« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月27日 (水)

暗殺教室

 「生存教室」という新書を読んで、そこで紹介されているコミックの「暗殺教室」の1~10巻までをこの数日間で読み、今夜はツタヤで借りた映画版を晩酌しつつ観た。

 512cyv9lizl_sx300_bo1204203200__3 正直申し上げて「生存教室」自体は、あまり面白いとは思わなかったのだが、ジャンプ連載の「暗殺教室」という僕が普段は全く関心をもたない分野にスポットを当ててくれた点は、大いに感謝する。 
 詳細は省くが、先生を暗殺するという異常な目的をもった落ちこぼれの生徒たちが、暗殺者として成長していく過程を通して、教育とは何かを考えさせる不思議なマンガなのであった。 
 
 暗殺者としての成長というと、殺傷能力の習熟というイメージになりがちだが、この物語は真の暗殺者になるためには、総合的な知力が必要だということで、落ちこぼれクラスの生徒たちに、学力テストでの高得点に挑戦させる。こうして文章で書くと、妙に教訓じみてしまい、真意が伝わりづらいが、プロになることの厳しさと意味を、このパロディ漫画はストレートに訴えてくるのだ。  
F596ab12dcc341fd3287e3b99f4837cb_2 かつて教育は、諸外国から脅威に対抗すへく、または諸国の中で少しでも優位にたつべく目的があって成り立ってきた。しかし、現在の教育は曖昧で観念的な人間形成といったベースに基づきながらも、経済競争に組み入れられているような印象がある。 
 
 どこか、手に取るような、身に沁み入るような手応えがないまま、学習システムに推し進められて人間はどこまで成長できるのだろうか。
 
 「暗殺」というのはかなり極端なコンセプトではあるが、人間は心身が没入するようなテーマ設定があってこそ、可能性が開花していく。 そのことをこの変なマンガは教えてくれているような気がする。
 
 それはきっと教育だけではなく、経営も、社会活動も、ひょっとしたら生活全体にも当てはまるように感じたのだが、どうなんだろう....。
 ※昨年、このマンガの映画ポスターを観た瞬間に、日本映画界はここまでコドモに媚びをうらなければならないほど、落ちぶれたのかと呆れた記憶があるのだが、このように物事を表面的に捉え、批判するオジサンの不甲斐のなさを笑ってほしい......
 

Photo_2

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月24日 (日)

綺麗な園まりさん

 今日は親友のドクターに誘われ、パシフィコ横浜で行なわれたGLA「新年の集い」に参加してきた。衛生中継で仙台、石川、岡山にも中継され、1万人規模のイベントらしい。 

 
 高橋佳子氏の講演の途中から、歌手の園まりさんがステージに招かれ、彼女の人生を闇と光の部分から掘り下げる対話が行なわれた。71歳になるという園まりさんは、年齢を感じさせず、むしろ若々しく、瑞々しかったのが印象的であった。 
 (対話の最後に彼女が歌手としてではなく、人間「園まり」として歌ってくれた「逢いたくて逢いたくて」は、胸に沁みました.....)
 2011maritop08
 
 
 今日の「新年の集い」では、一年の指針となる神理カード(12種類)の1枚をというのを手渡されるのだが、奥さんは「川のこころ」、僕は「観音のこころ」であった。 
 それについては「12の菩提心」という本にも、詳しく書かれているそうである。
 
 そうして終演後、とても清々しい気持ちになって、会場を後にしたのだが、せっかく横浜に来たのだからと中華街に行って食事をした。そうなれば当然、お酒を飲むことになってしまい、ビール、焼酎、紹興酒、金木犀ワイン....と頼んで酔ってしまった。
 
 そして、店でのほろ酔い中に母からの留守電に気づいた。母は赤坂で食事したのだが、浅草に帰ってから部屋の鍵を失くして入れないとのことだった!!  慌てて母に電話したら、姪に頼んでカギ業者に来てもらうとのことで、結局カギ開けで2万円もとられたらしい。
 
  もうなんて、ダラシナイ!! (`Д´)........となりそうだったが、本日の園まりさんの苦労されられたお父さんとの感動的な再結のハナシを思い出し、母と姪にご苦労様と連絡したのである。
 
