« | トップページ | 京都・名古屋 »

2014年4月 9日 (水)

南雲吉則先生 絶賛の店

 色々な方から、南雲吉則先生の御用達のお店「四季の味 みず穂」についてお問い合わせ頂いております。正直言って、このお店は僕の隠れ家あり、あまり多くの方々には来てほしくないのですが、まぁきちんとお知らせいたしましょう!!

 南雲先生とは30年ほどの付き合いがあるご主人が、南雲流のアジ叩きとか、鰯のつみれ汁といった南雲レシピをはじめ、美味しい料理をリーズナブルなお値段で提供してます!!

予約だと、料理4000円位からです。僕の経験では、お酒を極端に飲まなければ、6000円程度でOKです。もちろん、予約なしでも大丈夫です。

四季の味・みず穂 東京都墨田区本所2-3-6 03-5610-5589

問い合わせしづらかったら、takkuns parkブログ を観たと言ってください!!!

............................................................

Cimg3635_2  先週末は浅草寺の伝法院へ。伝法院庭園は寛永年間に作られ、およそ1万平メートルの庭園は、2011年9月に国の指定名勝に指定され、普段は非公開だが春には期間限定で公開されている。 

 いつも、大変賑わっている浅草の地において、このように静かで文化的な庭園があるのは凄いことである。池のほとりから伝法院の左には五重塔、右にはスカイツリーを臨むことができる。

   伝法院大書院では「投扇興」の催しがあった。江戸時代からはじTky14040520370002n1_2まったという、扇を投げて的に当てる古典遊戯で、かなりシンプルなルールであるが、思いのほかエキサイトするのが不思議だ。また、単純な遊びのなかに、歴史文Cimg3643化的な薫りや、江戸の粋な世界が広がっており、愛好家の方々が多いのもわかる気がした。遊戯前には浅草芸妓さんがたの踊りが披露されたのだが、こういうときは日本酒でも飲みながら、ゆるるりと鑑賞できたら小粋だろうなぁと思ったのでした。

 

 

 

 

|

« | トップページ | 京都・名古屋 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531400/59420360

この記事へのトラックバック一覧です: 南雲吉則先生 絶賛の店:

« | トップページ | 京都・名古屋 »