« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月29日 (日)

「エリジウム」

今日は日曜で休みだけど、午前中に資料整理のために職場に行ってきた。昼は仕事絡みのイベントがあったので寄ってきて、午後3時前には帰宅できた。

 映画の招待券を頂いていたが、期限が今月中ということを思い出して、シネコンに行ってみた。クドカンの「謝罪の王様」が目当てだったが満席のため、「エリジウム」を観た。 200_2 

 「第9地区」の監督がマット・デイモンを主演にして、富裕層と貧困層に二分された世界を舞台に描くSFである。

 (ネタバレ注意!) 富裕層は大気汚染の地球から離れた、快適なスペースコロニー「エリジウム」に住んでおり、病気や怪我も自宅で治癒するマシーンをもっていた。

 最後は、貧困層にもエリジウム市民の資格が与えられて、めでたしめでたしとなるのだが、どうも腑に落ちない。

 これは近未来SFであるのだが、二分化された世界は現在の地球上のことではないのかと思ってしまうのだ。

 自宅でテレビを観ながら、愚痴不満をいいながらも生き続けられる先進国の人間たちと、食糧難や紛争、貧困にあえいでいる途上国の人たち.......。紛争で負傷した子どもを抱え、きちんとした医療を受けさせられないた親たちからは、日本や韓国、欧米などの先進国はどのような眼差しでみられているのだろう。

 映画はハッピーエンドで終わったようだが、その後の世界はどうなってしまうのか。どのような政治体制がひかれ、治安維持や、経済活動、そして食糧確保等のとてつもない問題を抱えたまま、未来に向かっていくことになるであろう。

 このSFアクション映画は、かなり鋭く現実世界に迫ってくる作品なのである。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月27日 (金)

福田美蘭展

「福田美蘭」  本日、東京都美術館「福田美蘭展」を訪れて、彼女の強烈なアバンギャルドさと、鎮魂者のような清楚さに圧倒された。芸術の底力を見させてもらいました。

M0deqg0000005lbf_2                    ポーズの途中に休憩するモデル(2000)

Fukuda_miran_04_3                     レンブラント―パ. レットを持った自画像(2002 年)

Art13082907470003p3_2                             噴火後の富士(平成17年)

  皇后さまも今月18日に美術館を訪れ、震災後の作品などに足を止められご覧になった御様子。

 Cimg3041_3                春-翌日の朝刊一面 2012年

Cimg3042_2                      夏―震災後のアサリ  2012

 僕が特に気に入ったのがこれ! 彼女の祖父である童画家の林義雄氏が100歳を超えて亡くなったが、この作品は、祖父の描いた生きものを涅槃図にしたもの。

Cimg3040                                   「涅槃図」:2010年

Cimg3045                 「眠れる森の美女•オーロラ姫」

 Cimg3049

  金曜の夜間公開だったため、ゆっくりと観ることができた。良い時間を過ごせて感謝感謝。

 一緒に行ったうちの奥さんに、「福田美蘭は僕と同じセンスの持ち主だ」と言ったら、呆れていたが、そうなのだ! 僕は10代の頃からに自分のセンスに強烈な優越感と劣等感を併せもっており、孤独感を感じていた。しかし、高校生のときにテレビ東京で放映していた「空飛ぶモンティパイソン」を観たときに、俺と似たセンスの連中がいたと大喜びしたものであった。 福田さんをモンティパイソンと一緒にしたら失礼かもしれないが、僕が彼女のような芸術的才能があったら、割りと同じような発想をしたと思うのは、誇大妄想なのだろうか...(;д;)

 福田さん、ごめんなさい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月24日 (火)

ももクロの「モノノフ」....奥さんにあきれられる?!

 今夜は近所の居酒屋さんが、一年近くかけて新装オープンしたので、仕事帰りに寄ってきた。

 そして、なぜか帰宅してから、少々の興奮状態にあり、AKB48の「恋するフォーチュンクッキー」の動画を見ながら、自分も一緒にオニギリを握るようなダンスをしてしまった。

 もう、50を過ぎた齢でありながら、酔ったとはいいつつもAKBの振付を真似して、自宅で踊っている亭主の姿を目撃した奥さんは驚き、涙していた様子である。

 しかも、その後先日BSでやっていた「ももいろクローバーZ」を熱心にみている亭主をみて、更にその苦悩は深まっていった様子である。

 おじさんは、10日前にナマで観た「ももクロ」の特に「労働讃歌」に興味をもったのだが、大槻ケンヂ氏が作詞したという歌詞の内容をみて驚いた。Si09_3

 まず、最初のラップで驚いたΣ(゚д゚;)

 労働のプライドを今こそ歌おうぜ!
全員で叫べば勝てるかもしれないぜ!
ドンペリ開けてるセレブじゃねえんだぜ!
こちとら働いてナンボだ労働For You! 

 そして、サビの部分がまた素晴らしい。

働こう働こう
その人は輝くだろう
働こう働こう
生きていると知るだろう
ただじっと手を見ていたんじゃ
一握の砂さえこぼれるから

働こう働こう
ビッカビカに輝け!
働こう働こう
必ず
誰かが
助かってくれてる
それがプライド
労働For You あ~は~ん

なんというアバンギャルドなアイドルグループなのか!!!!!(゚ロ゚屮)屮

 数万人のももクロ親衛隊「モノノフ」が、この働こう働こうの部分で大合唱となる。これは凄まじい光景である。働くことの本質を追求した歌が、この10代のアイドルたちから、説法のように繰り返されている。「モノフフ」たちの働こう働こうとカラダを屈伸させながら、大声で生命の躍動感を歌う姿は、三社祭や宗教行事に通ずる部分があるとおじさんは思った。

 カラダを使うことが、現代社会では健康管理のためのジョギングや、フイットネス、そして勝つためのスポーツ競技に特化されてきて、純粋にカラダを使って、魂を躍動させるような体験が少なくなってきたように感ずる。スタジアム内でモノノフたちは狂ったように踊り、歓喜し、声援を送り続ける。

 おじさんは、気が変になったといわれることを承知で、モノノフに参入したいようなキモチになったのだが、奥さんや、親戚、同僚部下たちからの冷たい視線とその後の関係性が気になって、泣く泣くPCに向かって気持ちを吐露したのであった。酔いが醒めてしまった。

 おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月21日 (土)

子どもにできて、大人にできないこと

 木曜日の夜の合気道は、部下との打ち合わせが長引き、遅刻しての参加となった。

 その日、大きな気づきがあった。

 肩取に入る直前の稽古として、相手の腕を掴みながら、大きく円を描くように腕を旋回させる運動を行なった。これは、普通にできる運動行為であり、何人かと組んだが当たり前のように、二人の腕は旋回した。

 しかし、高段者の先輩と組んだときは、スムーズに旋回することができない。

 「もっとチカラを抜いて」と何度も言われたが、動きがギクシャクしてしまう。

 「赤ちゃんの手を廻すように」とアドバイスを受けた。当然、急に中年おじさんが赤ちゃんになることは困難であり、最初は中学生レベル、次に小学生と低年齢化しながら、なんとか幼稚園レベルまで到達してお遊戯をしている瞬間に、ふわっと二人の腕が廻った。何の力みもなく、まるで風が吹いたの如く。

 そういえば、この風が吹いたような感覚は何度か味わってきたことを思い出した。

 合気上げで、先輩門人に座りながら両手を押さえこまれ悶々としていたときに、一瞬なにも考えずに自分の両手をあげたときに、先輩はふわーっと風が吹いたように、立ち上がった。

 合気道でも、ほんとうになんの力も使わずに(実際は当然筋肉は使っていても) 、相手に技をかけたときには、相手を簡単に導くことができて、透明な風が吹いたような感覚が残るのだ。

 そして木曜の稽古で発見したのは、現在の自分(おじさん)がただチカラを抜いて、相手を動かそうという意識では、それなりの効果があっても、限界があるということだ。意識を自分のセルフイメージ(年齢、職業、趣味、過去の過ち....)から脱皮させ、ほんとうに純真な子どもになって、気持ちよく相手と向き合うことによって、無限のチカラを発揮できるのではないかということだ。

 (そういえば、以前読んだ、宇城憲治氏の「子どもにできて大人にできないこと(どう出版)」にも、スクラムを組んだ大人たちを動かそうとして、大人がやると無理でも小さな子どもが押すと簡単に倒れるという実験が証明されていた。)

Kodomo_01                         どう出版ホームページより

 武道では居付き(執着)から離れろといわれるが、こういうことなのかも知れない。

 一瞬、執着(勝敗、欲得、感情..)から離れたつもりでも、自分に対する自我を抱えたままでは、それが居付きとなる。自分の中にある自意識(中年男)(職業)(部下30人)(毎晩飲んでいる)(過去の恥ずかしき出来事)(家族親戚関係)..を抱えたままで、チカラを抜いても、たかがしれているのであろう。

