« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月31日 (日)

シン・ゴジラは危機管理映画

 昨日の隅田川花火大会は本当に凄い人出であった

 この平和な日本にもテロの脅威が叫ばれるようになり、今大会でもテロ対策のために軽機関銃を持ったERT(緊急時対応部隊)配置や、暴走車の侵入を阻むために大型車両で主要道路を塞いだ
 今年の隅田川花火大会は多くのメディアに、テロ関連で報道されたが、無事に終了して本当に良かった
 
 さて、今日は花火大会の疲れもあったが、明日からの仕事で頑張るために気分転換しようと、今夜は話題の「シン・ゴジラ」を観に行ってきた 
Singozilla_sashikae2
 ずっとハリウッド版ゴジラに期待を裏切られ続けていたので、今さら日本のゴジラかよとバカにしていたのだが、かなり評判がいいので、実際に劇場に足を運んでみた
 
 結論から言うと、今まで裏切られ続けた平成のゴジラ作品群と比較すると、よく出来た作品であり、東京の街が破壊されていく場面も大迫力で、劇場で観るべき作品である
 
 そして、もうひとつ重要なことは、この映画はアクションSF映画の部類だが、実は危機管理対応シミュレーション映画でもあるのだ 否! 後者の部類かもしれない 
 
 想定外の巨大生物の出現に国家、自治体はどう対応していくのかが、リアルに描かれており、これに大半の時間が費やされるので、オコチャマはついてこれまい
 
 映画を観ながらも、昨日のテロ対応の記憶が蘇ってきて、考えさせられることも多かったのだが、出来るだけたくさんの方々に観ていただきたいし、特に政治や、自治体、危機管理関係の方々には是非ご覧いただきたい作品であった
 
 防衛大臣役の余貴美子さんが、小池百合子氏とダブって仕方がなかったのだが、帰宅して晩酌時につけたテレビで小池氏が都知事に当選なさっていたので、不思議なご縁を感じてしまった(^^;) 
 ※ゴジラで思い出すのは、数年前に読んだ内田樹先生の文章である
 ご参考まで一部分をご紹介しておく
 
 国際関係論では「危険」を「リスク」と「デインジャー」に使い分ける。

リスクというのは「マネージ」したり、「コントロール」したり、「ヘッジ」したりできる危険のことである。デインジャーというのは、そういう手立てがまったく効かない種類の危険のことである。
サッカーの試合で、残り時間5分で1点のビハインドというのはリスクである。サッカースタジアムにゴジラが来襲してきて、人々を踏みつぶし始めるというのはデインジャーである。
デインジャーとはまさかそんなことが起こるとは誰も予測しなかったために、そのためのマニュアルもガイドラインもない事態のことである。

私たちの社会は戦後67年間例外的な平和と繁栄のうちに安んじていた。そのために、リスク対応はできるが、デインジャーに対応するとはどういうことかを考えることをだいぶ前に止めてしまった。
東日本大震災と福島原発事故はデインジャーがどういうものか、私たちに改めて教えてくれた。............

http://blog.tatsuru.com/2012/07/18_1123.php

※実は僕のディンジャーはゴジラではなく、UFOである

 僕の存命中に宇宙人が正体を現したときに、どう振る舞えるかということを風呂に入りながら、酩酊しながら考えてきた 

 これを人様に正直に話すと、まったく相手にされないのだが.......

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月28日 (木)

演歌業界

 今日は炎天下の中を、警察関係の方々と数時間歩いたため、かなり日焼けしてしまった

 
 そうして疲労困憊しつつも、夜は演歌歌手のみなさんのパーティーに出席した 
 演歌歌手十数名と作曲家、スタッフだけで約30名の宴会であり、業界外は僕とうちのスタッフのカマちゃんだけである
 
 僕が挨拶と乾杯をすることになったが、乾杯は演歌とは無縁の27歳のカマちゃんにさせてみた 
 
 最初は当然、カマちゃんは嫌がったが、歌手の皆様を待つ間に酔っ払ったので、やってみますということになった
 
 スピーチでカマちゃんが自分は青森出身ですと言った途端に、会場の雰囲気が変わった
 それは多分、演歌歌手の方々は地方出身者が多いからだろうと思った
 
 その後、演歌歌手の方々が一人一人壇上でスピーチしていたのだが、お酒を飲んだり、オードブル食べていたのは僕とカマちゃんだけでみなさんは真剣に聴いていらっしゃった
 
 特に演歌界の大御所のKさんの存在感はすごかったなあ 
 
 演歌業界というのはきちんと先輩後輩の序列があり、礼節を重んじる業界であると僕は察したのである 
 
 カマちゃんは一生の思い出になりましたと言いながら、オードブルのサンドウィッチ2パックをカバンに入れて帰っていったのであった
 
 軽いポップスが主流の音楽業界にあって、歌唱力、忍耐力、人間味が必要な演歌歌手の方々を尊敬した夜であった
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月11日 (月)