 今日は気温は寒くても、心はとても神聖であたたかくて良い一日であった。(最後に酔ってしまったことが申し訳ない) (o^-^o)
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月13日 (水)

血管年齢

 年末からの暴飲暴食が未だに続いており、さすがにカラダにどんよりとした疲れを感じていたので、今日の夕方に友人の医師からプラセンタのツボ打ち注射をしてもらった。 

 血圧を測定してくれたナースから、血圧が高めなので一度、血管年齢を測定したらいいといわれて、そのまま決行となった。 
 サウナ着のようなものに着替えてから、ベッドに横たわり、腕や足に血圧を測るような器具を装着され、数分で検査は終了した。 
 俺は50半ばにして、毎日酒を喰らい、昨夜は居酒屋から帰宅して、そのままカップ焼きさばの一平ちゃんを食べてしまうくらい、滅茶苦茶な男や。ひょっとしたら、血管ポロボロになって、70代とかの結果になったらどないしよう.... (-。-;) とヒヤヒヤしたのであった。
 
 
........ さて、その結果は
Dsc_0464 
  「血管の硬さは40代後半に相当します。」という結果であった。
  僕の日常の無茶ぶりを知っている友人のA医師はちょっと残念そうだったたが、まぁ動脈硬化の心配はないというお墨付きを与えてくれた。
 本当は30代後半ならばカッコイイんだけどと思いつつも、これも365日毎日の冷水かぶりのおかげかもしれないと感謝しつつ、そのお祝いにと、奥さんと浅草の鮨屋でビール、焼酎、地酒を飲み、帰宅してからもワインを飲んで、こんなことを書いているアタシなのです...(^^;) 
 
 ※このプログを読んでいる方の中には、僕が酒ばっか飲んだり、エアガン撃ったり、映画観たりと、お気楽な生活をしていると思っていらっしゃる御仁もいらっしゃるかもしれませんが、実は仕事はかなりハードなのです(弁解っぽい!)。
今日もクタクタになって友人医師のところに行きましたぁ(まあ、仕事だけではなく、酒疲れもありますが....) 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月11日 (月)

天龍源一郎

 先週末に書店に寄ったら、昨年11月に引退した天龍源一郎の本があったので購入した。

 なぜならば、僕は天龍に惚れて、いい夢をみさせてもらった恩があるからだ。 
 
51v548sjutl_sx340_bo1204203200__2
 僕は若い時は猪木信者であり、新日本プロレスを愛していた。しかし、プロレスブーム時代に突入して、派手な演出やクーデター騒ぎやらで、胡散臭さを感じていた頃に、天龍のストレートで妥協しないファイトを観た。
 天龍の鍛えられた肉体から発するオーラや、彼の凄まじい肉弾戦は僕を釘付けにした。
 
 そして、何より天龍の笑顔がとても素敵で、男が男に惚れるというのはこういうことなのだろうか。
 僕は色々なプロレス団体の試合を観てきたが、特に天龍の旗揚げしたWARという団体が大好きだった(6年位で終わってしまったが)。本当に面白かったなぁ。
 Photo_3 ご存知のように天龍の入場曲は高中正義の「サンダーストーム」だが、僕が30代前半でアウェイの新しい職場に異動したときは、ウォークマンでこの曲を聴きながら職場に通勤して、自分を奮い立たせるようにしていたことを思い出す。 
 
 以前、天龍選手とはあるパーティーでお会いしたことがある。 
 僕は車椅子の少年を同伴させていて、天龍選手が記念撮影をするのに彼を抱っこしてくれたのだが、カメラのバッテリー状態がよくなくて、復旧までに1分程の時間がかかってしまった。その間、天龍選手は嫌な顔ひとつせずに、笑顔で障害をもった少年をずっと抱きかかえていてくれた。強くて優しいひとだなぁと感心した。 
 
 今日は、購入した本を一気に読んだ。 
 無骨で我儘で努力家で、家族に多大な迷惑をかけながら、家族から愛されていた大将「天龍」の破天荒な人生のありのままが描かれていた。 
 
 男が惚れる男「天龍」よ"!
 
  プロレスではない世界にも、大将をモデルに生きようとする男がいることを忘れないでほしい....
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 3日 (日)

イニシエーション

 今日は地元の牛嶋神社に初詣にいって、ゆで太朗でおそばを食べてから、半日読書に勤しんだ。

 
 本の名前は「イニシエーション」  
51bpbulvlal_sx336_bo1204203200__3
AMAZONの紹介文
 
世界17ヵ国語に翻訳、数百万部のベストセラー、待望の日本語版!
夢か、それとも現実か?
大ピラミッドのイニシエーションから、数千年の時を経て
ついに今、果たされる〈自己〉との完全なる合一!
幼い頃から、なぜか繰り返される夢、ビジョン、まだ見ぬ故郷への憧憬・・・
それは古代エジプトで女性神官として生きた過去生の記憶だった。
時空を超えた、壮大な覚醒の物語。
これは20世紀に生きた一人の女性の魂の軌跡であると同時に、
人類普遍の愛の物語です。
この本を読むこと自体が、イニシエーションの一部です。
 
 この本は保江邦夫先生がおすすめというので、買って読んでみた。
 とにかく704ページという分厚い本なのだが、暮れに2割ほど読んでおり、残りを何とか本日読破いたしました
 
 内容は濃い濃い、途中に幾何学的な説明もでてくるし、ノンフィクションのようで冒険小説のようでもあり、とにかく量、質とも圧倒される内容で、巷のスピリチュアル本が戯れに思えるほどであった。 
 
 僕もスピ系の本はけっこう読んでおり、最近は食傷気味で手にしなかったが、この本は僕をノックアウトした!
 
.................保江先生、そういうことなのですね!
 
 
 かなり長期間、12月はずっとヘビーに飲み続け、新年になってからもヘビーな毎日で、今日くらいは本当に久しぶりに休肝日にしようと思ったのだが、夕飯は奥さんが僕の好物のアヒージョを作ってくれたたため、赤ワインを買いに行ってしまい、食後もこうしてワインを飲みながらPCに向かっている。 
Main_2
 食事をしながら、正月録画しておいたEテレの浦沢直樹と東村アキコの対談を観ていたら、漫画家たちのプロ根性と努力に感銘しつつ、現在の自分は本当のプロになっているかと自省しました...... (-。-;)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 2日 (土)

新春男の作法「男は多趣味であるべし」

 正月早々であるが、今朝は歌舞伎のお仕事があり、初仕事をした。

 午後からは、奥さんの実家に新年のご挨拶に行った。 
 美味しいおせち料理とお酒を頂きながら、ある程度お腹も落ち着いてきたところで、持参したガスガンと粘着ターゲットを取り出した。 
 
 義父は鉄道模型や、プラモデルといった部類が趣味であり、僕の趣味にも共通するところもあり、今回は銃をプレゼントしようと思い、リュックで運んだのであった。 
 
 やはり、想像通り、ガスガンの威力に驚かれたようで、興味深々に銃を眺めていたので、義父に差し上げますと言ったら、大変に喜ばれた御様子。 
 まぁそれにしても、正月に中年と老年が二人でガスガンを手にしてターゲットに撃っている姿はなんともいえないだろうが.... (-。-;) 
 
  しかも、それから何と義父は自室から、吹き矢と的をもってきて、実演してみせたのだ! 吹き矢を的に当てるために、レコード針を使って自家製の矢も作成したとのこと。何と多趣味であろうか!
1451720388814_2
 
 その後、義父の秘密部屋に行くと、そこでは天井近くに2車線のレールがひいてあり、電車が走っている。しかも電動式の車両基地まであるのだ! これは凄いぞ!!
1451720925953_2
 
 78歳になる義父の幅広い趣味の世界を見て、やはり男はこうあるべし!?と新年早々に自省したおじさんなのであった(^^;) 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大晦日

 2015年の大晦日は我ら夫婦と母、そしてりっちゃんの4人で山中湖にて年越しをすることとなった。 

 まずは、冨士山五合目までクルマで登った後、なんと中年男女と老女とで、冨士サファリパークに行く羽目となった。
Img_0170Img_0173_3
 そして、宿についてからは、紅白歌合戦を観ながら、ダラダラとしていたのでした
Img_0196  
 
 元旦の朝は、皆が朝寝坊のため、僕だけがクルマを走らせて山中湖で素晴らしい富士山と初日の出を拝んだのです(^_^)
 
Img_0212
 Img_0204_2
                今年も健やかで、良き年となりますように
 
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »