« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月25日 (木)

スカイツリーでのクリスマス

今日はクリスマス。

東京スカイツリーのプロジェクションマッピングが今日で終わるというので行ってきた。
我が家からスカイツリーまでは自転車で約5分ほどで着くことができる。
 
Cimg4369
Cimg4371Cimg4365_2
 今までも、仕事を含めて幾つかのマッピングを観る機会があったのだが、おじさんには、どうもピンとこないのだ。
 建物をスクリーンがわりにして、コンピューター処理した動画を投影しているだけで、何か心に訴えるものがないような気がするのだが.....。
 それよりも、おじさんの心に訴えるものは、帰り際にスカイツリーのソラマチで購入した純米酒なのである(◎´∀`)ノ
 購入したのは、香川県の「濃厚純米」である。
 さっそく、帰宅して一杯やっておる。
 Cimg4372
  昨夜は原宿にて4人で飲んだが、その中のアメフト経験者からは、お酒は強いのだがお酒を美味しいと思ったことはないという発言があった。なるほどとおじさんは思った。
 汗をかいた後のビールの味は格別と世の人は言うが、炭酸飲料を飲んでも美味しいはずであり、焼酎、ウィスキーといった蒸留酒の上手さは味覚というよりも、フィーリングや思考の作為が働いているような気もする。
 
 おじさんが、美味しいと思うのは日本酒なのだ。若い時分は日本酒に見向きもしなかったが、50歳をすぎてからは、日本酒の旨さがジワジワと、シミジミと実感できるようになった。
 同じ醸造酒のワインもしばらく修行した時期もあったが、どうも日本人のDNAには米の旨さが合っているように思う。
  .....なんか、スカイツリーの華麗な映像イベントのはなしから、日本酒のウンチクみたいになってしまったので、この辺でやめておこう。
 
 しかし、このブログは本当に酔っ払いばなしが多いと反省しております!(*´v゚*)ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月23日 (火)

 今日は休日だが、新規購入したプリンターとパソコンの接続がうまくいかずに、膨大な時間を費やしてしまった。ふぅぅっ・・ 
 さて、昨夜の忘年会では、なかなか手に入らないという芋焼酎の「魔王」が差し入れられた。先日の森伊蔵といい、魔王といい、確かに芋焼酎にしては癖がなくて、スイスイ飲める。
 あいにくというか、幸いというか、呑兵衛が僕しかいなかったため、少し余った魔王の一升瓶を頂いて、自宅にもってかえった。普段は酎ハイ派だが、これはやはりロックだろうなぁ。
Photo_3
 数日前に知人から、哀川翔さんのサインをいただいた。たまたま、僕が哀川さんはなかなかいいと言ったのを聞いて、知人が哀川さんと知り合いだったため、サインして頂いたとのことであった。
 哀川さんは、早起き派で、自分の人生哲学をもったワイルドな役者さんであるのだ。
Photo_2
 最近、部屋の壁にいろいろと色紙等を貼り付けているので、有名人のサインが並んでいるラーメン屋の壁のようになってしまい、奥さんから睨まれている。どうしよう.....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月20日 (土)

 昨夜は、経理担当だったときの部下の一人が昇進したので、8人ほどでお祝い会を開いた。

 広いお座敷で、鍋を食べながら、いろいろな話に花がさいた。
 なぜ、そういう話題になったかは定かではないのだが、僕がエアガンに凝っているという話になった。部屋撃ちでダンボールにターゲットを貼って、物語仕立てにして撃つというはなしから、その設定状況を詳しく説明すると、みんながひいていったような・・・気がする。
 そこから、今年の夏に富士総合火力演習を観に行って、ひょんなことから安倍晋三首相が名誉会長を務める危機管理の会員にさせられてしまったことを話したら、完全に危ないおやじとして見られた・・・気がする。
 
 その雰囲気を打ち消そうとして僕が最近、都内のモスクにいって、ムスリムの方々の礼拝に参加したことを話したら、余計にみんなが混乱したような気がする。
 
 そうしているうちに興がのってきて、この秋に僕が武道の支部長になったと報告してから、いくつかの実演をしてみた。嫌がる元部下たちを無理矢理に実験台にして、倒したり、起き上がらせたりしたのだが、完全に僕は皆から見放されたような・・・確信をもったのだった。
 
 そして、そのまま二次会に連れていかれてからも、言いたい放題を言っていたのではないか・・・なぁ(;´Д`) 帰り際には皆で自衛隊式の敬礼をし合って解散したのであった。
 
 でも、昨夜いろいろ話したことは今年一年の総括であったような気がする。もちろん、全部ではないし、仕事のはなしを敢えて避けたのだけど、改めて充実していた一年だったと思う。
 
 .....今朝は、昨夜はかなり飛ばしたなぁと反省しつつ、奥さんに報告したら、あきれられたというか、あきらめているような・・・気がする(ノ_-。)
 
 といいつつ、奥さんは先日、僕が陸上自衛隊駐屯地で購入した冬用のアンダーウェアを着て出勤していったのである。
 
 Cimg4362
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月15日 (月)

  昨日はけっこう飲んだのだが、今朝はお酒が残っていなかった。やはり森伊蔵のようなお酒はカラダにもいい?のだろうか。

 今日は今季一番の寒さということであったが、寒い風が吹く中、陸上自衛隊駐屯地にご挨拶と打ち合わせのために同僚と行ってきた。
 駐屯地内で迷彩服の方々に囲まれていると、なぜか自然と背筋が伸び緊張してしまうのである。
 
 隊員の方々のキビキビした態度に好感がもてたのだが、対比して自分がなんか、うだつのあがらない男だなぁと思えた。
 これは精神を入れ直さなければならないと思い、帰りに売店で自衛隊シャツを購入し、こうして帰宅してから着衣し、パソコンに向かっている。
 
  規律を嫌う時代になってきたのは、平和な時代だからこそだけど、無軌道にエスカレートする自由奔放は社会を脆弱にしてしまうのではないかと思う。
 
 何が大切か、何を守るべきかが、わかりづらくなっているこの時代には、秩序と規律を守る自衛隊のような組織が必要不可欠なのだろうとしみじみ感じた今日この頃であった。
 
 忙しいなか、売店まで付き添ってくれた通信兵の若い女性隊員に感謝!!
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月14日 (日)

 本所忘年会

 今日は本所のみず穂で、マスター、ママと有志で忘年会を開催した。

 マスターは腕を奮って、一気にご馳走を出してきた!

Img_1489 Img_1519_2

 ふぐのお刺身、ふぐちり、胡麻豆腐、まぐろ刺し、海老しんじょう、ふぐ煮こごり、その他美味しい料理とともに、なんと森伊蔵が用意してあった!!
  森伊蔵は超プレミアムがついていて、アマゾンでは25000円くらいで売っている。
Dsc_0249
 忘年会の前に銭湯で汗をかいたため、スーパードライ中瓶を2本ほど飲んでから、森さんをロックで2合ほど頂いたら、かなり酔ってしまった。 焼酎といえば、普段は1000円程度の2リットルパックを飲んでいるのだが、はじめて飲んだ森さんは芋焼酎の臭みがなくて、スイスイと飲めた。
Img_7534_2 Img_7369
 今夜はとても美味しい料理と森伊蔵を味わい、幸せな気分だ。
 
 みず穂は大変いいお店である。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月13日 (土)

人生初のぎっくり腰!?

5日前に、レスリング学生を相手に柔道の足払いをかけあった。

合気道の技が通用するかどうか試してみたのだが、ある一定の条件では相手を投げることは可能であった。しかし、相手と激しく組み合った状態では、なかなか手強かった。
 .....などと、いい気になっていたら、二日ほど経過して、腰に痛みを感じるようになってしまった。昨日、今日とからだを右に捻ると痛みが生じた。靴下を履くのも辛くなってしまい、俺もとうとう腰痛もちになってしまったのかと悲観にくれたのであった。
 うちにある塗り薬を探したら使用期限が今月いっぱいのインドメタシン配合の消炎剤があった。しかし、インドメタシンなどをつかって、痛みを誤魔化すのは俺の性に合わないということで、使用期限切れのメンソレータムラブというさわやかクリームを塗ったのであった。
 今日はからだから、メンタム臭を発散させつつ、午後から外国人ボランティアの方々との忘年会に参加した。そこではお辞儀をする角度が辛かった。そのまま、二次会に突入し、ビール、ワイン、焼酎を飲んで、お開きとなったときに、お辞儀する角度が深くなっていることにハッとした。痛みが軽くなっている!!
 かなり、回復しているようである。ありがたい。
 今回のことから、日常的に心身ともに柔軟性を高めておくこと。
 若い者相手にむきにならないこと。
 お酒を楽しく飲むこと。
 を教訓としたのである。
 ※飲み会では、DHCの研究員の方と知り合った。「DHCってドモホルンリンクルですよね"!」と言ったら、悲しげな顔をされた。DHCって叶姉妹や美輪明宏さんがCMに出ていた有名な会社だったんですね(^_^;)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 1日 (月)

トラック野郎!!

 今日のニュースで菅原文太さんがお亡くなりになったと報道していた。

 
 僕の高校時代の友人の松本くんは、「トラック野郎」の大フアンであり、新作が出るたびに今は亡き浅草東映にて、18歳未満であったがオールナイト上映で桃さん、ジョナサンに声援を送ったものであった。
 
 僕は併映されていた志穂美悦子さんの女必殺拳が目当てだったが、一番星シリーズも大変面白かった。
Img_0
 松本くんは訳あって、10数年前に製靴業から、トラック運転手に転職した。
 
 もちろん、文さん演じる長距離トラック運転手の星桃次郎の影響が大きかった。
 現在でも彼は革上下にパンチパーマという今時珍しいイデタチをしているのだが、彼の人生は桃さんにつくられたといっても過言ではないかもしれない。
 
 おじさんっぼい言い方で恐縮だが、僕たちの時代には桃次郎や、寅さんや、ブルースリーといった人生に影響を与えるキャラクターが存在していたが、現在では人生に歩み寄ってくる登場人物たちは、どれほどいるのだろうか。もちろん、愛されるキャラクターは多いのだが、人生に影響を与えてくれるほどのインパクトと、共感をもった存在がないような気がするのはおじさんになってしまったからなのかなぁ....。
 
 菅原文太さんの死を迎えた今日、彼の遺伝子である松本君を思い出したのだ。今でも彼とは年に1、2回会って馬鹿話をしている。ホントに馬鹿な話だけであるのだよ(;;;´Д`)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »