« | トップページ | 音の破壊力 »

2016年6月19日 (日)

大使館公邸

 数日前に突然、I大使館から公邸ディナーへの招待状が届いた

 
 僕にとって公邸のディナーというのは初めての経験なので、色々と疑問と不安が湧いてきた
 「こういうのって、日本と違って夫婦同伴がふつうなのではないか」
 「英語が乳幼児並みの僕の英語力で大丈夫か、通訳はいるのか」
 「立食なのか、着席なのか? 料理が鶏肉が中心だったらどうしよう、僕は鶏がだめなのだ」.......
 
 などと考えているうちに当日になったので、「まぁ人生は経験が大事だから、これも楽しく受け止めよう」ということに気持ちを変えて、話題ネタのためにI国について改めてインターネットで調べることにした(といっても、YOUTUBEでオバカな映像をみたりしていたのだが.....)
 
 それからお土産は日本の伝統工芸品となぜか浅草の「デンキブラン」を持参することにした
 
 だが!!、驚いたことに公邸に向かう途中に気づいたのだが、スーツの上と下が違っているではないか!!  アイロン掛けをするときに上着と同じ縞模様の別物のスラックスを間違えてしまったのだ! まぁ、紺と黒だから室内ならばれないかと開き直ることにした
 
さて、ディナーの時間は午後7時半と書いてあったので、10分前に夫婦で訪問したところ、客人は僕たちしかいない
 ゴージャスな応接間のソファで公使夫婦と 僕たち夫婦が対面するカタチとなった
 
 なんとかたどたどしい英語力を使って、会話をしていたのだが、万が一この状況が数時間続いたどうしようかと不安であった (-。-;) 
 
 すると10分後に、チャイムが鳴って、日本語をしゃべるゲストがやってきたので、一安心した 
 
 それから、他国(欧州)の公使、海軍大佐や、弁護士、貿易商などがやってきた
 日本人は外務省の元特命全権大使とか、なぜか軍事専門家がいた 
 
 軍事専門家とは射撃のはなしで盛り上がったのだが、もちろん外国要人たちには僕がガンマニアだということは黙っているつもりであった 
 ...が、勝手にビールを数杯注文してほろ酔いになってきたので、僕の悪い癖で、公使に僕はガンマニアだとカミングアウトしてしまったら、なぜ平和な日本人が!?という顔をされてしまった(^^;)   
 
 あっという間に時間は過ぎたが、立食パーティーを開催することによって、様々な人種、職業の人々を招待し交流しながら、在日大使館の要人たちはネットワークをつくっているのだと実感できた
もちろん僕も充実した時間を過ごせた 
 
 当然帰宅してからは、緊張がほぐれたこともあり、公邸ではオーダーできなかった酎ハイで呑み直したのである(^^) 
 

|

« | トップページ | 音の破壊力 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531400/63798667

この記事へのトラックバック一覧です: 大使館公邸:

« | トップページ | 音の破壊力 »