« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月29日 (火)

クリード チャンプを継ぐ男

 僕は若い時からかなりの映画マニアで、10代後半は年間100本の鑑賞を目標としていた。 

 多くの名作があったが、10代の僕に特に影響を与えたベスト3は「燃えよドラゴン」と「ロッキー」、「ザッツ・エンターテイメント」であったような気がする。 
 
  さて、「ロッキー」である。今まで6本のロッキーシリーズを観てきたが、今回はロッキーが宿敵アポロの息子のトレーナーになるという話である。 
200_1
 ネットでは評価がかなり高くて、大感動したとか、途中から男泣きなどといった感想が多くて、いてもたってもいられなくなり、錦糸町の映画館へと繰り出した。錦糸町の映画館はどうもマナーの点でどうかということが多いのだが、今回も溜息や、イビキ、菓子袋を破る音等々が場内を盛り上げていた (-。-;)  
 
  映画の方は、臨場感溢れるファイトシーンや、ビルコンティの音楽などで盛り上がり、一生懸命につくっていることがよくわかった。 
 
 しかし、僕はアクションシーンよりも、年老いたロッキー・バルボアの悲哀と優しさに胸を打たれた。僕にとって、この映画はボクシング映画というよりも、約40年前という歳月を一緒に過ごしたロッキー・バルボアの晩年を物語った映画のように感じた。 
 
  ちょっとハナシが変わるが、数日前に読んだのが「習得への情熱―チェスから武術へ―:上達するための、僕の意識的学習法」
Photo
 著者は映画『ボビー・フィッシャーを探して』のモデルとなり、神童と呼ばれた天才チェスプレイヤージョッシュ・ウェイツキで、長じて卓越した武術家(太極拳推手の世界選手権覇者にして、黒帯の柔術家)となった著者が、トップクラスの競技者になるためのart of learning(習得の技法)を語る。

 この本はチェス、太極拳推手についての技法を語ると共に哲学的な解釈を行なっており、かなり奥深い内容となっている。
 感情、特に怒りに対して、どう冷静に対応していくのかが詳しく書かれていて、いろいろと勉強になったのであるが、今日の映画は怒りとか、渇望とかがモチーフとなったファイトシーンであり、あまりにもマンガチックでちょっと違和感を感じてしまったのだ。勿論、ボクシングは武術ではないのだが。  
 
 .............
 今日は映画を観てから、奥さんと錦糸町の食堂のような居酒屋?で呑んで帰宅したら、母から連絡があり、本所で飲んでいるから来いとのこと。仕上げにカツカレーを食べてきたので、あまり気が進まないまま、合流したら、今年最後の営業日だからとマスターから一升瓶に残った酒を飲み干せと勧められた。
 ロッキー・バルボアだったら、きっとこうするだろうなぁと、一升瓶の酒を酌み交わしたのでした。ロッキーのような男がいたら、僕は毎週のように酒瓶を持って、彼の家に押しかけるだろうなぁ..(*^-^)
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月26日 (土)

職場旅行

 忘年会を兼ねた管理職の旅行があった。場所は鬼怒川温泉である。

 その行程がかなり残酷であり、金曜の夕方に仕事を終えてから午後6時の電車に乗って、8時に鬼怒川温泉駅に着いてから、10分ほどかけてホテルに到着し、8時半からの宴会となる....
 ホワ~イ、ジャパニーズピーポー!!  これじゃせっかく温泉に行っても、湯に浸かれないだろう!!
 
  大半の管理職は、宴会終了後の午後10時から入るか(酔っての入浴は危ないよ!)、翌朝である(温泉ホテルに泊まって朝風呂だけかい!) 
 
