« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月31日 (土)

ゆるキャラ&キンタロー

  今日はホントに暑かった。今年初の猛暑日だそうだ。Cimg3875_5

 
Cimg3856_4
 そんななか、東京スカイツリー界隈で開催された「ゆるキャラ」イベントに参加した。ふなっしーとクマモンが来るとあって、会場は超満員で熱気ムンムンであった。

 子どもたちの人気は勿論だが、それよりも、どうも大人と呼ばれる世代のファンがやけに多いように感じたのは、勘違いだろうか。

 大人でもファンタジーを求め、TDLやUSJ、コスプレ等の世界に憧れるように、ゆるキャラというのは身近で安上がりな架空の産物なのかもしれないと思ったのだ。

 かくいうおじさんも、ぬいぐるみの汚れや安易な作り方に冷めた視線を投げかけつつも、ふなっしークマモンには興奮を抑えられない哀しい性を抱えていたのであった.........

 夜は浅草でお笑いの「キンタロー」のワンマンショーがあった。

1401531970242_2

 AKBネタの印象が強い彼女ではあるが、前半は美空ひばり、劇団四季、アナ雪等でなかなか素晴らしい歌唱力を披露してくれた。また、中盤のコントも面白かった。ただし、後半のAKBネタは少々食傷気味だったかなぁ。

1401536847782_4

 今夜はキンタローの才能には感心したし、その将来性も期待したいと思ったおじさんなのであった。

 いずれにせよ、今日も飲んでしまったなぁ.....(^-^;

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月30日 (金)

「X-MEN:フューチャー&パスト」 と 占い

 まずいッ! 2週間もブログを更新していないではないか!! 忙しさにかまけつつ、 今日もかなり飲んできてしまったが、書いておきましょう。

 まず、今日は休日出勤したため、代休でした(午前は仕事していましたが)。せっかくの晴れの午後をどうしようかと、朝に考えた結果、お師匠が信頼する占い師さんのところへ行こうということにしました。しかし、人気者のため、本日の午後4時前の20分しか空いていませんでした。予約してから、3時間ほど時間があったので、それも有効活用しようということで、本日公開の「X-MEN:フューチャー&パスト」を六本木ヒルズで観てきました。
Image_01
 X-MENシリーズの中でも、重厚でスリリングな展開の素晴らしい作品となっています。初日とはいえ、殆ど観客のいない映画館で3Dメガネをかけた僕は、ドラマチックな異次元空間を充分に堪能し、リフレッシュできたのでした。
 その後、生まれて初めてきちんと占い、スピリュアルカウンセリングを受けたましたが、もともと人生は自分が開くものと思っていた僕としては、あまり質問しなかったため、予定時間の半分で聞きたいことは終わってしまいました。それでも、ハッと気づかされるような指摘をされて、有意義な時間を過ごせました。
※スピリチュアル的では全然ない、休肝日なしでお酒を毎日飲んでますが大丈夫でしょうかという質問に対しては、それはまずいでしょ! とのお答えをいただき、少しがっかりしましたが、考えてみれば当たり前ですよね。なんで、こんな質問しちゃったのだろう(^-^;
 

続きを読む "「X-MEN:フューチャー&パスト」 と 占い"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月17日 (土)

直前のブログでは、感動溢れる人生を行くぜと飛ばして書きましたが、今日は色々と感動することがありました。

 まず、今日は浅草は三社祭ですので、関係するところにご挨拶をして、その帰りに自宅で待つカキ氷マニアの奥さんのために、吾妻橋のところでカキ氷を売っているお店に立ち寄りました。
 店員さんにテイクアウトと言ったのですが、少々不慣れだったらしくて、かなり待たせれてから、出てきたのは自転車で運ぶことは、あり得ないカタチでした。
Dsc_0080_1_4
 周囲の歩行者、観光客の好奇に満ちた眼を気にしながら、徐々に氷の山が解けていくことを気にしつつ、片手でお盆にのせた氷いちごと氷抹茶(共に練乳トッピング)を自転車で運ぶのは、かなり血圧があがりました。店員さんからは、お盆は返さなくていいと言われましたが.....(;;;´Д`)。
 帰宅したときは、氷マウンテンは半分に崩落しておりました(;д;)
 そして、次の話題。
 

Photo_4

 一昨日、酔った勢いでamazonで注文した  SWATタクテ
ィカルアーマーベストが届きました。いわずとしれたアメリカの警察特殊部隊SWATのベストです。かなり安かったのと、焼

Photo_5

酎の酔いのせいで、購入ボタンを押してしまいました。
 思ったよりも、しっかりした出来で、思わず興奮して、これを着て街を歩きたい衝動に駆られたのですが、うちの奥さんからかなり、辛らつな評価を頂いた為、心は傷つき、街歩きは断念いたしました。
 どうなんでしょう。SWATワッペンは取り外しできますし、一般の方々は弾装ポケットとか、わからないと思うのですが....(゚ー゚;
 
 
 さて、そして次は、従姉妹が87歳の誕生日ということで、近所の割烹でお誕生会をしました。87歳の従姉妹と81歳のお袋は元気で、お酒もかなり飲まれました。
 僕は、そのペースに合わせて、ビール、焼酎、冷酒とちゃんぽん状態になり、現在'(いま)酔っ払っています。6人で飲みましたが、色々と言いたい放題でありました。87.81.66.64歳とリタイアしてもいい年齢の人が4人いましたが、みなさん元気に働いていらっしゃいます。
 
 とりあえず、今日は退屈せずに(成長したかは.....?)、感情が多いに発動した一日でした!!
  さらに明日はパワーアップします!!
おやすみなさいm(_ _)m
 
 
 
 
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

宇宙は退屈? 成長?

 少しスピリチュアル系のはなしになるが、宇宙の根元なる意識が永遠の安定に飽きてしまったたため、自ら歪みを生じさせたのがこの宇宙であるという、死亡(臨死ではない)体験者の木内鶴彦氏の本のことを先月のブログに書いた。

 なんか突拍子もないハナシのようだが、気になってしまったのも事実。それゆえに、もうちょっと掘り下げてみたいと思い、飯田史彦氏の本に何か関連することがあるような気がして、書棚から飯田氏の臨死体験を書いた「ツインソウル」を引っ張りだしてみた。
 
 ヒントになったのは、臨死体験で出会った光たちからのメッセージである。
 精神宇宙は、時間という概念がなく「現在」が永遠に続く。精神宇宙はそのような自分自身に満足せず、わざわざ、時間が直線的に進む物質宇宙を創造し、自らの細胞である魂たちを、その物質世界に送り込むことによって、魂の波長を高め、「成長」という宝物を得ようとしたという箇所である。
 
 この物質宇宙が創造された理由が、神の退屈なのか、成長なのかというのは大きな隔たりがあるような気がするのだが、いずれにせよ、この物質宇宙に生まれたからには、退屈してはならない、滞留してはならないということである ! 
 よく死ぬほど退屈だとか、死ぬほどつまらないと言うが、死ぬほど楽しいとか、死ぬほどゆったりしているとは言わないのは、そういうことを示唆しているのかもしれない。
 
 それから今朝は、江原啓之氏の「スピリチュアルメッセージ」を読んでみた。この本は10年以上前に出版されており、江原氏の指導霊である戦国の世に生きた昌清霊からの霊言が書かれており、ソフトタッチが多い江原氏の著作の中では、中身が濃い良書である。
 質問形式で書かれており、どうしたら人生という旅を充実させられるかという質問に対しては、この現世(うつしよ)の旅が終わったあとに、幽世(かくりよ)にもっていけるのは、現世での地位、名誉、物質の身の丈は通用せぬ。 すべては魂の経験、そして感動じゃ。何を喜び、何に泣き、何に気がついたが、その経験じゃ。とのことであった。
 
この現世の者みなに共通する学びは、傲慢さと申した。
では、その傲慢さを知るためには何があるかといえば、感動があるのじゃ。感動とは、感ずること。、感じ、動く、ことなのじゃ。喜ぶも、悲しむも、怒るも、すべてが感じ、動く感動なのじゃ。
ということは、生きるということで大切なことは、感動することなのじゃ。
傲慢さをなくす道は、二つ。
一つは、闇の中に身を投ずること。しかしそれは、いずれ、苦しくあえぐこととなろう。
または、みずからが光を放つもととなるか。
この二つよりほかないのじゃ。
光として生きよ。
 
 
 
こうして生まれてきた以上は、死を意識しながらも、日々を感動で精一杯生きようと思うおじさんなのであった(゚ー゚)。
 
※ここのところ、警察や消防といった部署をまわる日々が続いている。高速道路の管制センターにも初めて入ったが、映画やドラマに出てくるような感じで、良い社会勉強ができた!
Photo_3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月 6日 (火)

不思議なご縁 三連発

 身体が痛い。全身筋肉痛である。昨日の特別稽古はほぼ4時間ぶっ通しであった。しかも、真剣に受身をしないと、怪我をしてしまう危険な技も多かった。

 毎月、2回ほどの日曜日に柔術の稽古があって、都合のつくときは参加するようにしているのだが、今回は不思議なことがあった。
 
 以前、心理学者(実業家でもある)の本を読み、そのセミナーにも行って、3年くらい前に著者のホームページ数枚分をプリントアウトして、クリアファイルに付箋を貼って保存していた。
 
 今回の稽古に持参する資料があったので、何を思ったか3年ぶりにそのクリアファイルを取り出し、資料を入れて出かけた。
そうしたら何と!稽古の受付に、その著者がやってきた !  まさか、その方が入門してくるとは想像もしていなかっただけに驚いた!
 その後、柔道着(柔道三段とのこと)に着替えたその著者に挨拶に行き、クリアファイルの付箋をピラピラさせながら経緯を説明したのだが、何をいっているのかよく理解できなかった御様子であった。当然である。
 それから、稽古では一緒に組ませていただき、僕が指導する立場になっていたので、不思議な感じがした。稽古に対する姿勢からも、その著者はとても真面目で、真摯な方だと改めて実感したのであった。
 
 そして第二弾は、稽古後の懇親会のときに、隣に座った女性とは初めて会話をしたのだった。しばらく話すうちに、その方は治療師であり、埼玉でお仕事をなさっていることがわかった。そして、もうしばらくし話したら、何と!! 僕の職場である事情があって早期退職した男性が彼女の治療を受けていたことがわかった!(゚o゚) しばらく仕事を休んでいた彼が、その間に彼女の治療院で癒されていたのだなぁと驚いた。
 それから第三弾は、体格のいい若い男性二人が、稽古見学にやってきた。素人ではないなと直感でわかったが、聞いてみるとなんと元プロレスラーであるという。僕も、多少その世界とはご縁があったことを伝えると、数年前に引退した選手のことを言ったきた。僕はその彼とは一緒に汗を流し、引退試合にもいった関係であった!(゚д゚;)、彼らもとても驚いた御様子。
 
 なんか、最近、そういう小さなシンクロが多いので、ホント不思議なんだよなぁ..
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 4日 (日)

アルファロメオの御祓い儀式

 昨年、次女は運転免許を取得して、今年の2月になんと知人からアルファロメオ147を買った(といっても15万円でだけど)。普通のオートマとは違って、ギア操作が中心となっているので、慣れないと運転しづらいが、高速道路では、スポーティーなその実力を発揮するのであった。Photo

 ....というわけで、運転初心者の次女が、あのロメオを運転するというので、安全祈願のために明治神宮に行ってきた。物凄い数の人々が歩いている原宿駅前を通行するには勇気がいったが、いざクルマで入っていった神宮敷地の中は都会の真ん中とは思えない立派な森林であった。そこを通行できるの自動車の御祓いをする者だけの特権である。

 本殿の脇にあるお払い用の駐車場にロメオを停めて、祈祷手続きを済ませる。神楽殿にて、出産や病気快復等祈願者とともに、親子で祈願の儀式に参加する。

  神主さんの祈祷で次女の名前と、住所、クルマ購入日を告げられ、Photo_2「あるふぁろめお」という台詞がでてきたのが、不謹慎ながらちょっと可笑しかった。そして、祝詞のあとは、巫女が手に季節の花を持ち、神楽「倭舞(やまとまい)」を舞ってくれた。

 祈願神符を頂いた後に、神主さんがわざわざ駐車場まで来てくださり、ロメオのドアを全開させてから、お払いの儀式をしてくださった。

 入場するまで、いろいろと戸惑ったが、とても充実した清々しい時間を過ごす事ができたことに感謝。

 そのまま夜は母と合流して、南千住のお寿司やさんに行った。

 そして、今日の明け方に怖ろしい場面に遭遇してしまった!! 5時半に早起きした僕が、隣のベッドを何気なく見たら........

                             

                                                                                                      Cimg3850  

 うさぎのような不気味な人形が、おくさんの顔の上に横たわっているではないか!!!!!!

  この不気味なうさぎは、昨日渋谷で杉の薫りがするというので、購入したらしい...

 .Σ( ̄ロ ̄lll)

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 1日 (木)

幼稚な爺でごめん!!

今日は全国的に有名なイベントのプレ事務所開きがあり、ちょっとビールとつまみを頂いてから、初孫(ももちゃんと命名予定....)の顔を見に行った。ついでに長女から頼まれた納豆をお土産にして.....。

 ももちゃんはとてもちっちゃくて、新鮮で、初々しい生命体で、ずっと眺めて触っていても飽きずに、心が和んでくるのだった。

 しかし、孫ができたということは.......(゚ー゚; 孫 → 祖父 → 人生の黄昏 → ゆっくり死を迎える という連想が生じてくるのは、僕だけではあるまい。

 ずっと仕事も色々と大変だし、武道鍛錬も、精神修養もしなければならないし、と日常的に自分を追い込んできたが、突然、人生の黄昏と、ゆっくり死を迎えるという新たなフレーズが加わってしまったのだ!!……(ノ゚ο゚)

Photo  そして、今日は静かな死を迎えられるように心を入れ替えようとした僕に、先日、仕事で自衛隊基地に行って、自衛隊キャラメルをお土産に買ってきてくれたOさんが、秋葉原にシューティングレンヂがあるという話をしてきた。最近、ガンマニア熱が再発して、エアガンに凝りはじめた僕には、聞き捨てならぬ情報であった。

 .....というわけで、今夜は初孫のいる御茶ノ水の病院に行ってから、秋葉原のその場所に行こうと思ったのだが、病院を出てから、沖縄料理店で飲んでしまって、行きそびれてしまった。

 ももよ、こんな子どもじみた爺を許しておくれ...(ノ_-。)

 ビール、泡盛、帰宅しこうして焼酎飲みなおしている爺は、ダメな男だねぇ(;ω;)

 そして、もものためにも、爺の最近の恥ずかしい行動パターンを懺悔しよう。

 ここ最近は、仕事や、飲み会で疲れつつ帰宅すると、そこそこの時間となっていることが多い。そこで゛、奥さんがお風呂に入っている時間を見計らって(場合によっては入浴をすすめて...)から、エアガンを取り出し、ダンボールに紙を張って、シューティンク゜タイムとすることが多いのだ。Images

  最初はよくある何重マルかのシューティング的に撃っていたのだが、物足りなくなって人間(敵)を標的として書くようになった。その標的は、まるで幼児が書いたような究極のシンプルイラストなのだが....。ゲリラ組織、テロ組織をイメージして、僕が単身乗り込んでいくというような設定を意識したのだ。

 そのうち、敵だけでは物足りなくなって、建物を書いたり、要塞を書いたりもした。それから軍用車や、ヘリコプターまで書くようになってしまった !!

 オッ、おれは狂っとる!!!!  。(´□`。)   

 ....といいつつも、今度は紙芝居のように何枚かの紙に、物語仕立てでターゲット用紙に書き始めた。最近のお気に入りは、僕の勤めている組織の最高責任者がテロリストに拉致され、それをたまたま同じビル内にいた僕が、敵から銃器類を奪って、敵を倒しながら、最後は救出するというものである。

 まさに、ダイハード!!!\(;゚∇゚)/

 何回か、最後の人質救出シーンでは、実際にピストルをガムテープで背中に張って、敵の前で両手をあけで笑いながら、素早くピストルで敵を撃つというパターンをやってみた。たまに、人質を撃ってしまうこともあるのだが......(;д;)

 こんな、妄想的なガンプレイをしていて、隣の部屋でテレビを観ている奥さんに、.こんな夫の姿をどう思うかと尋ねたのだが、「あきらめています」.......とのことであった。

 ももよ、キミの先祖がこのような、幼稚で、妄想的で、オカシイ人間ですまない。

 でも、嘆いてばかりいないで、そんな爺でもいいところもあるのだから、明るく笑ってごらんよ!(゚▽゚*)

................(汗). なっ、なんか、支離滅裂になってしまって、すみません。

 昨夜、うちの奥さんから、最近のプログは、どこそこ行ったトカ、誰かと会ったとかばかりで、つまらない。酔っ払って書いていないので、面白くないとの指摘、批判をされてしまった。

 仕方なく、今日は酔っ払いつつ(毎日お酒は飲んでますが...)書いて、変な展開になってしまいました(゚ー゚;

 おやすみなさい

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »