« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月29日 (火)

山梨 初孫

Cimg3778GW前半は休日出勤の代休も併せて、山梨方面に一泊旅行に行ってきた。

 Cimg3781 今回は神社巡りが多かった。浅間神社、北口本宮冨士浅間神社、武田神社、護国神社に参拝してきた。

また、忍野八海で桜と冨士を堪能した後、奥さんは山中湖に住む高校時代の友人と久しぶりに邂逅した

Cimg3794 。帰路は陣馬山、相模湖に寄って、奥さんの祖Cimg3829父のお墓参りにも行ってきた。 その墓地は忌野清志郎さんのお墓もあって、多くのファンの人がノートに記入していた。僕も忌野さんのお墓に参拝したが、僕にとって忌野さんはロックスターというよりも、ブレイク前の「僕の好きな先生」といった独特のフォーク路線を歩んだ逸材というイメージが強いのだ。

 たいした渋滞もなく、早めに帰京できたため、母と合流して本所「みず穂」で飲む。

 一昨日、長女が女の子を出産した。僕の初孫である。さっそく、今日は親戚も誘って、新生児を見にいってきた。3500グラムの大きな女の子であった。可愛い子である。Cimg3847 旅行中に、美しい景色をみながらも、毎日何の心配もなく、旅行したり、お散歩したり、日向ぼっこしたりするのは苦痛だろうなと思った。この美しい冨士山や、満開の桜、澄み切った泉に感動しながらも、この気持ちは普段の辛かったり、やるせなかったりする日々があるから、味わえるのだと思った。

 御爺ちゃんと言われようとも、僕はこの未完の人生を突破していこうとしていることに気づいた。今夜は、新生児に会った後、皆で焼肉屋に行った。肉、にんにく、マッコリのおかげで、戦闘モードになってしまった。

 

※今日のニュースで、韓国の旅客船沈没時に真っ先に逃げ出した船長を批判する報道をしていた。乗客全員が無事避難するまで船長は船内に留まらなければならない。 つまり、乗客の安全のために、場合によっては船長は死ななければならないということだ。

 今回の件で、人権尊重、権利意識が叫ばれる現代社会において、生命がけで、死をも迎え入れる民間人の仕事が存在していることに、少し驚きをおぼえた。

 そうなのだ。船長以外にも、人は時に自己保存欲を捨てて、他者のために懸命にならなければならないときが存在するのだろうと思ったのだった。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月22日 (火)

   韓国政府関係の方と会う。

 話題はやはり、沈没船のことになるのだが、前から気になっていることを聞いてみた。

 韓流ブームのときに言われていたのが、韓国男子は兵役があるので、甘っちょろい日本男子よりも精悍で礼儀正しく、モテルのだというのは真実なのか?と。

 よく聞いてみると、兵役といっても軍隊訓練のようなハードなものは一部であり、料理係とか郵便配達とか、事務担当などがあるらしい。そして、実弾訓練についても、詳しくお聞きした。

とても好感のもてる方であった。

 その後、行きつけの「みず穂」に寄って、生まれてはじめて「アンコウの刺身」を食べた。なんともいえない歯ごたえであり、ついつい飲みすぎてしまった。

 あぁ、そうだ! 先日、小笠原流弓馬術礼法の方々とご一緒する機会があった。若い方々が多く、服装もきちんとしていて、礼儀正しかった。宗家ともお話したが、やはり気品のある方であった。

 おもてなし、オモテナシと世間は騒いでいるのだが、ユニバーサル化したホスビタリティだけではなく、日本古来の小笠原流礼法なども日本人は見直して、取り入れていくべきではないかと思ったりするのだが。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月21日 (月)

宇宙は退屈ゆえに誕生した?!

今日は奥さんが残業なので、帰宅途中にライフに寄って、夕食用に寿司と全粒粉パン、ガーリックオイルなどを購入した。さっそく、浴槽にお湯を張る。ザボンとお湯につかりながら、頭の中ではいつものように様々な想念、妄想が駆け巡る。

 9784763194770 ふと、先週読んだ木内鶴彦さんの本の内容を思い出す。木内さんは彗星探索家で、4つの彗星(1990年3月チェルニス・木内・中村彗星・1990年7月土屋・木内彗星・1991年1月メトカーフ・ブリューイントン彗星・1992年9月スイフト・タットル彗星)を発見した。また、スウィフト・タットル彗星をたった11 桁の電卓を使い、独自の軌道計算により出現ポイントを予測し、大型双眼鏡での眼視で発見。世界を驚かせた。さらにその軌道から、2126 年に地球への衝突を示唆し、映画「ディープインパクト」や「アルマゲドン」のモデルとなった。

 木内さんのユニークなのは、22 歳の時(1976年)、上腸間膜動脈性十二指腸閉塞(俗称:ポックリ病)という珍しい病気にかかり、世界で例のない30 分もの呼吸・脳波・心臓停止の死亡状態から奇跡的に生還したことだ。その間に時空を越えた不思議な体験をしており、あの有名な立花隆氏の「臨死体験」にも登場している。