 僕のようなものは、こういったスケジュールには耐えられないため、友人の管理職たちと金曜日に休暇を取り、レンタカーを借りて観光をしてからホテルに行くことにした。 
 
 昼に宇都宮で餃子を食べてから、中禅寺湖、華厳の滝に向かった。いろは坂の途中の見晴台でクルマを降りて、大声で叫びこだまを誘った。最近は喘息気味なので、ちょっと不安だったが、叫んだら、こだまこだまこだまで大成功であり、何度も挑戦した。いい歳をした大人たちが、子どものように叫んで、競い合っているのはバカである。 
 
 ホテルに向かう途中で、華やかなイルミネーションがあったので、Uターンしてみたら、そこは東武ワールドスクエアで世界の名所のミニチュアが展示されている観光スポットであった。
 夜間料金1500円、500円の買物券がついているので、かなりお得だ。
 Dsc_0424Dsc_0422  イギリス好きの奥さんのために、バッキンガム宮殿と、ウェストンミンスター寺院を撮って来た 
Dsc_0429_3
  姫路城と東京スカイツリーのコラボもここならでは
Dsc_0425
 
Dsc_0428
 
 光の道も素晴らしかった
 
  翌朝の午前8~10時の間に多くの管理職たちが、帰路についたが、我等はレンタカーで移動し、佐野厄除け大師とアトウレット、佐野ラーメンと、佐野三昧であった。
 
 気乗りしないことでも、いろいろと工夫して、楽しさをつくっていくものだなぁと思った
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月21日 (月)

 本当にこのブログは酔っ払いの独り言である。クダを巻いて誰からも相手にされないので、路上で大声でわめき散らしているようなものだろうか。否ぁ....(;_;) そこまでは行ってないと思うのだけど.......

 勿論、今夜も近所のラーメン屋で餃子と味噌つけ麺をつまみに酎ハイをあおりながらも、帰宅して生酒を飲んで、ニヤニヤしているのである(気持ちわりぃー (-。-;))
 実は今日は、10日ぶりにジムに行ってきた。 
 
 昨日のミリタリーフェアでは、500円位払って、鉄棒に3分ぶら下がっていたら、最新のプレステがもらえるというアトラクションをやっていた。 
 
 おじさんも、ひょっとしたら...と思いつつも、数十人の観客に囲まれているので、断念したのだ。ちなみにおじさんが目撃したのは痩せマッチョの若者がぶら下がっていたのだが、1分でリタイアする羽目となった。 
 おじさんは、ひょっとしたらと思い、ジムでトライしてみた。 
 
 鉄棒にぶら下がって30秒ほどしたら、腕というよりもおなかにきて、腹痛を感じてしまった。そのまま1分たったら、もうどうにでもしてくれという自暴自棄モードとなった。手も背中もお腹もかなりキツイ状態のまま、1分半経ったら、手が滑ってタイムアウトとなった。 
 他のマッチョはどうかと思い、南米出身のJにトライさせてみた。彼は小柄で痩せているが、刺青マッチョである。 結果的には彼は3分なんとか耐えることができた。やはり彼もお腹にきたらしい。 
 来年は、このトレーニングを極めて、500円で最新プレステをものにしようと企む、悪いおじさんなのであった。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月20日 (日)

スター・ウォーズ/フォースの覚醒

 昨夜は武道稽古の後、忘年会も盛り上がってかなり飲んでしまい、寝るのも遅くなってしまった。今朝は仕事疲れも溜まっており、今日の日曜日くらいはのんびりと過ごそうかとも思っていたのだが、ダラダラと貴重な休日を過ごすのはもったいので、公開されたばかりの「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」を日本橋まで観にいくことにした。

 
 この世界的超大作については、公開前のマスコミの盛り上げが凄かったので興ざめしたのと、ep4~6はスターウォーズ作品としては、悲壮感が漂っていたので、あまり好みではなかったこともあり、まぁ公開後一ヶ月くらいしたら空くだろうから観にいってみようかというような印象であった。 
 
 しかし、なぜか、フォースが武道の合氣に通するという説もあり、突然、観にいくべしと思い立ち、朝にネット予約をして、午後12時の回に奥さんと出かけた。当然、座席はほぼ満席である。  
Poster2
 映画の冒頭から、数十年前の興奮が蘇ってきた。 
 もう、これで参ってしまった。
 
