« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月23日 (月)

アメリカン・スナイパー

 今日の午後は代休のため、やはり本日代休の奥さんと合流した。今日は彼女の誕生日のため渋谷の「ロゴスキー」という歴史のあるロシア料理店でランチ。

 その後、クリントイーストウッド監督の「アメリカンスナイパー」を日本橋で鑑賞。イラク戦争で米軍史上最強といわれた狙撃手クリス・カイルの自伝を映画化した作品である。
 なかなか、緊張は続くし、残虐シーンもある映画なので、よりによって誕生日に何でこのような悲惨な映画を観せるのかと、奥さんから責められるのではないかと不安になりつつ、ラストシーンではなんとも切ない気持ちになった。そして、エンドロールは無音である。
 
200
 
 あらゆる意味で、日本ではつくれない映画である。
 クリント・イーストウッド84歳.......こういう人がいるからアメリカは侮れないのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月21日 (土)

 昨夜は82歳のお袋と蔵前の居酒屋に入った。お袋はずっと喋りっぱなしなので、こちらは当然口数が少なくなり、お酒を飲むピッチも速くなってしまう。そのせいか、たいした量は飲んではいないのだが、今朝はお酒が残っている(;´д`)

 今日は有明ビックサイトで開催されている「東京マラソンEXPO2015」に参加した。

 各ブースはかなりの賑わいであったが、一番眼をひいたのが「ランチパックブース」である。
 正直言うと、ランチパック自体は添加物がいっぱい入っていそうで、自ら購入したことはないのだが、全国ご当地メニューが陳列されており、つい手が出てしまった。
 
Cimg4624_2 結局五種類ほど購入し、おまけにランチパックのストラップが付いてきた。
 
  味はたいしたことはなかろうと思っていたが、想像していたよりも美味しく、おつまみとしてもビールによく合う感じである。
 でも、ランチパックをつまみに飲むって、学生ならいいけど、僕のようなおじさんにはどこか侘びしい気がするなぁ.....(´д`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月18日 (水)

 今日は重要な委員会があった。  

 僕がフィーチャリングされる項目があり、先週から休日出勤して頑張ってきた。 
   国際的動向から、オリンピック開催の東京までを俯瞰的に観るシナリオも完成させた。   
 
 いざ、本番となったときに委員から、予想しないような初歩的な質問が出た。 俯瞰的な応えなどとは無縁な、予想外の質問であった。 
 例えていうならば、自動車業界の将来的展望を想定していたら、オートバックスの店舗数を聞かれてようなショックであった。 あまり関心をもって準備しなかったためにシドロモドロに答えると、委員会室でざわめきが起こった。 
 
 単純そうな質問だといっても、予算上にも明記されている事項であり、それと違う数字をいい加減に言ってしまったので、騒然としてしまったのだ!!   今回は席上で大局的なビジョンを述べる壮観な自分をイメージしていたのだが、それ以前の前代未聞の失態を犯してしまった!
 
 途中で部下が席上の僕に訂正にきたのたが、えぇいウルサイと相手にしなかったために、休憩後に訂正発言をするはめになった。
 そんな些細なことにイチイチ訂正なんかできるかと休憩中に悪態をつく僕を、上司先輩たち5人位が取り囲んであーしたこーした方がいいとアドバイスしてきた。もうウルセェと思ったが、同僚からこうしてみんなに言われるのはtakkunだからだよと言われ、ハッとしたのだった。
 それでも、救いは杓子定規になりがちな委員会にフレッシュな風?を吹かせたことである。 他部署の人からは盛り上がってよかったですよね!?と誉められた!?
僕にとっては不完全燃焼な会議でも、会議の中では意味があったのかも知れないと、自分の準備不足を棚に上げ、帰宅して酔っているダメな俺です(ノ_-。)
 
 といいつつ、奥さんが残業のため、ツタヤでアクション映画を借りてきてから、ホイコーロを料理したオレでした。
 
 ※いつもエリートっぽい自分を求めると、梯子を外される人生であったなぁ(;ω;)。そういえば昔、GLAのT先生からは虚勢を張らないハダカの心をもっていると僕を評価して頂いたことを思い出した。僕はそういう自業、カルマであるのだろうか。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月11日 (水)

ラジヘリに驚く男たち!

  今日は建国記念日。二日酔い気味であったが、冷水浴をしてから、午前8時に家を出た。 

 来週の委員会の資料を整理しておく必要があり、休日を返上して、職場に向かったのだ。
 そして、息抜きと飛距離を計るために、ラジコンヘリもそっとリュックサックに忍ばせた。
 8時半から11時まで、イッキに仕事をして、ひと休みしようとして、ラジヘリをドンキホーテの袋に入れて、最上階の会議室フロアに移動した。
 休日なので、フロア清掃をしたようだが、もう乾いていたので、ラジヘリのスイッチを入れた。ただ、やはり人目が気になるので、エレベーターの前で操縦して、誰かが上がってきそうだったら、即撤退という作戦にでた。
Lgi01a201401251200
 
 ヘリを飛ばしつつ、エレベーターの音が気になり、小心者の僕としてはヒヤヒヤしてなかなか落ちつかない。2,3分して、バッテリーもなくなってきたようなので、一気に10メートル四方のフロアを旋回させようとしたときに、事件は起こった!
 
