« 新春男の作法「男は多趣味であるべし」 | トップページ | 天龍源一郎 »

2016年1月 3日 (日)

イニシエーション

 今日は地元の牛嶋神社に初詣にいって、ゆで太朗でおそばを食べてから、半日読書に勤しんだ。

 
 本の名前は「イニシエーション」  
51bpbulvlal_sx336_bo1204203200__3
AMAZONの紹介文
 
世界17ヵ国語に翻訳、数百万部のベストセラー、待望の日本語版!
夢か、それとも現実か?
大ピラミッドのイニシエーションから、数千年の時を経て
ついに今、果たされる〈自己〉との完全なる合一!
幼い頃から、なぜか繰り返される夢、ビジョン、まだ見ぬ故郷への憧憬・・・
それは古代エジプトで女性神官として生きた過去生の記憶だった。
時空を超えた、壮大な覚醒の物語。
これは20世紀に生きた一人の女性の魂の軌跡であると同時に、
人類普遍の愛の物語です。
この本を読むこと自体が、イニシエーションの一部です。
 
 この本は保江邦夫先生がおすすめというので、買って読んでみた。
 とにかく704ページという分厚い本なのだが、暮れに2割ほど読んでおり、残りを何とか本日読破いたしました
 
 内容は濃い濃い、途中に幾何学的な説明もでてくるし、ノンフィクションのようで冒険小説のようでもあり、とにかく量、質とも圧倒される内容で、巷のスピリチュアル本が戯れに思えるほどであった。 
 
 僕もスピ系の本はけっこう読んでおり、最近は食傷気味で手にしなかったが、この本は僕をノックアウトした!
 
.................保江先生、そういうことなのですね!
 
 
 かなり長期間、12月はずっとヘビーに飲み続け、新年になってからもヘビーな毎日で、今日くらいは本当に久しぶりに休肝日にしようと思ったのだが、夕飯は奥さんが僕の好物のアヒージョを作ってくれたたため、赤ワインを買いに行ってしまい、食後もこうしてワインを飲みながらPCに向かっている。 
Main_2
 食事をしながら、正月録画しておいたEテレの浦沢直樹と東村アキコの対談を観ていたら、漫画家たちのプロ根性と努力に感銘しつつ、現在の自分は本当のプロになっているかと自省しました...... (-。-;)
 

|

« 新春男の作法「男は多趣味であるべし」 | トップページ | 天龍源一郎 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531400/62996533

この記事へのトラックバック一覧です: イニシエーション:

« 新春男の作法「男は多趣味であるべし」 | トップページ | 天龍源一郎 »