 そうだ、クドクドと説明するのはやめよう。
 
 物語としてのあらゆる要素が凝縮され、迫力ある映像に興奮する素晴らしい作品であった。 
 今まで観てきた「トランスフォーマー」や「アベンジャーズ」、蜘蛛男や怪獣といった映画たちも面白かったが、 この宇宙絵巻のもつ壮大なスケール感には到底及ばないと、映画を鑑賞しながら、ふと思ったのだ。 
 
 この映画を学生の時に観てから、30年余り経ったが、今後のスターウォーズの次作品たちを観て、年老いるのだなぁとも思った。 
 
 ということは、僕だけではなく、世界規模の圧倒的な数の同世代を生きた人類は、スターウォーズシリーズとともに人生を生き、終えていくのだと思った。
 
 人生の時間があっという間なのか、スターウォーズがあまりにも長命なのかはわからないけれど。
 
Sw_tfa_sub_03_4_large
 
 ※スターウォーズには、SF、アクション、ロマンス、家族愛、堕落等々の様々な要素が詰まっているが、実はかなりコアな戦争映画ではないのかと思った。弾薬を使わない光線銃だから、スマートにみえるが、あれが薬莢が大量に散らばる映像だったら、随分と映画のイメージが違うだろうなぁと思った。
 
 ※都産業貿易センターでミリタリーの展示会があり、行くかどうか迷ったが、奥さんが行ってきなさいと? 後押ししてくれたので、鑑賞後に行ってみた。なんか凄い人が多くて圧倒されてしまった。行ったら、やはり、買ってしまった。

Dsc_0415

 ※夕方は本所みず穂のマスター、ママと母と浅草で飲んだ。酔ってしまったから、エアガン購入といったちょっと恥ずかしい趣味を正直に書いてしまったのだ (-。-;) 




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月17日 (木)

 酔っ払いの独り言

 おじさんはここのところ、ぼうねんかいしーずんということもあり、まいにちのようにのんでいる(いえでものんでいるのでほんとうにまいにちだが)  こんやもたくさんのんできたのだけど、ちょっとかんじることがあるのでこうしてぱそこんにむかっている(-。-;)

 実はおじさんは、複数のスピリチュアルヒーラーたちから優しい性格とお墨付きを頂いており(この傲慢さは別として...)、また武道としての合気を修練していることから?、飲み会についても、若い頃とは違った見方をするようになってきた
 かの内田樹先生が合気道と宴会について、おっしゃられたことがあったように、武を極めようとするものは宴会という場でも、適格な動きをしなければならないのだ 
 宴会の幹事となったならば、参加者の立場、人格を考慮して席の配置をどうしたらよいのか、また自分自身がどの場所に座り、場の空気を読みながら適切な話題提供、お酒のオーダーをしなければならない
 
  しかしこれでは、気を使うだけで、疲れるばかりではないのか!!という疑問の声もよぉわかる
 だが、半端な飲み会で、半端な盛りあがりで終始する宴会ほど空しい時間はないのだよ 
 
 それだったら、自分が馬鹿になって話題と笑いを提供し、みんなと楽しく過ごせるならば、それは自分にとっても大切な時間になるのだがら、疲れることなどないのだ 
 
  しかし最近の宴会は、「楽しさ」ということについて、どうも無理矢理感が強まっているような気もしている
 一見楽しそうだが、どうも予定調和的なヤラセくさいのが少なくない!!
 
  飲み会は自身のパーソナリテイーがありのままに湧出してしまう怖ろしい空間でもあるのだ 馬鹿は馬鹿だし、 誤魔化す奴は誤魔化そうとする 
 
 普段、隠し演じている自身の、深層部分がお酒を触媒として、そのまま現れていくのだよ
 
 それは幹事であろうと、年上であろうと、新人であろうと平等に表出する 
 ただ、最近の傾向として老いも若きも、表面だけの酔い方をしているように感じるのは変人のおじさんだからだろうか?
 
かの九州人の名言で「男ばコーヒーば飲んで何を語る!! 酒をば飲まんと何を語る!!」という感動的なものがあったが、おじさんの心境はまさにそれである!!
 
