« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月29日 (火)

GODZILLA ゴジラ

 今日は代休なので、午後から日本橋にてGODZILLA ゴジラ 」 を鑑賞してきた。

 平日、午後ということもあり空いていたが、僕のようなロンリー中年男が目立っていた。

 D1d0c43f

 期待度120%であったが、まあ実際は60%くらいかなぁ(-ε-) ゴジラの重量感は凄まじいが、ドラマ部分が長かったり、間延びする部分があって、眠気を生じてしまった。

 ゴジラの凶暴さ、破壊王としてのカタルシスが、、ムートーというギャオスっぽい怪獣と対決に終始した感があって、少々物足りなかった。

 ぜひとも続編に期待したいところだ!!!

 鑑賞後、映画館と同じビルにある、オープンしたてのコレド日本橋のビアレストランにて、10年ほど前に僕が講師をした研修会の生徒たちとの恒例会があった。

 ベルギービールが色々とあって、ビールだからといって沢山注文していたら、実は度数10%以上だったりして、かなり酔ってしまった。

 飲み会で話題提供のために、僕のガンマニアの話しや、スピリチュアルカウンセリングの話をしたら、みんな僕のことを心配してきた。

 ......まぁ、確かにその通りなのだが.....静かなところで、じっくりし話したいものだ

 あ-酔っ払ったぁ(^-^;

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月27日 (日)

好天の花火大会

 おかげさまで隅田川花火大会も好天に恵まれ、昨年のリベンジを果たすことができた。

 産経ニュースでは、「隅田川花火大会2万発の大輪 歓声96万5000人」という記事の最後に「昨年は突然の雷雨のため開始から約30分で中止になった。この日は関係者の願いが通じたのか、好天に恵まれた。」と締めくくっている。

そうです! 当日の朝に私は花火大会が無事に開催できますように、下谷神社と牛嶋神社に参拝してまいりました。神様ありがとうございましたm(_ _)m
 それにしても、浅草周辺はすごい人出で、花火そのものよりも凄まじい数の観客数に驚いてしまった。
 Dsc_0125_3
 みなさんが、安全に花火を見ることがてぎたらなぁと願いつつ、それを汗だくになって誘導する警察の方々にも頭がさがる思いであった。
 多くの方々に花火を楽しんでいただけたようで、ホッとしつつも、ゴミ廃棄、マナー違反、不条理な要求等の現実を目の当たりにすると、複雑な思いにかられたのも事実......。ワールドカップで世界を驚かせた礼儀正しい日本人を、国内でもみせてほしいと切に願う。
 
   来年も、お天気に恵まれ、多くの人の思い出に残る花火大会でできますように.......
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月25日 (金)

今日はうちの奥さんが、明日の花火大会成功のために、夕食後にテルテル坊主をつくってくれた。

Cimg3894
 
 隅田川花火大会を独占中継しているテレビ東京は、昨年のゲリラ豪雨による中止の無念さから、今年のキャッチコピーを「リベンジ」と打ち出している
Photo_10

 テレ東の意気込みは痛いほど伝わってくる。
 おじさんは、夜空に愛のこころをもって当日をむかえよう!!!!
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 隅田川花火大会の安全確認のため、警察、消防関係者をを中心に、朝から夕方まで、隅田川沿いの約20キロの距離を歩いた。

 35度の暑さの中、ずっと汗だく状態で、日差しもきつくて、まいった。光化学スモッグも発生したらしい。
 午後になると脚もパンパンになってきてしまった。
 
 帰宅してシャワ-を浴びてから、行きつけの店に行って、失われた数リットル分の水分を補ったのでした(アルコールは利尿作用があるといわれてはいますが...)
 華やかなで楽しい花火大会の舞台裏では、安全のためこのような過酷で地道な作業が行なわれているのです。(^-^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月21日 (月)

合気眞髄 神様につながった電話

Book076_3
保江邦夫氏の新刊「神様につながった電話」を一気に読んだ。
今月出たばかりの前作「合気眞髄: 愛魂、舞祈、神人合一という秘法」は、シリアスに合気道についての探求をつづっていた。本作も合気探求をベースにしながらも、著者にまつわる神秘的なエピソードが読みやすく散りばめられている。
 この本はもし、10年以上前に出版されていたら、様々な波紋をよんだかもしれない。しかし、時代は新しい世界、新しき閾を求め、パラダイムを変容させようとしている。
 
