« 仏壇審査員! | トップページ | 「世界一大きな絵」プロジェクト »

2014年2月25日 (火)

気空術東京講習会

  気空術の東京講習会が日曜日にあった。昨年の7月以来、2回目の体験である。僕は武道家としては、まったく未熟ではあるのだが、気空術.......これは、空手であって空手ではない! 格闘技でもない! しかし、武道本来の源流につながる、まさに「謎の空手」なのかもしれないと思ったのである。

 正直言って、最初にyoutubeにupされている気空術の動画を観たときには、なっ、なんだぁ、これは!! これが武道といえるのかぁ! 何か見てはいけないものを見てしまったようなが気がしたのであった。動作がとてもゆる~く感じられたのだ。51ttt1oetfl__sl500_aa300_

 しかし、今回の講習で空手の威力を放棄することによって、一見ゆる~く感じられるが、実は圧倒的なほど相手を倒してしまう気空術の真髄はそこにあるのではないかと気づいた。相手を敵とみなし、アドレナリンを放出しながら粉砕していくのではなく、自分と相手を信頼し、ゆるやかな流れに乗っていくことが、ひとつの技として表現されているのだ。

 未熟な僕としては、気空術については、まだまだ浅い理解しかできていないのだが、沖縄空手の重鎮である銘苅拳一先生(上海空手協会最高師範 中国に500万人の弟子がいる)は、気空術を自分が求めてきた武道だと感銘して、入門なさった。銘苅先生ほどの立派な武歴、お立場がある方が、白帯を締めて熱心に稽古なさっていらっしゃるらしい。まさに真の武人である。

 今年の四月からは気空術の名古屋支部ができるとのこと。ぜひ、東京にもつくりたいと思うのであった。

 さて、日曜日は僕の奥さんの誕生日であり、彼女も講習会に出た。講習後の打ち上げに30人近くが参加し、冒頭に畑村会長から奥さんへのプレゼント贈呈があって、全員でハッピーバースディを歌った。むさ苦しそうな男たちが殆どであったが、畑村会長の人柄もあってか、とてもとても暖かく楽しい時間を過ごしたのであった。彼女には泪橋冠光寺流倶楽部から道着のプレゼントもあった(゚ー゚)。 

|

« 仏壇審査員! | トップページ | 「世界一大きな絵」プロジェクト »

武道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531400/59195051

この記事へのトラックバック一覧です: 気空術東京講習会:

« 仏壇審査員! | トップページ | 「世界一大きな絵」プロジェクト »