 
 実はおじさんは己れが酔いどれつつも、一緒に飲んだ方々の言動や発するオーラを肌に感じながらその方々のパーソナリテイーを把握し、後に現実的にその感覚が正しかったことを実感することが少なくないのである
 
おじさんは芯からの酔っ払いになりたい
 場当たり的な盛り上がりでお茶を濁そうとするのではなく、誠実な心で馬鹿話をずっとしていたい 
 人からあの人はなんだろうねぇと呆れられつつ、皆を幸せにできる酔っ払いに私はなりたい 
....なんか、酔っ払いがクダをまいて、変なブログを書いてしまってすまない
 ほんとうにすまないm(_ _)m 
 
 sun現在、午前7時半
  昨晩書いたブログを読んだら、言いたいことはわかるが、ちょっと支離滅裂である。まあ、しょうがないからそのまま載せておくことにする.... (-。-;) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月16日 (水)

 あー、アアア-かなり酔ってしまった。

 いつも毎日飲んでいるのだが、特にこの3日間はヘビーである
 
 月曜は電通と全国の地方テレビ局といった面々との総勢20名ほどの懇親会があった。
 初対面の九州某テレビの東京支局員が我が家の近所に住んでいることが判明し、そのまま二人で二次会として本所みず穂でかなり飲んでしまった。驚くことに支局員は僕と同じ番地に住んでおり、なんと二つ隣のマンションだったのだ!不思議なご縁だ!
 
火曜は、突然NHKからのインタビュー取材があり、僕の姿が夜のニュース7とニュースウォッチ9で放映された。その日は二日酔いであったが、テレビ放映の緊張からか、またもやみず穂で飲んだ。しかも、amzzonで届いた生原酒を持参したのだが、度数が18度もあり、アルコール解毒の身体的負担はかなり増大したのだった。
 
 本日水曜は3日酔い?状態だったが、今週はこれからも忘年会が続くため、友人の医師にプラセンタ注射をしてもらった。今夜もイタリアンレストランで忘年会があったが、結局大酒飲みの元部下と、またもやみず穂で二次会となった。
 
 このヘロヘロに酔った状態ですぐに寝るのもどうかと思い、こうしてパソコンで日記を書いているのです(^-^;
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 7日 (月)

50男、厚切りジェイソンの本を買う!

 今、ブレイク中の厚切りジェイソンの本がかなり売れているらしい。

 流暢な日本語と、あの漢字ネタといい、ビジネスでもIT企業の役員である彼には興味があったので、初著の「日本のみなさんにお伝えしたい48のWhy 」を購入した。 
51tzhz8twil_sx339_bo1204203200__2
 おじさんは正直言って、この手のタレント本はどうぜ売らんかなのゴーストライターが書いており、食指が伸びずにいたのだが、金スマに出ていた彼の人生やパーソナリティーを知って興味が湧いた。

 ネットの評判では、大学生向き、若い人にはいいかもといったような、まぁある意味では好意的?な意見が多かったようだが、なぜか無性に読みたくなり、ショッピングに行ったうちの奥さんに頼んで買ってきてもらった。

 彼がツイッターでやっている質疑応答に、解説を加えたものだが、なかなか面白かった。自分で目標を選択し、それに向かってガムシャラに行くような答えが多いので、いかにも欧米人的ではあるようだが、彼は若くしてアメリカ特有のエリート出世競争に勝ちながらも、自分のやりたいことを優先し、転職して日本に来た。 
 
 日本語の勉強を「エンタの神様」のようなお笑いで学んだというのも好感がもてるではないか! 彼のお笑いデビューのきっかけをつくったのが、ザブングルの加藤さんというのも面白かった。 

 おじさんはこれまで、欧米的な成功哲学、自己啓発本をかなり読んだような気がするが、ちょっと飽きてきた。それよりも仕事とお笑い、そして家族(奥さんは8歳年上の日本人)に真面目に向き合い、生き様を通して、自分の夢を実現しようとしている厚切りジェイソンをおじさんはこれからも応援したいと思ったのだった。

 
 ちなみに現在、我が家ではやっているのはTKOの「古いぬいぐるみ」の喋れるようになったぬいぐるみの口調である。「喋れるようになったよう」というのを「喋れるようになたよお~」というような感じである。ばか夫婦である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »