« | トップページ | »

2014年3月27日 (木)

ローン・サバイバー

 年度末ではあったが、休日出勤の代休を無理矢理にとり、久々に映画を観ようということで、3月20日にオープンしたTOHOシネマズ 日本橋に行ってきた。ここはラージスクリーンと都内で初めて革新的なシネマ音響「ドルビーアトモス」を導入したらしい。映画は午前10時半の回だったが、観客はそこそこ入っていて、高齢男性が多かった。

 映画は「ローン・サバイバー」 Photo 2005年6月、アフガニスタンの山岳地帯で偵察活動中の4人のネイビーシールズ隊員が、200人を超すタリバン兵の攻撃にさらされることになる。全米ベストセラーとなったノンフィクション「アフガン、たった一人の生還」が原作らしい。

 とにかく痛い映画である。銃撃戦もそうたが、山を転げ落ちながら、岩に身体がぶつかり続けるシーンは特に痛かった。これは体力がいる映画である。

 冒頭のネイビーシールズの特訓シーンが凄くて、また物語の終了後に流れる実際の登場人物たちの映像が涙を誘う。

 気になったのが、映画が始まる直前に近々オープンするサバイバルゲーム場のCMが流れていたのだが、この映画を観てしまったら、軽い気持ちで戦闘ゲームをやる気持ちにはならないのではあるまいか。この映画を観て、サバイバルゲームをやりたいという人がどのくらいいるのだろうか....。

 そのまま夕方は、仕事仲間の送別会に出たのだが、自分を含めたサラリーマンたちの会話と生き様が、映画の人物たちとあまりにも乖離しているので不思議な感じがした。

 この映画はたいしたストーリーはなく、ほんとにサバイバルする場面が主なのであるが、逆にそれが自分自身について考えるきっかけを与えてくれた。

 戦闘集団のような殺気も男気もなく、また逆に自由奔放さも失った、極めて中途半端な人間性と人間関係をもった社会人になっているのではないかと、飲み会の帰りに内省した。

 

.......では、ずっと忘年会、お祝い会、仕事の会合等が夜な夜な続いており、とりあえずは胃薬を飲んで眠ることにします。

 おやすみなさい。

|

« | トップページ | »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531400/59366625

この記事へのトラックバック一覧です: ローン・サバイバー:

« | トップページ | »