 だから、その居付きから離れるために、意識を丹田、臍下に置く、相手を愛するといった方法があるのかも知れない。 

 そして、居付いた状況が自分を縛りつけ、本来のチカラを発揮させたないのは武道の世界に限定されが、私たちの日常生活にも及ぶハナシである。

 自分が執着していること。「こうなりたい」、「これが欲しい」、「許せない」といった思いは、エネルギーにもなるが、完全な執着と化してしまうと、そこから身動きがとれなくなり、状況の変化にも適応することが困難になる。

 こうであってほしいという強い思い。それが、例えば「家庭の幸せ」や「信頼し合う職場」を願いとしてもつのは、人として自然であり、それが活力を生むことにもなろう。しかし、それが執着と化してしまっていると、自分の願望とは違った出来事が生じた場合、それは苦悩の種となり、葛藤を生じさせ、自分を不安定な存在としてしまう危険がある。幸せだと思うことが、自分や周囲を不幸せにしてしまうという逆転現象を生じさせるのだ。

 小さな子どもは、泣いても、すぐに笑うことができる。大人は、泣いたら、そこから離れられずに引きずってしまって、笑うことができない。

 子どもが沢山の経験や知識を積んで大人になる。子どもが知らない世界を体験してきた大人が、子どものような素直な気持ちになれたら、そこには凄い可能性があるのかもしれない。 

   マタイ福音書18章

 そのとき、弟子たちがイエスのもとにきて言った、「いったい、天国ではだれがいちばん偉いのですか」(1節)

  「そこで、イエスは一人の子供を呼び寄せ、彼らの中に立たせて、言われた。『はっきり言っておく。心を入れ替えて子供のようにならなければ、決して天の国に入ることはできない。自分を低くして、この子供のようになる人が、天の国で一番偉いのだ』」(2~4節)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月16日 (月)

ももクロよ、ありがとう

 今日の午後は浅草で堺正章さんをリスペクトするアーテストたちによるイベントがあった。なかなか楽しくバラエティーに富んだイベントであったが、特に印象的だったのが、ももいろクローバーZである。彼女らはシークレットライヴだったが、ファンに洩れたらしくて、多くの親衛隊が集まっていた。

 おじさんは彼女たちをよく知らなかったのだが、彼女らの魅力が理解できた。AKBが歌謡曲ならば、ももクロはロックだと思った。そして、ライヴで一番興奮したのが、ももクロが舞台に立つ直前のファンたちの掛け声と踊りであった。

 それは、バリ島のケチャを超越し、既存の宗教儀式を数十倍にパワーアップしたようであり、まさに秘儀を垣間見たようなキモチになったのだ。親衛隊はかなり若い男性からおじさんまでの男たちと、一部の女性たちが、ライトを輝かしながら、放心状態に陥ったような儀式をしていた。このパワーはとてつもなく凄いと、即座に実感したのであった。

 今までおじさんはおたくファンたちを好ましくも不気味にも思っていたのだが、本日チェンジマインドです。あれはまさしく宗教儀式です! 祭りです! 何かを生み出しそうな勢いです! 

おたくファンたちよ!!  おじさんはいままで誤解していてすまなんだ!!!!!!!!m(_ _)m

 そして、おたくたちはパワフルだが、とてもやさしい。ちょっとどうか...というア-ティストの演奏に対しても罵倒することなく、受容し、盛り上げようと歓声と拍手を惜しみなくおくっておる。

  おたくフアンを馬鹿にするお前たちよ、よく聞け!!

   奴らの身体動作は単純すぎるが、奴らは踊ることによって、自分を奮い立たせ、空間を変化させることに気づいている。半沢直樹にでてくる、頭脳主体で一喜一憂し、策略を練っている連中よりも、奴らは人間本来のチカラを実感しているのかもしれないぜよ。

 .........おたくフアンの中に入って、一緒に過ごせて、おじさんは愉しかったです!!

 真後ろの席にいた知人が、僕に「随分と乗っていましたね!」と声をかけてくれた。    Dsc_0299  そしておじさんにとって、ももクロの評価が上がったのが、西遊記である。彼女らはこのライヴのために孫悟空、三蔵法師はじめ西遊記の衣装を身にまとっていた。後半にはあの名曲「ガンダーラ」を歌ってくれたのだ。

 おじさんにとって、ゴダイゴのヒットから30年以上の年月を経て、「ガンダーラ」をももクロが歌い踊り、若いフアンたちが一緒に声援するという夢のような出来事が現実となった。ありがとうももクロよ、フアンのみんなよ!!

  最後に、堺正章さんは本当に完成されたタレントであると思った。機転が利いたジョークや仕草は名人芸であり、堺さんと絡むことによってももクロの良さが引きだされていた。いつまでも、お元気で活躍していただきたいものである。

(その二)

 昨日の出来事である。

 柔術の稽古後の打ち上げでスピリチュアル治療家の方に占って頂いた。

 僕が選んだ最初のカードは「感謝」であったが、それから治療家の方は瞑目されながらカードを選び「分離」を、そしてまたまたカードを選ばれたのが「誠実」であった。

 それらのカードのメッセージを読んだ後、治療家の方は瞑目し、僕の肩に触れながら、ハイアーセルフからのメッセージを伝えてくれた。「人を気遣って、自分を装うのではなく、自分が笑いたければ笑って、相手に表現することが大切。自分が思った世界が現実となる。自分が世界の嫌な面をみていれば、その世界が現れる。世界の美しさを見るようにすれば、美しき世界が現れてくる。あなたがその力をつかっていくことが、少しでもこの世界を変えていくことになる....」正確ではないが、そのようなニュアンスのメッセージであった。

 エンジェルカードの真偽についてはよくわからないが、治療家の方のメッセージが僕の心に響いたのは事実である。勇気を与えられた気がしたのだった。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月13日 (金)

 今週もあっという間に週末を迎えようとしている。何をしてたんだっけと思い出せないので、頑張って書いてみよう!

月曜は仕事帰りに合気道にいって、仲間を誘って短時間でかなり飲んだ。それしか思い出せない(゚ー゚;

火曜は午後いっぱい審査会らしきものを行なってから、部下たちと数軒飲み歩いた。新人の職員からは素敵な上司とお世辞でもいわれて喜んでいたのだが、ワイン、生ビール、酎ハイと10杯くらい飲んでしまって、下ネタ、筋肉ネタを披露してしまい、評価が著しく低下した模様(;д;)。

水曜日は、緊急問題が生じてその対応で昼食も食べずに働き続けた。

 木曜は、スキンヘッドの部下と仕事で国立代々木競技場第一体育館で開催されたファッションとデザインの合同展示会「rooms(ルームス)」に行ってから、帰りに原宿ルセーヌ館に寄った。ここでは3年前に結婚パーテイーを行なってから、数回訪れている。しかし、馴染みのスタッフがいなくて、新人らしき女性スタッフが、入館した我らハゲ男二人組をみて、焦った感じであった。僕がここで結婚式を挙げたとことをいうと彼女の瞳孔が開いたようだった。

 違和感を感じたスキンヘッド部下は、「僕たちゲイカップルと思われてるんじゃないでしょうか。結婚式も同姓婚したと思っているかもしれません」と言うではないか。確かにお店の中は女性ばかりで、皆ケーキとお茶を頼んでおり、午後5時過ぎにテーブル席でビールだけ注文して飲む男たちはまずいないであろう。その危険性はある.......。早速僕はビールを運んできた彼女に「結婚をしたのは彼が相手じゃないからね」と念を押したのだが、それを聞いた彼女の笑みは何だったのだろう。

 金曜の今日は、来月に部下の一人が出産のため長期休暇をとることになり、その穴埋めのために病欠等で人数的に苦しい状態のわが組織ではあるが、ある係から人を移動させること決めた。就業後、会議室に全スタッフを集めて、異動の発表を行なった。一人抜かれた係は大変になるが、それでも組織全体の状況を理解してくれて、今回の異動を受入れてくれた。よかった。組織内の人員配置は僕が権限をもっているが、俺がこう決めた、だから皆は従えというのは、リーダーシップを履き違えていると思うのだ。だから、誠意を込めて、侘びもしながら、僕の決定を報告した。良い部下たちに恵まれていることに感謝。今後、僕は部下たちのパフォーマンスを高めてもらうために、良い職場づくりを行なう責任がある。

  夜は浅草でのインド映画「きっと、うまくいく」イベントに招待された20130316010fl00010viewrsz150x。【マサラシステム上映】(上映が盛り上がるように、観客は、手を叩いたり、歌のシーンでは踊ったりしてOK!好きなときにクラッカーを鳴らしてしてもOK!映画と観客が一緒になって盛り上がれる鑑賞方法です。)を導入した映画イベントであった。

 しかし、どうも主要人物の登場シーンに拍手やクラッカーが鳴ったり、踊りのシーンではダンサー集団がスクリーン前で踊るのだが、ちょっと引いてしまうのはオジサンの業でしょうか。まあ、それでも映画は3時間近い長編でしたが、とても面白い映画で良かったです。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 8日 (日)

週末のグルメ?