 ヘリはホバーリング状態で上空にとまったままであったが、「アァ!!」という複数の悲鳴が聞こえてきたではないか!
改修工事の作業員男性2人が立ち止まって、唖然としている!
 僕の姿は彼らから見えない位置にいたのだが、前に進み出て、「ち、ちょっとブッ、ブレイクしているところ....」などと口走りながら、リモコンを慌てて操作して、ヘリは墜落していった。
 男性たちは、最近はカメラ付もある...などと会話しながら、階段の方に向かっていったのであった。
 
 確かにビルの廊下を歩いていて、曲がった途端にフロアでヘリコプターが単独でホバーリングしていたら驚くのも無理はない。
 
 驚かして、ごめんね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月10日 (火)

 みず穂ですごい飲んだあ!!

  帰ろうとしてコートを着込んだおふくろは、78歳の藤村俊二っぽいおっさんに捕まって座りなおしてしまった!!
 必然的に、僕も残らざるを得なくなりすごぉのんダァ"""
僕は ビールと焼酎で酔っ払っているのに、隣のおじいさんかボトルキーブしている久保田を3合くらい注いでくれた。
82歳のお袋と、78歳のおっさん(おじいさん)のやりとりが、とても面白くて、漫才グランプリの上位になってもおかしくないやり取りだった。
 まずい、眼がグルク゜ル廻ってきたぁぁ
 
明日は休日出勤だが、二日酔い確実である
 おやかみなさい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 8日 (日)

:結婚式挨拶

 今日は部下の結婚式が原宿で行なわれた。

 天気予報では昼から雨であったが、昼前の挙式であったため、屋外でのフラワーシャワーや集合写真が無事に終了して何よりであった。
 
 僕は主賓挨拶のため、今朝準備していったスピーチを行なうつもりであった。念のため、披露宴の司会に何分くらい話せばいいか尋ねると、2,3分ですという素っ気無いお返事であった。短いスピーチ内容だったとしても、実際はすぐに3分は経ってしまうものなのである。
 スピーチ位置に近いところに座っていた係長にタイムキーパーを頼んで、ウェルカムドリンクのビールを2杯飲んでほろ酔い気分でマイクスタンドの前に立った。100人ほどの披露宴である。 
 それほど緊張していないつもりが、挨拶の定型句である「ご両家のみなさまには心からお祝い申し上げます」とか、「諸先輩方をさしおきまして、はなはだ僭越とは存じますが」などの言い慣れないフレーズを言おうとしたため、舌が円滑に廻らなくなってしまったので、途中からマイクを手に持って矢沢永ちゃんの如くスピーチすることにした。
 主賓挨拶は僕だけだったため、新郎新婦の紹介を簡単にしてから、結婚とは...というスピーチに入った。僕は合気道ネタで、自分とは異質の存在であるはずの相手と、一体化することによる技の変化を喩え話しにして、夫婦のあり方について偉そうに語った。すでに4分を超えていたが、内田先生の結婚と入れ歯は同じであるというネタも付け加えて、結局6分ほどのスピーチとなった。少々長かったが評判はよかったようである。
 
Photo_3
 披露宴が終了して、東京駅前のKITTEで開催されている北陸新幹線のイベントに顔を出してから、午後3時に帰宅し、録画しておいた「マージンコール」を観る。リーマンブラザースによる世界金融危機をモデルにして、崩壊前夜の投資銀行たちの行動を描いた映画である。低予算映画だが、アメリカの証券業界をリアルに再現しており面白かった。
026_02_2
 そして、午後5時から続けて録画していた映画「天のしずく 辰己芳子 いのちのスープ」
を観る。料理家・作家 辰巳芳子のドキュメンタリー映画であり、食を通しての「いのちと愛」を描いている。
 
 「マージンコール」のお金と権力への欲望ギラギラの弱肉強食資本主義とはまったく相対する「天のしずく」は自然と共存して、そのいのちを食として頂き、ヒトが人となっていく在り方を描いた作品であった。 
 
 .....ということで、今日は昼前から一日呑み続けているのだが、これからは汁物、スープを大事にして、積極的に摂取しようと決意したのであった。
 
 bar主賓挨拶が終わり、席に戻って、タイムキーパー係長から、合気道のネタは色々なところに使えますねと言われたことを、いま思い出した。
 そうなのだよ。合気道を含めた武道は、結婚だけでなくて、仕事、社会とのつながりや、人生の立ち振舞いをご教示してくれる有り難くも頼もしい存在なのだよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 7日 (土)

消息不明のヘリコプター救出作戦!!