インデペンデンス・デイ リサージェンス

昨日の日曜は仕事だったので、本日は代休をとった
午前はビジネス関係の書籍を読み、ゆで太朗で納豆定食を食べて、クリーニング屋に行ってから、パン屋でコッペパンを買い、帰宅して中村雷蔵主演の「陸軍中野学校」をamazonプライムで鑑賞していた
 
 そして、奥さんから定時にあがれるとのメールがあり、合流して公開されたばかりの「インデペンデンスデイ リサージェンス」を観に行くことにした
 夜の鑑賞なので、堂々とビールと酎ハイとおつまみを準備して、会場入りした
 思っていたより、かなり空いており、余裕をもって鑑賞できたのだが.....
200_2
 本作はネット上ではかなり手厳しい点数がつけられていたのだが、僕は20年前に独りで第一作目を新宿で観て途中3回ほど泣いてしまい、それから居酒屋にいった記憶がある。 
 本作がどれほど低バカ映画と罵られていても、俺は見捨てないぞ! という応援するような気持ちで仕事帰りの奥さんと合流して映画館に向かっていった
 
 しかし!....映画の方は、冒頭から登場人物が複雑に多く入れ込んでくるのだが、まったく感情移入ができない 
 バカ映画に感情移入は不必要でスリルとアクションがあればいいという意見もあろうが、前半はたいした山場もなく、ダラダラと人間関係が続いていくような展開だ 
 
 エイリアン母船が地球を襲う場面は凄いCGだと思ったが、戦闘シーンもスターウォーズもどきで既視感があり、白けてしまった 
 
 これほどハラハラドキドキしないSF、おバカ映画は珍しい 
  ご都合主義と他のSF映画を繋ぎ合わせたような、まったく新しさを感じさせない映画であった
 第一作で3度涙を流した俺としては、どうしても本作は軽いノリで虚しくなってしまった
 
 「陸軍中野学校」が、予想外に面白かったため、その数千倍、数万倍の製作費? をかけておいてこのザマはなんだ!!と怒っているのだ!!!
 
 20年前の金字塔をぶちこわされたような気持ちで、帰宅して、酒を飲みながら、このように愚痴っている俺って、やはりおバカでしょうか!(´;ω;`)
 
 一昨日観た低予算の日本映画「悪夢のエレベーター」も予想外に面白かっただけに、より一層失望感が強くなったのかもしれない
 
 
※永六輔さんが本日亡くなられた 
 
 僕は中学3年生のときに永さんの歌に衝撃を受け、その人間観や生き方を永さんが作詞し、中村八大さんが作曲したLP「六輔その世界」を毎日のように聴き続けた  
Photo
 高校受験時にも永六輔、野坂昭如、小沢昭一の「中年御三家」のライブLPを聴き続けた 
 ませた中学生だったかもしれないが、確実に永六輔さんは僕の人生に入り込んだ先輩であった
 
 そして永さんに影響を与えた映画評論家の淀川長治さんは、僕にも多大な影響を与えることになった
 僕を映画少年にしたのは永さんと、淀川さんだった
 
 永さん、どうもありがとうございました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 5日 (火)

 昨日は本当に久しぶりにお酒を飲まなかった

 そのせいか今朝は心身もスッキリしていたような気が(あくまでも)していた
 そして、当然今夜は隅田川沿いの居酒屋でビール、焼酎、日本酒をグッと飲み、帰宅してからもこうして飲んでいるのだ
 さて、最近はある件があってマスコミから取材を受ける機会が増え、テレビにも数回出ることになってしまったが、別件でもNHKや新聞に取り上げられて、結構露出度が増加した 
 メティア対応用にハゲ隠しのためにカツラを作ると冗談でいったら、真に受ける方々が多いので、戸惑ってしまった
 ハゲで何故悪い!!
  (地獄でなぜ悪い)これも仕事上お付き合いがあった映画
 
 おやすみなさい
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »