«  酔っ払いの独り言 | トップページ | »

2015年12月20日 (日)

スター・ウォーズ/フォースの覚醒

 昨夜は武道稽古の後、忘年会も盛り上がってかなり飲んでしまい、寝るのも遅くなってしまった。今朝は仕事疲れも溜まっており、今日の日曜日くらいはのんびりと過ごそうかとも思っていたのだが、ダラダラと貴重な休日を過ごすのはもったいので、公開されたばかりの「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」を日本橋まで観にいくことにした。

 
 この世界的超大作については、公開前のマスコミの盛り上げが凄かったので興ざめしたのと、ep4~6はスターウォーズ作品としては、悲壮感が漂っていたので、あまり好みではなかったこともあり、まぁ公開後一ヶ月くらいしたら空くだろうから観にいってみようかというような印象であった。 
 
 しかし、なぜか、フォースが武道の合氣に通するという説もあり、突然、観にいくべしと思い立ち、朝にネット予約をして、午後12時の回に奥さんと出かけた。当然、座席はほぼ満席である。  
Poster2
 映画の冒頭から、数十年前の興奮が蘇ってきた。 
 もう、これで参ってしまった。
 
 そうだ、クドクドと説明するのはやめよう。
 
 物語としてのあらゆる要素が凝縮され、迫力ある映像に興奮する素晴らしい作品であった。 
 今まで観てきた「トランスフォーマー」や「アベンジャーズ」、蜘蛛男や怪獣といった映画たちも面白かったが、 この宇宙絵巻のもつ壮大なスケール感には到底及ばないと、映画を鑑賞しながら、ふと思ったのだ。 
 
 この映画を学生の時に観てから、30年余り経ったが、今後のスターウォーズの次作品たちを観て、年老いるのだなぁとも思った。 
 
 ということは、僕だけではなく、世界規模の圧倒的な数の同世代を生きた人類は、スターウォーズシリーズとともに人生を生き、終えていくのだと思った。
 
 人生の時間があっという間なのか、スターウォーズがあまりにも長命なのかはわからないけれど。
 
Sw_tfa_sub_03_4_large
 
 ※スターウォーズには、SF、アクション、ロマンス、家族愛、堕落等々の様々な要素が詰まっているが、実はかなりコアな戦争映画ではないのかと思った。弾薬を使わない光線銃だから、スマートにみえるが、あれが薬莢が大量に散らばる映像だったら、随分と映画のイメージが違うだろうなぁと思った。
 
 ※都産業貿易センターでミリタリーの展示会があり、行くかどうか迷ったが、奥さんが行ってきなさいと? 後押ししてくれたので、鑑賞後に行ってみた。なんか凄い人が多くて圧倒されてしまった。行ったら、やはり、買ってしまった。

Dsc_0415

 ※夕方は本所みず穂のマスター、ママと母と浅草で飲んだ。酔ってしまったから、エアガン購入といったちょっと恥ずかしい趣味を正直に書いてしまったのだ (-。-;) 




|

«  酔っ払いの独り言 | トップページ | »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531400/62907801

この記事へのトラックバック一覧です: スター・ウォーズ/フォースの覚醒:

«  酔っ払いの独り言 | トップページ | »