 ここから、ちょっとあやしいはなしになるのだが..........。木内さんは、ビッグバン以前の世界にもワープしたそうだ。そして、そこには意識が存在しているのだが、永遠の安定があり、何の変化もないため、意識は退屈していたそうだ。そこで、安定した世界に歪みをつくり、それが元通りになっていく過程をつくった。それがこの宇宙らしい。

 突拍子もないハナシだとは思うが、妙に納得してしまった。その意識(神ともいえるかも)が退屈したという例えは、何かの本で読んだ神は自分を確かめたくて、宇宙をつくったというハナシとも通じている。

 さて、前置きが少し長くなったが、僕は重曹を入れた湯船に浸かりながら思った。

 仕事のあたふたと慌しい時間から開放されて、我が家はホッとする空間であると思ってきた。つまり、我が家というのは仕事とか世事の辛さから守ってくれるシェルターであり、ホッとさせてくれる貴重な時間..........でも、違うような気がしてきた。

 このホッとする時間は、仕事や世事からの解放ではなく、そもそも人間はホッとしている存在であり、そのままホッとし続けると、退屈し、だらけてしまうので、アドベンチャー、レジャーのように娑婆に出て、感情の起伏を味わい、不安定な自分を体験することにしたのではないか。

 その娑婆での葛藤ゆえに、ホッとしていることが当たり前ではなくて、有り難いということに気づくのではないか。

 だから、誤解を恐れずにいうならば、悠々自適の人生などというものは、自分の魂を揺さぶるという貴重な体験の機会を逃している損な人生なのかもしれない。

 だから友よ、娑婆での不条理さを嘆くな! 己の葛藤に埋没するな!! その奥に、その深い部分にある人生の呼びかけを訊け!!!

 そんなことを思いながら、サミットの持ち帰り寿司をつまみに、お酒を愉しんだのであった。

 退屈な人といわれるよりも、バカな人といわれる方が好き! (^-^;

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年4月18日 (金)

京都・名古屋

Cimg3647 このリュックは、国内外の旅行をするうえでは欠かせず、また武道稽古のときも利用しているグッズである。

 そもそも、このリュックは浜口京子さんのアテネオリンピック出場時に、応援団メンバーに配布された貴重品である。もう10年経つが、一昨年のロンドンオリンピックにも持参し、ロンドンの街を駆け巡った相棒である。

 そして、今回なぜだか、新幹線ホームでこのリュックを記録しておこうという気持ちになったのだ。

 

Cimg3661 京都は仕事の関係上、重要な場所である。 Cimg3671

 だから休日出勤の代休日に、経費は自己負担で京都に行くことにした。もちろん、桜の季節でもあるので、名所観光もはずさないようにした。

  醍醐寺、平等院を訪れてから、ホテルに行ってチェックインする。5階の部屋であった。一人でエレベーターに乗って5階フロアに着いたのだが、ドアが開いてフロアを見回すとなんと客室がなくてエレベーター4基しかない空間であった!! Cimg3687 コッ、これはどういうことなのかぁ!! !!(゚ロ゚屮)屮

ひよっとしてこのホテルは、524とかいう部屋番号であっても、実は客室は階層が違っているのか?とか、違うエレベーターでなければ到達できない仕組みではないのか!?などと焦りつつ、とりあえず1階に引き返した。そして、ホテルの案内図を見ると、やはり5階は客室となっている.......。

 恥を忍んでホテル従業員に「5階に行ったら、客室がないんだけど、ホントにあるの!?」と尋ねたら、一瞬時間が停止した。「この人は何を言っているだろうのか.....」という顔つきで「あります....」との返答がこだました。!

 まるでミステリーゾーンの世界に入りこんだような気分で再び5階に向かった。ドアが開く。やはりエレベーター4基しかないホールだ。おかしいなと右側をみたら、ロック式の自動ドアがあり「客室はこちら」と書いてあるではないか!!

こんな阿呆らしい話で、ずいぶんと引っ張ってしまってすまない(ノ_-。)

 今回の旅では、あることからサイマティック療法を受けることになったり、気空術名古屋支部のオープンに参加させて頂いたり、明治村に寄ったりと、書けば大変な量になる経験をしたのだが、とりあえずここまでということに.... Cimg3763

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 9日 (水)

南雲吉則先生 絶賛の店

 色々な方から、南雲吉則先生の御用達のお店「四季の味 みず穂」についてお問い合わせ頂いております。正直言って、このお店は僕の隠れ家あり、あまり多くの方々には来てほしくないのですが、まぁきちんとお知らせいたしましょう!!

 南雲先生とは30年ほどの付き合いがあるご主人が、南雲流のアジ叩きとか、鰯のつみれ汁といった南雲レシピをはじめ、美味しい料理をリーズナブルなお値段で提供してます!!

