« 帯津良一先生にすがる | トップページ | »

2016年3月23日 (水)

冠光寺の痣

 今日、うちの奥さんがこれ見て!と言って、脚を指差した 

Img_0249Img_0246 決して僕がDVをしたのではない (されることはあったとしても (-。-;))
 3日前の冠光寺流柔術の稽古で受けた打撃の痕である
 世ではスピ系、トンデモ系といわれていそうだが、実は、結構シビアなのだよ
 
 実は僕の脚にも、昨日までは、稽古での大男との蹴り合いの痣が残っていたのだった
 (これ以外にも、小柄な女性からホディパンチをもらった。通常の筋力に頼った突きには耐えられたが、冠光寺流の突きには相当苦しめられたのだった) 
 
 痛かったが、とても良い稽古ができた
 

|

« 帯津良一先生にすがる | トップページ | »

武道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531400/63387051

この記事へのトラックバック一覧です: 冠光寺の痣:

« 帯津良一先生にすがる | トップページ | »