« | トップページ | »

2015年4月28日 (火)

Images_2

 今夜はイスラム教モスクの代表の方のおうちに招かれ、夕食をご馳走になった。

 イスラム教では飲酒厳禁のため、いつものように夕食時に飲めないのは辛いのだが、カレー各種、牛肉煮、ココナッツ料理等のご馳走が並び、かなり満腹となった。
 途中から、宗教の話題となり、「人間は死んだらどうなると思うのか」というストレートな質問をされて、ドキマギしてしまった。死後の世界はあると確信しているのだが、日本人特有の曖昧さ?そのものの自分が恥ずかしい(ノ_-。)
 最近は、僕は国際づいており、改めてロシア大使館を訪問したのだが、ロシア人の職員の方が神事にお詳しいので、びっくりした。日本人である自分が如何に日本を語れないか、やはり恥ずかしい。
 
 先週末は埼玉の合気達人のところへ行った。最初は草鞋を履いての稽古であり、草履を履くことによって、技に変化が起こり、いとも簡単に相手を倒せた。昔の日本人の身体性が如何に凄かったかを実感できた。
 稽古後、先生と二人で純米酒を飲んだ。空腹だったが、おつまみはせんべい1枚だけで、かなりの量を飲んだため、ずいぶんと酔ってしまった。
 2時間ほどお話ししてから、突然先生が仰向けになり、体重が20キロくらい重たい僕が上になって押さえつける実験をした。先生は何事もなかったように、いとも簡単に寝返りを打たれた。何度も。  逆に僕がやってもダメであった。
 そのまま二人で仰向けのまま、天井を見上げ語りあった。人から見たら変な光景であろうが、なぜか懐かしい感じの時間が過ぎていった。酔拳の話題がでてから、先生が立ち上がり、僕がかかっていったら、簡単に払われた。シラフのときよりも技に透明感があり、冴えているというよりも自然の風そのものであった。
 酔っ払いながら稽古したせいか、先生は天井を見るとグルグル廻っているとおっしゃり、そのまま道場で横になられた。僕も酔いが廻って帰りの電車がかなり辛かった。
 そんな日々を送っております。
 
 ※今夜はせっかくのハラ-ル料理のご馳走を頂いたにも関わらず、こうして帰宅して焼酎と純米酒を飲んでいるオレは、神様に叱られることになるのだろうか......(;;;´Д`)

|

« | トップページ | »

武道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531400/61508879

この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »