
 経済評論家の副島隆彦氏は今年に入って、次期大統領はトランプ氏だと断言し、書籍まで出版していたのだった!
 
Photo
 
 僕は副島氏の10年来のファンであり、書籍を読んだり、講演会に行ったりもしているのだが、評論家として、次期大統領を断言し、出版するといったリスクを冒しながらも、自説に自信をもち表明した副島隆彦氏の姿勢には改めて感服したのだった 
 
 副島氏の学問道場を紹介しておきます 興味ある方は重たい掲示板をご覧ください 
 副島氏がなぜトランプが勝つと判断したかが垣間見れるはずです
 http://www.snsi.jp/
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 7日 (月)

一週間のトピックス(テレビ、吉田類、そして高橋佳子講演会)

 今日はレスリング練習生と柔術の稽古をした

  半月前にグランドポジションをとられたときのコツを教えたら、その後のスパーリングで普段はできなかった返しができたとお礼を言われたので、今日はちょっと違った取り組みを伝授した 
 自分も未熟な修行者だが、こうして格闘系若者と武道稽古をするのもいいもんだと思った
 次回は柔道の亀の崩し方をやろうと言って別れ、そのまま酒屋で生酒を購入して、晩酌をして、こうしてPCに向かっているのだ
Jyunmaidaiginjyou50720ml300
 さて、この1週間のトピックス
(1)先週の日曜日に電源を入れてもブルー画面しか映らず、ブレイクした三菱リアル40インチ・ブルーレイディスク内蔵型 
 
 金曜日に三菱修理担当からの電話があり、ブレイク状況を伝えると、それは基盤の故障であり、取り替えるとかなりの金額になるとのことであった 
 5年くらいでそうなるんかいと聞いたら、最近のテレビの寿命は短くて、5年ならば妥当であるとの返事であった
 
  クレーム対応マニュアルのセリフかと思いつつも、出張費だけで5000円取られるということなので、もうええわ新品買うたる三菱以外ということで電話を切った
 
Img_0587 金曜日は代休でゆっくりしたかったが、テレビを早急に買うことになったので、ネットで調べたりしたが、とりあえず実物を見なければということで、3箇所の電気販売店に行った
 どうしても、金曜日中に欲しかったのだが、ヨドバシカメラが当日配送できるということなのでそこで決めることにした
 4Kのテレビが多かったが、4Kは地上波放送しないとネットで知識を得たので、フルハイビジョンで良しとして、40型とブルーレイレコーダーをセットで購入した 10万円ちょっとであった
 配達時間は午後6時から10時の間で、時間は未定ということなので、晩酌して酔っ払った9時頃に配送業者のあんちゃん達がやってきた 
 
 やはりテレビのある生活はいいなと思った 
 
 三菱テレビをリサイクルに出してしまってから、気がついたのだけど、ここ5年の色々な思い出がつまった録画があったのだ
 ロンドンオリンピックとか、高中正義コンサートとか、特に老後の楽しみにしようとしていた自分が出た数々のニュース番組が葬られてしまったのだった....悔しい!!.(;>_<;)
Img_0591_2
 
 (2)酒場放浪記でまさかのブレイク中の吉田類さんから、色紙を書いて頂いた
 
  部屋に飾ると絶対に酒が進みそうだし、またまた色紙が増えてしまい、部屋に全部飾ると有名人が偶に来る中華料理屋とか焼肉屋のようになってしまうので、類さんどうしましょう (-。-;)   Img_0592_2
 
 
(3)昨日はパシフィコ横浜での高橋佳子講演会に、友人のトータルライフクリニックの医師から招待されて、夫婦で行ってきた 
 開演前に中華街に寄って焼き小龍包を沢山食べたけど美味しかった
 そして、講演はもう感動、感動で、壇上に上がった運命を逆転させたモデルとなった女性がうちの奥さんの知り合いのため、奥さんはずっと泣きっぱなしのご様子であった
 
  以上
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »