« モスク礼拝に参加! | トップページ |  70年代ポップスが世界を救う!? »

2014年10月18日 (土)

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシ-

 おじさんは、3日前から零時半まで残業、職場に宿泊、昨日は80歳以上の高齢親戚たちとの付き合いといった過酷な数日を過ごしてきた。

 だから、今日ぐらいは休日を満喫したいという思いから、前から観たかったマーベルの「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシ-」を観てきた。今日奥さんは仕事のため、夕方の回いっしょにどう?と朝に誘ったが、一人で午後行ってこいというつれないお返事であった為、おじさん一人で下町の映画館に行ってきた。
Photo_2
 上映されて数週間たつため、館内はガラガラだった。前の列の中国人カップルの女性が本編上映になってもスマホを観ているので、ここはひとつ注意せねばと思った途端、スマホをバッグにしまいこんだ為、一見落着。国際問題回避。頼むぜ、チャイナ!!!
 映画の内容は本当にバカ映画そのもの。トランスフォーマーがシリアスに思えるくらいの本当のおバカ映画であった。
 それでも気の荒いアライグマの賞金稼ぎはいいキャラクターだったし、70年代のアメリカヒット曲のBGMもセンス抜群でサントラが欲しくなった。
  Images_3
 
 
 おじさんの列に生意気そうな娘と母親が座っていたが、冒頭5分で母親がハンカチで涙を拭いており、この映画で泣くのかぁ!!というのと、娘はきつそう(母親に対する態度でわかった)たが、いいお母さんなのだなぁと感心した。
 そういうおじさんもラストでは、思わず泣きそうになってしまった。こんなバカ映画なのに。
 先日観た猿の惑星はVFXも凄かったが、あまりにもバカなこの映画と比較するのもハバかれるくらいシリアスな内容の映画であり、その落差に唖然としてしまったおじさんである。もう飲まずにはいられぬ!!
 そういえば、最近はVFX使った映画ばかり観ているなぁ。
でも、午前中は家で37年前に放映されたNHKドラマ「男たちの旅路 シルバーシート」を観て、色々と人生、老後を考えさせられていたのですが....。
 
 

|

« モスク礼拝に参加! | トップページ |  70年代ポップスが世界を救う!? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531400/60503211

この記事へのトラックバック一覧です: ガーディアンズ・オブ・ギャラクシ-:

« モスク礼拝に参加! | トップページ |  70年代ポップスが世界を救う!? »