« | トップページ | 子どもにできて、大人にできないこと »

2013年9月16日 (月)

ももクロよ、ありがとう

 今日の午後は浅草で堺正章さんをリスペクトするアーテストたちによるイベントがあった。なかなか楽しくバラエティーに富んだイベントであったが、特に印象的だったのが、ももいろクローバーZである。彼女らはシークレットライヴだったが、ファンに洩れたらしくて、多くの親衛隊が集まっていた。

 おじさんは彼女たちをよく知らなかったのだが、彼女らの魅力が理解できた。AKBが歌謡曲ならば、ももクロはロックだと思った。そして、ライヴで一番興奮したのが、ももクロが舞台に立つ直前のファンたちの掛け声と踊りであった。

 それは、バリ島のケチャを超越し、既存の宗教儀式を数十倍にパワーアップしたようであり、まさに秘儀を垣間見たようなキモチになったのだ。親衛隊はかなり若い男性からおじさんまでの男たちと、一部の女性たちが、ライトを輝かしながら、放心状態に陥ったような儀式をしていた。このパワーはとてつもなく凄いと、即座に実感したのであった。

 今までおじさんはおたくファンたちを好ましくも不気味にも思っていたのだが、本日チェンジマインドです。あれはまさしく宗教儀式です! 祭りです! 何かを生み出しそうな勢いです! 

おたくファンたちよ!!  おじさんはいままで誤解していてすまなんだ!!!!!!!!m(_ _)m

 そして、おたくたちはパワフルだが、とてもやさしい。ちょっとどうか...というア-ティストの演奏に対しても罵倒することなく、受容し、盛り上げようと歓声と拍手を惜しみなくおくっておる。

  おたくフアンを馬鹿にするお前たちよ、よく聞け!!

   奴らの身体動作は単純すぎるが、奴らは踊ることによって、自分を奮い立たせ、空間を変化させることに気づいている。半沢直樹にでてくる、頭脳主体で一喜一憂し、策略を練っている連中よりも、奴らは人間本来のチカラを実感しているのかもしれないぜよ。

 .........おたくフアンの中に入って、一緒に過ごせて、おじさんは愉しかったです!!

 真後ろの席にいた知人が、僕に「随分と乗っていましたね!」と声をかけてくれた。    Dsc_0299  そしておじさんにとって、ももクロの評価が上がったのが、西遊記である。彼女らはこのライヴのために孫悟空、三蔵法師はじめ西遊記の衣装を身にまとっていた。後半にはあの名曲「ガンダーラ」を歌ってくれたのだ。

 おじさんにとって、ゴダイゴのヒットから30年以上の年月を経て、「ガンダーラ」をももクロが歌い踊り、若いフアンたちが一緒に声援するという夢のような出来事が現実となった。ありがとうももクロよ、フアンのみんなよ!!

  最後に、堺正章さんは本当に完成されたタレントであると思った。機転が利いたジョークや仕草は名人芸であり、堺さんと絡むことによってももクロの良さが引きだされていた。いつまでも、お元気で活躍していただきたいものである。

(その二)

 昨日の出来事である。

 柔術の稽古後の打ち上げでスピリチュアル治療家の方に占って頂いた。

 僕が選んだ最初のカードは「感謝」であったが、それから治療家の方は瞑目されながらカードを選び「分離」を、そしてまたまたカードを選ばれたのが「誠実」であった。

 それらのカードのメッセージを読んだ後、治療家の方は瞑目し、僕の肩に触れながら、ハイアーセルフからのメッセージを伝えてくれた。「人を気遣って、自分を装うのではなく、自分が笑いたければ笑って、相手に表現することが大切。自分が思った世界が現実となる。自分が世界の嫌な面をみていれば、その世界が現れる。世界の美しさを見るようにすれば、美しき世界が現れてくる。あなたがその力をつかっていくことが、少しでもこの世界を変えていくことになる....」正確ではないが、そのようなニュアンスのメッセージであった。

 エンジェルカードの真偽についてはよくわからないが、治療家の方のメッセージが僕の心に響いたのは事実である。勇気を与えられた気がしたのだった。

 

|

« | トップページ | 子どもにできて、大人にできないこと »

心と体」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531400/58202285

この記事へのトラックバック一覧です: ももクロよ、ありがとう:

« | トップページ | 子どもにできて、大人にできないこと »