« 映画たち & | トップページ | 野口整体 »

2013年3月30日 (土)

おじさん ディズニーの「シュガーラッシュ」を観て大泣き!!

 昨夜、Y部長から映画の株主優待券を二枚頂いた。今日から奥さんが京都に二泊三日の旅行のため、一人で映画館に行った。今日は夕方から飲むために上映時間と作品を吟味して結局、「シュガーラッシュ」と「ジャツクと天空の巨人」というお子様向け3Dとなってしまった。

 映画館は午前9時半に到着したにもかかわらず、券売り場はかなりの長蛇の列であった。子ども向き映画なので、恥ずかしかったが、2作品を言うと、お一人でですか? と売り場のお姉さんに尋ねられたので、「じっ、実は家族が旅行に行って、優待券がもう期限切れになるので、ぼくだけでも観とかないと、券をくれた人に悪くて、そのぉ.......」などと、弁明しそうになったが、ばかばかしいので、ワタシひとりで観ますとこたえた。

 会場は、ほぼ満席状態。家族連れ多し。ひとりで、男、しかも中年以降の者は吾以外無し。

Images シュガーラッシュ

 今月、ゼロダークサーティー鑑賞時に本作の予告編を観たが、なにがゲーセンゲームの悪役だ!お菓子の国のレースだ! 大人をバカにするんじゃないよ! なんだこの子ども騙しの映画は!!と批判的にオジサンは受け止めたのだった。

 しかし、他にはこれといった作品も上映されていないし、またネットでの評判も高く、鑑賞することにした。

 ............これは大傑作だ!!!!!!!!!

 これまでもディズニーのCG作品はハズレがなかった。それはたいしたものであった。しかし、今回はいちばん観たくないような内容の映画だったにもかかわらず、オジサンは知らぬ間に口元が緩んでいる自分に気づき、そして数回目頭が熱くなり、最後はオジサンの頬を流れるものがあった。オジサンは3Dメガネがサングラスみたいなので、助かったのだ。

 この映画はあらゆる要素が詰まっており、大人にとっては仕事とは、自分の立場とは...とかのテーマを拾おうとすれば次々と出でくるのだが、そんなことはもうどうでもいい。

 たしかに、今日は80代の母と従姉妹、62歳の従兄弟と鍋を囲み、二次会はBARで飲んできて、良い気分であるのは事実だ。しかし、敢えてもう一度言おう。

 この映画は傑作である。

 頭で評価する映画が多いなか、これは体と心で感動する映画なのた゛!!。

 Photo そして、昼食(茹で太朗で天玉蕎麦)をはさみ、第二作を鑑賞する。

 ジャツクと天空の巨人

 これは、さらにファミリー度数がアップしており、かなり低年齢の子どもたちが親に連れられていた。

 まぁ、巨人との戦闘シーンなどはドキドキしてしまうのたが、どうも午前に観たシュガーラッシュが秀逸だったため、ついその感動を引きずってしまったようだ。面白いとは思うが、大味であり、心には響かなかった。でも、それを狙った映画だよと割り切ればいいのだろう。

 前半の展開は少々退屈な感じで、途中少々グロっぽいシーンがあり、幼少のお子さんたちは大丈夫かと心配になってしまう。やはり思ったとおりに、場内では幼い子らの泣き声、笑い声、お話声があって、オジサンは離れた席にいたからよかったが、付近のお客さんは大変だっただろうと思う。でも、それがまたこういう映画の楽しみの一つであろうとオジサンは納得してしまうのだ。

 こうして、土曜の半日を3Dメガネをかけながら、ディズニーと御伽噺のお子様映画を観終えたわけだが、オジサンは後悔していません。

 

|

« 映画たち & | トップページ | 野口整体 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531400/57067556

この記事へのトラックバック一覧です: おじさん ディズニーの「シュガーラッシュ」を観て大泣き!!:

« 映画たち & | トップページ | 野口整体 »