オレはなんということをしてしまったのか!!!(゚ロ゚屮)屮

 今朝は、昨夜起こった悲劇について、気持ちを整理しようとこのブログを書くつもりでいた。
それは、昨夜の遅い時間に、飲み過ぎた僕は、なぜか部屋用のラジコンヘリを屋外で飛ばしてみたくなったのだ。
 
 深夜の路上や公園で実行するのには、人目が気になるので、マンションの屋上でやることにした。ただし、僕の住むマンション棟は7階建で、屋上は△屋根になっており、出入りできる構造ではないのだが、6階の廊下から別棟の屋上に飛び移ることができるため、そこにラジヘリを持ち込んだ。
 
少々、風が吹いていた。
 ラジヘリを少し浮上させた途端、風に煽られて勝手に左上昇していってしまい、小さい機体のために操縦不能状態となった。10メートルほど上昇し続け、最後は△屋根の彼方に消えていったのだった。
 
 なぜ、オレはいつも無謀なことをするのだろうか! 室内用ヘリを風が吹いている屋上で飛ばした結果である。これは完全に自己責任だ!
 思えば、昔から雪の日に興奮してオフロードバイクを走らせ転倒したり、アメリカンバイクで関東屈指の「発破注意」という看板のある林道を走ってボロボロとなったこともあった。これはオレの性なのか、カルマであるのか!?
 
今年の正月に購入し、安価で小さいながらも、消息不明となったヘリはペットのように僕になついてくれた。墜落して粉々になっていなければいいと祈りつつ、枕をぬらしつつ床についた。
 
 
(/□≦、).........そして、今朝、事故現場を調査するため、人目につかぬ日の出前に、屋上に飛び移り、ヘリが墜落したと想定される△地帯を眺めてみた。すると、出入り不可能と思われた屋根だが、鉄製のハシゴがコンクリート壁についているではないか!  ハシゴまで辿りつくには、突破しなければならない階段の関門があるのだが、あきらめずに突進したのである。けっして人様に気づかれてはならないミッションなのだ!!
 
早朝で、カラダがほぐれていない状態で、高めに設置されて昇りづらいハシゴに手をかけた。あわてていたので壁に膝を打ってしまった。そのまま2メートルほど昇って垣間見た△屋根は、とても人間が出入りする構造ではなかった。
 なんの設備もなく、ただの△屋根なのだ。
 
 ハシゴから△を眺めてみると、10メートル先に小さな人工物を確認。間違いなくラジヘリだ!
屋上に這い上がり、注意しながら突進する。傾斜がきついため、滑りでもしたら、新聞にどのように載るのだろうかと不安になる「50代男性謎の転落死、屋上のラジコンヘリが原因か?」というような見出しかなあ。などと、妄想しながらラジヘリに辿りつく。
 
 な、なんと消息不明となってから、8時間以上経っていたのだが、赤いシグナルランプが光っておるではないか!! ひたすら、救出を待っていたんだなぁと、不憫で愛おしくなった。ヘリを優しく取り上げて、コートのポケットに突っ込み、そのまま人目につかぬようにハシゴを下ったのであった。打った膝が痛む。
 Cimg4596
  そういえば、以前、隣のビル屋上に飛ばされた合気道着の救出作戦を実行したこともあったなぁ。
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 6日 (金)

 先週末に読んだ小林よしのり氏の「新戦争論」

 Images_2
 読みかけ中の内田樹氏の「憲法の「空語」を充たすために」
 Photo
 先週末観た「アクト・オブ・キリング」
Photo_2
 ここ最近の日本の状況を思うと、テレビや新聞による調整された情報だけで納得していてはダメだと思うのでした。来週はイスラム教徒の方と直接お会いして、じっくりお話を伺う予定です。
 
 今、いきものがかりの「風が吹いている」を聴いたら、泣きそうになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 3日 (火)

お誕生日

 節分の日、今日は僕の誕生日だった。

 母がお祝いをしてくれるというので、本所のみず穂でご馳走になった。
 
 数日前には、母にお誕生会よりもラジヘリのプレゼントをおねだりしたが却下された。確かに、82歳の母から、ラジコンヘリコプターをプレゼントにもらう中年息子という親子関係は尋常ではなかろう(^^;)。
 
 それにしても、今日のみず穂のお刺身は最高であった。
Dsc_0274
 
 お誕生ケーキのプレゼントも頂いた!!!!
Dsc_0275_2
ぜひとも、気空術メンバーたちと、この素晴らしきお店で飲みたいと思った次第であります。
 母上、ご馳走さまでした! <(_ _)>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »