« | トップページ | »

2013年6月17日 (月)

ここ数日の出来事

親父の入院

前のプログを書いた翌日、父は入院した。

 母は早朝に働いているのだが、もし親父が夜中に突然入院になっても僕や奥さんは仕事があるので、午前8時には交替しなければならないと思って、いつもより早く午前4時に家を出たらしい。日本橋の仕事場まで普段は都バスを使っているが、さすがにこの時間は運行してないのでタクシーを拾おうとしたが、半端な時間帯であり空車がなかなかこなかったらしい。

 結局雨の中を、浅草から日本橋まで約3キロの距離を45分かけて歩いた。そして、朝10時頃、父の特養から入院の連絡があり、江東区の特養に向かった。近隣の病院に入院したが、白血球の異常があるので、もっと大きな病院に転院する必要ありといわれ、昼からうちの奥さんも合流して、親父と救急車で山手線圏内の大病院に向かった。

 救急車の中では、救命士3人が同乗していたが、母は奥さんに「こないだ空手の先生きたとき、○○寿司は生ビールがなくなったみたいよ」とか、飲み会の話を続けていたらしい。救命士の皆さんは終始無言だったらいが、どうお感じになられたことだろう。

 大病院ではまた、入院手続きでいろいろあって、夕方から僕も奥さんに連絡して向かうと伝えたら、もう手続きは終わったので、母がどこかで食事しようと言っているとのこと。では、みず穂にしようということで、疲れたはてた二人と30分後に合流した。

 さすが、まいっている感じの母だが、ビールを飲むにつれ、肌つやがよくなり、お喋りが続いて、元気になったようだった。

 今後のことをいろいろ話したが、ぴったりの解決策なんてありゃしない。きっと、大いなる予定調和の中にあるのだから、のんびりいこうという気持ちになったのだった。

 関税 貿易

 土曜日は、仕事のお勉強をした。貿易、関税について、よくわかっていなかったが、さすがに関連書籍8冊読めば、ある程度だが少々の理解を得ることができた。

 TPPから始まってFTP、EPAの違いがわかってきたが、なんか何処の国とどうやって手を組めば儲けられるかというゲームのようである。そういえば、外国の社会実験ゲームで、誰かと仲良くやったらいくらかもらえるが、相手が裏切ったら全部チャラみたいなルールで、最終的には○○な人が得をするというようなものがあったが、それを想起してしまった。

 国と国との連携は友情ではなく、完全にビジネスである。ワンワールド.......世界はひとつの理想郷ではなく、おおきな市場であり、国々はゲームプレイヤー。つくづく実感。

 そして、もしも中国がTPPに入ったとしたら、当初のTPP構想は崩壊してしまうのではないかと、これもつくづく実感した。

 柔術

 日曜日は親友ふたりが、僕の稽古している東京道場に見学にきて、体験もした。

 柔術とはいえ、相手を愛することを基調としているだけに、愛するキモチがいかに自分と相手の身体に作用するかを実感なさったようで、驚かれていた。

 自己満足、言葉だけの「愛する」では、技はまったくきかなかった。

 少しでも相手を愛するキモチ、相手に関心をもった途端に、技がきくようになる。しかも、投げられた相手は、痛くも嫌な気持ちもせず、笑ってしまう。

 愛する武道というと、まったくもってアヤシイ感じだが、いや、確かにあやしいのだが....。中途半端ではなく、徹底したオープンさの中で稽古していると、いろいろと教えられ、気づかされることも多い。

 ぜひとも、この道場での「愛することの凄さ、不思議さ」を柔術の応用としてだけではなく、自己啓発、社会啓蒙(まぁあまり固くならずに)といった位置づけでひろく世間に展開していけたら面白いだろうなぁと思ってしまうのだ。Cimg2651

 さて、稽古後は都バスで本所に移動して、 もんじゃとビールを堪能してから、我が家で二次会。二次会といってもバカにしないでほしい。あの、入手困難の名酒「十四代」と、神戸芦屋軒の美味しい「牛肉のつくだに」をいただきながらの、豪華飲み会なのだよ。

 うちの奥さんを除いて、皆かなり酔っ払い状態になってしまったが、稽古のはなしになってkさんが興味深いことを話したので、書いておく。

 稽古の最後に、二人で組んで、一人が立ち一人が座り、手を重ねた状態から座り手が立ち上がる稽古を行なった(合気上げではない)。通常では、立つことはおろか、数十センチ脚をあげるのがやっとの状態である。しかし、立ち手が相手に愛をおくると、簡単に座り手は立ってしまうのだ。これにはびっくりした。

 意識して動かせる随意筋ではない、相手の不随意筋レベルまでに愛の作用がはたらいたためなのか!?

  kさんは、そのことから、奇跡とされるイエスが足の不自由な人を立たせたことを想起したらしい。.......なるぼと!  我々レベルでも相手に愛をおくった途端に、相手は予想外の身体動作が可能となった。ましてや、イエスほどの方だ。山の如き愛の力をもっていらしゃったはずで、そのパワーを相手に向けたとしたら..........。

 さすがに稽古した内容と聖書が、100%結びつくとは思わないが、何かのヒントにはなるのではないか。

 愛の力・・・・・ヒーラー・・・・・治癒・・・・奇跡 と連想は脈々と続くのだが、それにしてもこの柔術での学びは大きいし、驚きの連続でもある。

 

|

« | トップページ | »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531400/57613823

この記事へのトラックバック一覧です: ここ数日の出来事:

« | トップページ | »