予約だと、料理4000円位からです。僕の経験では、お酒を極端に飲まなければ、6000円程度でOKです。もちろん、予約なしでも大丈夫です。

四季の味・みず穂 東京都墨田区本所2-3-6 03-5610-5589

問い合わせしづらかったら、takkuns parkブログ を観たと言ってください!!!

............................................................

Cimg3635_2  先週末は浅草寺の伝法院へ。伝法院庭園は寛永年間に作られ、およそ1万平メートルの庭園は、2011年9月に国の指定名勝に指定され、普段は非公開だが春には期間限定で公開されている。 

 いつも、大変賑わっている浅草の地において、このように静かで文化的な庭園があるのは凄いことである。池のほとりから伝法院の左には五重塔、右にはスカイツリーを臨むことができる。

   伝法院大書院では「投扇興」の催しがあった。江戸時代からはじTky14040520370002n1_2まったという、扇を投げて的に当てる古典遊戯で、かなりシンプルなルールであるが、思いのほかエキサイトするのが不思議だ。また、単純な遊びのなかに、歴史文Cimg3643化的な薫りや、江戸の粋な世界が広がっており、愛好家の方々が多いのもわかる気がした。遊戯前には浅草芸妓さんがたの踊りが披露されたのだが、こういうときは日本酒でも飲みながら、ゆるるりと鑑賞できたら小粋だろうなぁと思ったのでした。

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 4日 (金)

 今日は80人ほどが参加した歓送迎会があり、余興でサザエさんの波平役をやらされ、ハゲている僕としては恥ずかしかった。また、頼まれた締めの挨拶が少々お下品となってしまったので、帰宅してから飲みなおして反省す。先ほど、うちの奥さんからメールがあり、仕事で救急搬送したとのことで、午後10時過ぎまで残業をしているのに、こうして帰宅した亭主が芋焼酎を飲んでいてすまない。

 そして、いつも反省といいつつ、パソコンに向かうと。余計なことばかり書いてしまってすまない(;ω;)。

 とりあえず、書きたいことを書きます!!

 保江邦夫教授の新刊

41x9lecwqll__sl500_aa300_  昨日は保江邦夫教授の「古神道<<神降ろしの秘儀>>がレムリアとアトランティスの魂を蘇らせる時 」という危なげなタイトルの新刊をイッキに読んだのだが、最近の教授の著作のぶっ飛び方を更にパワーアップしたぶっ飛びなのである。

 もうここで説明することは困難なほどのぶっ飛び方であり、多分殆どの一般人が保江教授をイってしまった人と思うのは当然であろう。しかし、僕には保江教授の自分の立場や、評価に固執することなく、自分自身の姿をあそこまでさらけ出すのは、むしろ潔いと感銘を受けるのである。

 そして、混迷極める現代において、その凝り固まった既成概念の地層に風穴をあけるのは、保江教授のような新しいタイプの社会人なのかも知れないと、秘かに思ってしまったのである。

 新刊はぶっ飛んではいるけれども、ここ最近読んだ多種多様の本の中では、ダントツに面白く、エキサイティングな内容であった。少しでも興味のある方は、是非読んで頂戴!!

ハンドガン購入    P_main_131210110934_4

 保江教授の新刊の後に、ハンドガンの話題になるとは、まさに保江ワールドを模倣しているようで恐縮であるが、先月、消費税増税前に駆け込み需要が殺到しているというニュースを観て、奥さんと何か買うものあるかと話したら、なにも....ない....のであった。

 だが、何かあるのではないかと自問自答すると、あったのだ。最近、僕の中ではエアガン熱が20年振りに再燃焼しているのだが、購入するのは大体が3000~4000円の低価格製品であり、一番高いのが6000円ほどの10歳以上対象のマシンガンであった。まあ、それなりに日本製品ということもあり、品質はいいのだが、やはり何か物足りない。

 できるならば18歳以上を対象とした、電動ガンが欲しいということで、増税直前の3月31日午後11時にamzonで購入した。かなり酔っていたような気もするが...。4月から異動で、かなりストレスフルな仕事をすることもあって、自分を勢いづけるためという言い訳もあったのだが。

 実際に、撃ってみると、凄い凄い。飛距離50メートル!! もう、10歳以上対象のガンなどは子どもだましで購入できないと思うくらいに、威力抜群、重量ズッシリなのである。

 最近、僕の影響を受けて、元部下の20代半ばの女の子が自室でマシンガンを撃って、お母さんに怒られたり(お父さんは興味ありげだったらしいが...)、40代の管理職男性がアメ横で台湾製のハンドガンを購入したりしている。興味ある方は是非!!!

 今日は仕事で警視庁に行ったのだが、満員のエレベーターの中で、この人たちは実銃訓練をしてきたんだなと思ったら、自分がちょっと恥ずかしかったのでした。

     Cimg3629_2

  もう、午後11時過ぎなのに、奥さんはまだ仕事をしています。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »