« ムスリムの生き様 | トップページ | テロ対策 »

2015年6月15日 (月)

武道会話術

 今日はある委員会に出席して、質疑を行なった。

 そのために、昨日の日曜も資料整理などを行い、委員会準備をしていた。
 (まあ、夜は晩酌しつつ、ベイマックスを観たりしたのだけど)
 ここんとこ、鼻づまりが酷くて、かなりの鼻声になっていたので、今日は質疑で話すのは嫌だなぁと思いつつ、約30分ほど説明することなった。
 
 本日、帰宅してハンバーグ、スパゲティ、ピザをつまみにビール、焼酎、日本酒を飲む。
 その後、PCに向かい、本日の委員会審議をネットで確認できるため、冷酒を飲みつつ鑑賞したら、如何に自分の説明がタドタドしく、弱弱しいかがわかった。
 
 そのため、ついつい、酒量(主に日本酒)が増えてしまい、現在かなり酔ってなう。
Photo
 
 一昨日の土曜にamazonから届いた剣術作家の多田容子さんの「一発逆転の武術に学ぶ会話術」を一気読みした。内容はまぁ武術といいつつ、一般的な自己啓発的な事項が多いよのぉというのが正直な感想だった。
 
 しかし、最後の方で、 まだ、言葉になっていないものにまで思いを致して話すのが、無に近い話術だと考えられます。とあった。そのまま読み進めると
 
 ここにはいない人、好きな人、嫌いな人、仲間、敵、社会全体、亡くなった人、まだ生まれてない人、人間以外の生き物、無機的な物、自然など、すべてが、実はその場の会話に関連しているのです。そうした「大きな全体」の一部分が自分でもあります。うっすらとでも、心の中でそんなイメージを抱きながら話してみれば、わざわざ私心を消そうと頑張らなくとも、自ずと寛大で視野の広い発言が生まれてくるはずです。 

 多田女史畏るべしと思ったフレーズであった。オイラは負けたと思った。
 
  ......といいつつ、本日は、武道的な会話とはかけ離れた、自己保存、自我我欲的で話してしまった!..................猛反省っす( ̄Д ̄;;

|

« ムスリムの生き様 | トップページ | テロ対策 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

武道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531400/61748074

この記事へのトラックバック一覧です: 武道会話術:

« ムスリムの生き様 | トップページ | テロ対策 »