« 空手とわたし | トップページ | »

2013年6月11日 (火)

金融機関会長と室長の師弟関係に学ぶ

 最近は、仕事関係でも飲む機会が増えている。このブログは、今日は飲み会とか、今日はこういう酒飲んで酔っ払っているという記述が多いすぎるのではないかというご指摘も多々頂いてます。

 しかし、日記がわりにブログを書くとすれば、当然日記は寝る前に書くのが普通です。だから、ブログも日記がわりならば、寝る前につけようと思うのですが、ほぼ毎日お酒を飲んでいるので、当然、酔いながらPCに向かうこととなります。

 あまりに酔いすぎているときは、さすがに微かに自制心が働いて、書くことはしませんが、今日は驚いたことがあるので、そこそこ飲んでますが(実は帰宅しても飲んでますが)、書いておきます。

 僕は今まで、酔って書いたブログでも、削除することはなかったのですが(偶に修正することはありますが)、一応、書いてみて、翌日見て、これゃあかんと判断した場合は、削除なり大幅修正しようと決意を新たにしました。

 こんなことで、前置きが長くなってすみまぜん。なんか酔っ払いの独り言を無理強いしている感じで、ごめんなさい(事実酔っ払いの独り言!)。

  今日は、ある金融機関の会合に御呼ばれ頂いた。

  役員、支店長クラスが一堂に会している、お堅い感じの会食会であり、会場はウェディンク゛もできる大きな老舗レストランであった。

 僕は、金融機関のトップであられる会長と同じテーブルとなり、甚だ恐縮しつつ、いろいろ飲んで食べてしまった。

 途中退席される要人を、お見送りすることとなり、僕も会長と御一緒にエントランスまで降りて行って、御挨拶して見送り、それから上階にある会場に戻ろうと、エレベータに乗ったときのはなしである。

 そのときは、○○室長(多分、部長級)も一緒にいたので、会長とエレベーターに乗り込んだ僕は室長にエレベーター乗ってクダサイと呼んだのだけれど、室長は頑なに辞退して階段を駆け上っていった。

 上階に着いて、エレベーターが開いた瞬間、なんと室長が深々と頭を下げ、我々をお出迎えして下さっていた!!!

  僕は驚いて、思わず「ここはカシータか!!」と失礼なことを口走ってしまった。※カシータとは有名な感動レストランで、スタッフがお客様をエレベーターで見送った後、階段をダッシュして一階で再度見送るパフォーマンスが有名。

 僕は感動してしまった。いつもは世の中を斜めにみている僕としては、室長にもなって媚び売ってんじゃねえとか、奴隷みたいでお前恥ずかしくないのかと、冷たい視線を送ったことであろう。

 しかし、今日はすがすがしかったのだ。多少の媚びもあるだろうが、会長の人格と権威を心から尊敬している部下の心意気をみせてもらった!。 僕も会長とお話して、その人間的魅力とプロ意識に感服してしまったので、室長が単なる組織の奴隷として、あのような行為をしたとは思えない。むしろ、尊敬の思いを、自分の身体を使って表現したのだろう。

 これは武道に通じる、師弟関係だと思った。

 今日は、いいものをみせていただいた。

 このことを記録しておきたかったのです。

  

 

 

 

|

« 空手とわたし | トップページ | »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531400/57571937

この記事へのトラックバック一覧です: 金融機関会長と室長の師弟関係に学ぶ:

« 空手とわたし | トップページ | »