« | トップページ | »

2015年11月15日 (日)

数秘術

  今夜は母の誕生祝いにと、近所の大繁盛しているうなぎ屋さんに行った。

 かなりの行列があり、しばらく待っていたら、友人のYさんから栃木旅行してスカイツリー駅に6時半に着くので、御一緒に一杯どうですかというメールがきたので、すぐにうなぎ屋の食べログ情報を送った。
 結局1時間ほど待ってから、座敷席に案内されて、その10分後にYさんと大阪在住のHさんがやってきた。Hさんとは初対面である。 
 おいしい焼き鳥や、うな重を食べ終えるころ、Hさんが数秘術の達人ということが判明されたので、母、奥さん、僕のことを占ってもらう。 
 
 母に対する性格判断はかなり的確であり、数秘術畏るべしと思った。
 僕に対する占いも、かなりと的を得ていた。
 楽観的、奉仕的?、等々 
 特に僕は色々なしがらみや、枠組みを嫌い、自由に動きたくなる性格のようで、極限状態や危険状態に生きがいを見出すらしい(そういえば、ここ数日泉谷しげるの「野生のバラッド」や「翼なき野郎ども」心に響いていた。)
 
 まさに子どものような性格だが、確かに僕は束縛を嫌い、自由に生きることを選んできた(なかなかそうは生きられないし、束縛激しい仕事にもついているのだが...)
 母はかなり器が広い性格らしいのだが、僕はなんでこんな奴らがいるのかと葛藤しながら、許すことを学ぶ人生らしい。 だから、こういう強烈な母の元に生まれてきたのか.. (-。-;) 
 
 学生の時に高橋信次先生の「大宇宙の波動と生命」という本を読んだことがあり、そのときの自分の魂がもつ数字も数秘術と同じだった記憶がある。数字で人生を決められるのは悔しいが、しかし、またそれを乗り越えることができる魂の力が私たちにはあることを高橋先生から教えられたのも事実。
 
 誕生時の星雲の位置により、自身のベクトルが決まる法則が真実だとしても、それを超えることに生きがい見出す俺の内なるエネルギーがあるのも事実。
 
 神様、ありがとう!!
(すみません、ちょっと酔ってますが...)
 
 「翼なき野郎ども」
 地鳴りする都市よ なぜ俺に力をくれる
 風にならない都市よ なぜ俺に力をくれる

|

« | トップページ | »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531400/62684717

この記事へのトラックバック一覧です: 数秘術:

« | トップページ | »