 武道は、現在、様々な顔をもってきている。スポーツ競技化はもちろん、自己啓発のメソッドとしての活用、健康や生きがい対策、礼儀作法の学習活用.......。
 武道の本質とは何かを問う、解釈、哲学的な思考を用いた書籍は多く存在するが、本書は著者の神秘体験をベースにした実体験からの武道論である。武道のなかでも、特に合気道は宗教との接点がなければ存在しておらず、開祖の植芝盛平翁は宗教家、神秘家としての側面をもっていた。否、側面というよりも、宗教家そのものであったのではなかろうか。
 宗教と武道のルーツが、形骸化され、エピソードとしてしか解釈されていない現状を考えると、本書の著者の体験は我々に本質的な問いかけをしてくる。
 武道とは何か、合気の本質、ルーツとは何か、武道修養とスポーツ練習の違いは何か.........。
 
 短時間で読み終えることのできるこの本の中のエピソードを信じるかどうかはともかくも、そんなことをありえるものかと一笑に付す人とは、あまり深いお付き合いをすることはできないであろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月13日 (日)

空を飛ぶ夢をもう一度

 今夜は肉じゃが、茄子味噌を美味しくつまみに晩酌してから、昨夜放映されたNHKドラマ「55歳からのハローワーク」の最終回「空を飛ぶ夢をもう一度」を観た。原作は村上龍。

 昔から主演のイッセー尾形が好きだったので、録画しておいたのだが、なんと僕の故郷の山谷がロケ地として出てきた!
Sp_photo18
 山谷の簡易旅館、公的施設はまさに山谷そのものであった。簡易旅館はセットとのことであるが、本物と間違えるほどの精巧さで驚いた。また、酒を飲んで騒ぐ者、虚無感そのものの者、精神的におかしくなっている者など、山谷のオジサンたちの特徴をよく掴んでおり、役者ではなくて、本物の人たちをエキストラに使っているのではないかと、目を見張った。
 僕は、これらの山谷の人たちに囲まれて、生まれ育まれ成長してきた。こうして第三者的に山谷をみると、日本の中でもやはり凄まじく特異な世界であるのだと実感させられた。
 山谷育ちというのが、僕のトラウマであり、アイデンティティーでもあったのだが、最近みてもらったスピリュアルカウンセラーによると詳しくはいえないが、僕は山谷ではない一般的?な地域に生まれていたら、辛辣ないじめの対象となったらしい。
 
 それにしても、山谷は凄いところだと思う現在の僕は、山谷を過去の遺物にしてしまったのだろうか。山谷でのスペシャルな体験こそが、僕の宝物ではないのだろうかと自問自答している最中なのである。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年7月12日 (土)

 今日は、フラダンスのイベントで挨拶をすることとなった。会場にはかなりのフラダンス団体の関係者がきており、凄まじい熱気であった。

 この雰囲気では、通り一遍の挨拶ではないなと思いつつも、30秒くらいに短縮した通り一遍のご挨拶をしてしまった。終わってからの反省は、冒頭の「みなさん、こんにちは!」ではなく、「みなさ~ん、アロハ~!」だっただろうということであった。
Photo_2
 
 夕方からは、81歳の母を誘って新しく開店した近所のお店に入った。まぁ、そこそこに美味しいお店であったが、母は勢いづいて生ビールを注文しつつげる。とりあえず、二次会に行こうということで近所のbarに行った。
 そこでも母は生ビールを注文しているので、飲みすぎては危険と思い僕のグラスに母のビールを注いでいたのだが、自分のグラスが1/4になると、母は「ビ~ルちょうだい!」と催促するのであった。まったく、息子の配慮は意味がなくなってしまった(;д;)
 ........というわけで、今日も飲みすぎてしまいました。まるで、「酒場放浪記」の吉田類のようになってきている自分です。
 ※前の職場の部下(女性)の結婚式に吉田類さんが参列したそうです。新郎が以前、新橋で飲んでいたら、隣に吉田類さんがきて意気投合して、仲良くなったとのことです。実際の類さんも、番組でのキャラクターと同じように、人懐っこくて、優しい方だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月11日 (金)

スカイツリーの虹

Cimg3883

 休日出勤の代休が忙しくてなかなか取りづらい。これからも休日のお仕事は続くため、無理矢理に今日とってみた.....ものの、外出中も、家で宅急便まっているときも、部下から何本かの連絡があった。

 
 続けてかかってきたので、「いい加減にしろ! オレは不機嫌じゃ!!」トーンで携帯電話にでたら、どうも様子がおかしい...........それは....それは.とても偉い上司からの連絡であった!!!  おおいに焦ってしまった情けないオレ(;;;´Д`)
 それから、情けないオレは夕方近くに部下と待ち合わせをして、仕事でお世話になっている会社にいって、無理なお願いを申し上げてきた。
 
 帰りがけに、怪しい雨雲から大粒の雨が落ちてきたので、急いで帰宅した。ベランダに出て、夕焼け空に見とれていたら、スカイツリーの横に虹がかかっているではないか!  急いで撮影する。
Cimg3885
 今日の部下からの連絡では、中止になりかけた大きなプロジェクトが再起動するとのことであった。この虹が、これからの未来を導き、励ましてくれているような気がした。
 スーパーでお刺身買ってきたので、さぁ、お酒のもうっと!!ヽ(´▽`)/
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 7日 (月)

週末の出来事

 先月初めて受けたスピリチュアルカウンセリングでは休肝日なしはよくないと言われつつも、掟を破りこうして毎日飲んでいる。僕の将来についてはわりと良いことを言われたので、まぁそこそこ健康状態は安定しているものだろうと勝手に解釈しているのだが........。

 今日は、就業後に「すき家」でねぎ玉牛丼を食べてから、日本財団本部でのチャリティー講演会に参加した。その後、10時に帰宅し、つまみなしで、焼酎とジンの炭酸割りを飲んで、いい気持ちになってしまった。
 さて、日記? をつけておこうっと!
1_4
 先週末は、浅草ワハハ本舗娯楽座の旗揚げ公演に行ってきた。
江戸時代、庶民の味方と謳われた鼠小僧が義賊になるきっかけはサンタクロースとの出会いにあった?雪降る夜の、切なくもほのぼのとした物語。
 若手中心の劇団であり、彼ら彼女らの懸命なエネルギーが伝わってきた芝居である。まあ、ビールでも飲みながら、楽しむのが一番であろう。
 
 そして、上野公園で開催された、全国氷彫刻展。1404619575647
 表彰式で、プレゼンターを仰せつかったのだが、賞状に書いてある「氷彫刻(こおりちょうこく)」の部分では、昔よく飲んだ「氷彩(ひょうさい)」サワーがダブってしまい、「氷彩刻(ひょうさいこく)」と言いそうになって、どもってしまった!!(;д;)
 
Pic_01_3
 お酒のおかげで、人生が豊かに面白くなったのだけど、今回はお酒に振り回された出来事でした。
 .................................おわり
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 2日 (水)

 

 今日は仕事中に、初めてお会いした初老男性から、警察の者と勘違いされた。

 僕の部下たちもその場にいたが、マル暴刑事と思われたのではないかということであった。
 ここ数日、防犯づいているだけに、変な感じである。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年7月 1日 (火)

タイヤ炸裂!!

 今日の帰宅途中に起こった出来事。

 自転車の後輪がパカパカしているような気がした。しかし、昨日空気圧をみたら問題なかったので、帰宅したら念のため空気でも入れてみるかと思っていた。
  そして、車道を走っていて、乗り降り中のコミュニティバスを追い越そうとして、バスの右側に入った途端にそれは起こった。
 パパッ~ン!! 
 それはそれは、とても大きな破裂音であり、銃声か爆竹のような音であった。
 そして、紛れもなく、その発生源はサドルの下からである。
 
 パッ、パンクだぁと思ったのも束の間、後輪タイヤは即座にペッタンコになってる。
 通行人たちは突然の破裂音に驚いて振向き、走りかけたコミュニティバスもビビッて止まってしまった。
 小心者の僕は、あせってしまい、自分とは関係ないじゃけん、あの音はどげんしたじゃろ....と自転車を歩道まで走らせてから、飛び降りて歩いて押すことにした。
 たまたま、歩いて2分ほどの所に自転車屋があり、みてもらったら、パンクどころではなく、チューブ交換ではすまなく、タイヤ全体を取り替える必要があるという。
 もう4年は乗っている自転車で、かなりガタがきていたため、新車を購入することにした。いろいろ迷ったが27インチのギア付にした。
 購入手続き中に、防犯登録をするからと用紙を渡された途端、昨日の冤罪を思い出した。つい、店員さんに、昨日警官に呼び止められ、防犯確認されたことを話したら、エッと驚いた様子であった。今日の出来事も昨日とつながっているのであろうか。
 連日、くだらないハナシですまない。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »