« ジャカルタ出張 | トップページ | »

2016年9月25日 (日)

ハドソン川の奇跡

 最近、歳のせいかとにかく慌ただしく生きている実感はあるのだが、先週行ったことや食事内容など、もう殆ど思い出せないでいる

 
 わかっているのは金曜日に全国配信される大事な委員会があって、1ヶ月くらい前から準備していてなんとか1時間弱の時間持ちこたえて、クタクタになった
 その夕方に、行きつけのみず穂から田舎から葡萄が届いたから取りに来いという連絡があり、案の定そのまま呑むハメになって、酔ったマスターとママにもからまれ、疲労と重なりグデングテンになって帰宅し、パンツ一丁で座椅子に座ったまま寝入ってしまった
 
 昨日の土曜は二日酔のまま、夕方から武道稽古があって、他流派の師範と組んで2時間ほど稽古してから、懇親会で地酒を振舞ったり、振舞われたりして、またグデングデンになってしまった
320
 今朝は、やはり酒が残っているのだが、今週から過酷な委員会ロードが本格化するので、今日くらいはリフレッシュしようと、奥さんが前から観たがっていた「ハドソン川の奇跡」を日本橋で鑑賞してきた
 
 
  あの有名なハドソン川の奇跡と云われる飛行機事故とその顛末をクリント・イーストウッド監督、トム・ハンクス主演という贅沢なコンビで、素晴らしい映画に仕立ててくれた
 
 英雄と称されるサリー機長の存在感もすごいのだが、僕が一番こころに残ったのは、飛行機が墜落しはじめたときのキャビンアテンダントの冷静なプロ的対応と、着水後に救助に向かったレスキューや、フェリーボートといったチームプレイの見事さだった 
 
 ここんところ色々と悪口を言われているアメリカ国だが、このヒューマニティーとアクティビティのダイナミックさは、この国でなければ出せないなと思った 
 
 帰宅してからも、まだその映画の余韻は残っている
 
 これから晩酌するのだが、酔って台無しにせず、この余韻を燃料にして来週からの緊張感溢れるロードに突入したいものだと思った(^^;) 
※ネットで今月14日にフジテレビで放映されたNO 1歌姫決定戦第1回夢のステージで歌えるコンテスト」をちょっと観ていたら、出演していたインドネシア女性歌手の通訳が、僕が今月ジャカルタ出張したときに通訳してくれていたAさん(とても若い娘)ではないか!
確かに、今月に訪日してフジテレビに行くと言っていたのだが、そういうことだったか*^-^)!!

|

« ジャカルタ出張 | トップページ | »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531400/64255120

この記事へのトラックバック一覧です: ハドソン川の奇跡:

« ジャカルタ出張 | トップページ | »