Cimg3027  久しぶりにこの週末は何の予定も入っていなかったので、土曜は千葉県に日帰り温泉に行った後、手賀沼にある旧武者小路実篤邸の隣に佇む、隠れ家的カフェ「小綬鶏(コジュケイ)」に寄ってみた。森の中の別荘のようなカフェである。あいにく手作りランチは売り切れのため、野菜カレーやサンドウィッチを頂いた。

 ここは美味しい食事とワインでこの景色を楽しみたいところだが、午後6時までしか営業していない。しかし、まあクルマなしでは来られない場所のため、いづれにせよお酒は飲めないが....

 そして、手賀沼から浅草まではうまくいくと1時間で帰れるのだが、昨日はあいにく常磐道が10キロ以上の渋滞のため、やむなく一般道を通って約2時間640x640_rect_16752786かけて浅草に着いた。

 午後7時に隅田川沿いの割烹「上総屋」に親戚と合流した。ここの一階は居酒屋になっており、森の中の洒落たカフェである「小綬鶏(コジュケイ)」とは対極に位置している店構えである。 実はこの丁度1ヶ月前にここで、親父の危篤の連絡があったときに部下と飲んでいて、病院に直行したのであった。親父がなくなったちょうど一ヵ月後に、同じ店で飲んでいるので不思議なものである。

 店は伝統ある下町らしい飲み屋で、値段も手頃なのが嬉しい。

Dsc_0283_2 そして、今日の昼は知り合いから勧められた店だが、これまた隅田川沿いのイタリアン「POZZA」である。親父の法要の打ち合わせを兼ねて、母と合流してランチと洒落込む。

 ここは凄い!! 本当にリバーサイドに位置し、テラスには豪華なソファ席だ!!スカイツリーも水上バスもバッチリ!!

  昨夜飲みすぎたにもかかわらず、ついつい生ビールを頼んでしまった。

 こうやって書いていると、週末グルメで散財しているようにみえるが、クルマはレンタカーで安い日帰り温泉に行って、高そうな店はランチのみで、夜は居酒屋で安くすましているので、それなりに節約できているのだ。

 それにしても、3000円の本を買うのに迷ってしまうのに、飲み会だと簡単に安い安いと言って払ってしまうのはどういう心理だろう。先日は500円の週刊プロレス買うのに躊躇し、結局買わなかったのだが、その後700円の中生を簡単に注文したのは何故だろう。

 僕が思うにそれは人間の生存本能に直結しており、飲み食いする行為については、趣味とか雑貨よりも優先され、許容範囲が広いということなのかも知れない....(^-^;。

 どうだろう?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 5日 (木)

新日本ブロレス 場外戦に動じない女性!!

10日ぶりのブログである。とにかく慌しかったし、記録しておきたいことも多々あるが、今日はこの話題でいこう!

今日は なんと! 新日本プロレスの新シリーズRoad to DESTRUCTION の開幕戦に行ってきた!! 新日本プロレス会場に行くのは10数年ぶりである。

 最近は、やっとプロレスの氷河期も終わり、ファン層も広がり、会場は盛り上がってきているようである。かくいう、私も、長期化したプロレス界の低迷期を憂いつつ、プロレスの復活をあきらめていた。しかし、若い魅力的な選手たちが台頭してきて頑張ってくれて、またそれに中堅レスラーたちも刺激されて、非常に活気があって楽しいプロレスとして再生されて人気を博している。

 ...というわけと、そして先月の内藤哲也選手が優勝した今年のG1グランプリにも刺激されて、オジサンは気乗りしない奥さんを無理矢理誘って、格闘技の聖地「後楽園ホール」にいってきたのだった。席は数日前に幸運にも4列目の特別リングサイドを確保できたため、間近で熱闘をみることができた。ここは飲食自由なのが嬉しい。シュウマイとサンドウィッチをつまみにビールと焼酎を飲みながら観戦した。

 今日の対戦カードはシングルなしのタッグばかりだったためか、緊張感には欠けたが、選手と会場がひとつとなって盛り上がっていた。

Photo その中で、印象的な事件が起きたのである!!!

  第二試合の入場時に飯塚高史選手が客席に乱入して騒然となった。数メートル前に飯塚選手が突進してきたときは私を含めて観客は皆席を立ったが、うちの奥さんだけは一人座っていた......。飯塚選手が暴れている半径3メートルのなかで、うちの奥さんだけが平然と座っていた。

 どうして、立たなかったのかと後からたずねると、自分の席(パイプ椅子)を壊されたくなかったとのことであった......!!(゚ロ゚屮)屮

 そして、永田裕志選手がYOSHI-HASHI選手に場外に連れ出され、暴行されているときも、彼女は撃沈された永田選手の眼の前で笑顔をみせていたのだ

Cimg3016_2 Cimg3018_3  

永田選手、すまない

  m(_ _)m

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »