« 消息不明のヘリコプター救出作戦!! | トップページ | »

2015年2月 8日 (日)

:結婚式挨拶

 今日は部下の結婚式が原宿で行なわれた。

 天気予報では昼から雨であったが、昼前の挙式であったため、屋外でのフラワーシャワーや集合写真が無事に終了して何よりであった。
 
 僕は主賓挨拶のため、今朝準備していったスピーチを行なうつもりであった。念のため、披露宴の司会に何分くらい話せばいいか尋ねると、2,3分ですという素っ気無いお返事であった。短いスピーチ内容だったとしても、実際はすぐに3分は経ってしまうものなのである。
 スピーチ位置に近いところに座っていた係長にタイムキーパーを頼んで、ウェルカムドリンクのビールを2杯飲んでほろ酔い気分でマイクスタンドの前に立った。100人ほどの披露宴である。 
 それほど緊張していないつもりが、挨拶の定型句である「ご両家のみなさまには心からお祝い申し上げます」とか、「諸先輩方をさしおきまして、はなはだ僭越とは存じますが」などの言い慣れないフレーズを言おうとしたため、舌が円滑に廻らなくなってしまったので、途中からマイクを手に持って矢沢永ちゃんの如くスピーチすることにした。
 主賓挨拶は僕だけだったため、新郎新婦の紹介を簡単にしてから、結婚とは...というスピーチに入った。僕は合気道ネタで、自分とは異質の存在であるはずの相手と、一体化することによる技の変化を喩え話しにして、夫婦のあり方について偉そうに語った。すでに4分を超えていたが、内田先生の結婚と入れ歯は同じであるというネタも付け加えて、結局6分ほどのスピーチとなった。少々長かったが評判はよかったようである。
 
Photo_3
 披露宴が終了して、東京駅前のKITTEで開催されている北陸新幹線のイベントに顔を出してから、午後3時に帰宅し、録画しておいた「マージンコール」を観る。リーマンブラザースによる世界金融危機をモデルにして、崩壊前夜の投資銀行たちの行動を描いた映画である。低予算映画だが、アメリカの証券業界をリアルに再現しており面白かった。
026_02_2
 そして、午後5時から続けて録画していた映画「天のしずく 辰己芳子 いのちのスープ」
を観る。料理家・作家 辰巳芳子のドキュメンタリー映画であり、食を通しての「いのちと愛」を描いている。
 
 「マージンコール」のお金と権力への欲望ギラギラの弱肉強食資本主義とはまったく相対する「天のしずく」は自然と共存して、そのいのちを食として頂き、ヒトが人となっていく在り方を描いた作品であった。 
 
 .....ということで、今日は昼前から一日呑み続けているのだが、これからは汁物、スープを大事にして、積極的に摂取しようと決意したのであった。
 
 bar主賓挨拶が終わり、席に戻って、タイムキーパー係長から、合気道のネタは色々なところに使えますねと言われたことを、いま思い出した。
 そうなのだよ。合気道を含めた武道は、結婚だけでなくて、仕事、社会とのつながりや、人生の立ち振舞いをご教示してくれる有り難くも頼もしい存在なのだよ!

|

« 消息不明のヘリコプター救出作戦!! | トップページ | »

武道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531400/61106251

この記事へのトラックバック一覧です: :結婚式挨拶:

« 消息不明のヘリコプター救出作戦!! | トップページ | »