« 南雲先生、ありがとう | トップページ | »

2013年4月30日 (火)

頭皮にラード.....その結末

 いつもながら、今日も飲んできてしまった。親父の見舞いに行ってから、生ビールの後、蕎麦屋で焼酎の蕎麦湯割りを数杯飲んだ。カラダが熱くなる。最後はダッタンソバを啜り、締めとする。良い心持ちである。

 このブログは酒ばなしが多いと、お叱りを受けることがあるが、やはり呑んで酔っ払ったときは、酔っていい気持ちだということを、言い表したくなるのだ。しかし、我ながら、偶にブログを読み返すと、飲んでいる記述が多くて呆れてしまうのだが.....。

9784344022539  さて、前回のブログに書き忘れたのたが、南雲先生からは、僕宛の色紙を頂いた。それには、「一日一食 南雲吉則」と書かれていた。

 一日一食かぁ.....とても無理そうであるが、先生とお会いした翌日に新刊「眠るが勝ち」を購入し(ついでに小林よしのり「開戦前夜」と山田ズーニー「働くためのコミュニケーション力」も購入)、そこにはどうしても昼食を食べたければ玄米がいいと書かれていたので、今日から奥さんがお弁当に持たしてくれた。

 なぜ、そこまで感化されるのか!  50を過ぎた大人としての自尊心はないのか! と批難されそうだが、実際に南雲先生にお会いして、その若々しさに圧倒されてしまったのが事実なのだ。

 僕も歳の割には若いと、お世辞でも言われることがあるのだが、南雲先生との決定的違いは、頭髪にある。 先生の黒々とした毛髪と比較すると、僕はかなり空き地となっており寂しい状況だ。

 僕も40歳頃に、全滅の危機を察して、リアップを購入した。しかし、自分で買うのが恥ずかしいので、職場の新卒の女の子であるKさんに頼んで、近所の売店に買いに行かせていたのだが、売店のおばちゃんはどうやら彼女が薄毛に悩んでいると勘違いしたらしく、しばらくしてから、そっと彼女に「近々、女性用が販売されますから.....」と教えてくれたらしい............Kさん、ゴメン!!。

リアップの効果はあったのだが、こんな薬品に頼っているのはよくないと思った僕は、友人の医師が心酔していた「20世紀最大の奇跡の人」と称されるエドガーケイシーの本を読んで、禿には原油かラードを塗るのがいいという箇所を発見したのであった。

 さすがに原油は危険すぎるので、藁にもすがる思いでラードに手を伸ばしたのだ。肉のハナマサに行って、店員にラードの位置を聞いて、チューブ状のラードを購入した。

 それから、数ヶ月、寝る前にラードを塗ってから、キャップをかぶったまま就寝し、翌朝に洗髪するというパターンを数ヶ月試してみたのたが.............。

 もうそこから先は言うまい。何も語るまい.................................。

 僕は決してケイシーを恨んでいません、むしろ、未だに尊敬しています。

 そういえば、エドカーケイシー専門店のブログに、保江先生の「人をみたら神様と思え」が紹介されていた。

  

  僕の頭皮は一日一食によって、再生(リアップ)されるのだろうか?

   すんません、変なハナシで....................おやすみなさい。

  

 

|

« 南雲先生、ありがとう | トップページ | »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531400/57282381

この記事へのトラックバック一覧です: 頭皮にラード.....その結末:

« 南雲先生、ありがとう | トップページ | »