« | トップページ | テレビを観てキレたオレ »

2015年9月22日 (火)

ビートたけしは愛の人

 今日はしたまちコメディ映画祭でビートたけしのリスペクトライブがあった。

 最後にサンボマスターの演奏でたけしが「浅草キッド」を歌った。
  M_tokyosportsentameentertainment4_2
 「浅草キッド」という曲は以前から知っていたが、成功者が貧乏時代を回想したノスタルジーっぽい歌だなぁという印象しかなかった。
 しかし、今日はたけしが歌った途端に僕の感情が高まってしまい、涙腺が緩み始めた。
 けっして上手いとはいえないたけしの歌唱だが、ライブでの素晴らしい歌唱力をもったプロのアーティストたちには太刀打ちできないほどの、情感と説得力があった。
 そして、所々のギャグが毒をはらみつつも、人間の弱さに共感したような愛あるブラックネタであり、こういった笑いをできるのは現在の日本ではビートたけししかいないような気がする。
 表彰式の後、会場全体で「浅草キッド」を歌ったが、会場が一体となり、皆こころを込めて合唱し、感動的なエンディングとなった。なぜ「浅草キッド」のようなたけしの個人的で地味な唄が、ここまで感動を呼んだのか。それはたけしの人柄と歩んできた歴史の重さがプロのアーティストを凌駕するほどのパワーをもっていたからかもしれない。
 Dsc_0389_2
 ※以前、ビートたけしさんの頭を叩いたこどかあると自慢げに言いましたが、今では尊いお方に申し訳ないことをしたと反省しております(^^;) 
 ※ライブ終了後、「浅草キッド」の影響で、嫁と浅草の居酒屋で酎ハイ数杯と煮込みを頂きました。
 
 

|

« | トップページ | テレビを観てキレたオレ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531400/62333048

この記事へのトラックバック一覧です: ビートたけしは愛の人:

« | トップページ | テレビを観てキレたオレ »