« バレーダンサーの強さ | トップページ | 映画たち & »

2013年3月23日 (土)

人を見たら神様と思え

 ここ最近は、毎晩飲み会である。僕には休肝日が基本的にはないのだが、さすがに十日近くの飲み会は堪える。送別会が多いのたが、合気道の友人たちや、親戚との飲み会も入って、ホドホドにすべしとはわかっていても、ついつい飲みすぎてしまうのだ。

 こうして今週の出来事を想起しようとしても、夜のワイワイと飲んで悪態をついている自分の姿が浮かんでくるだけである。

 待てよ.....そうだ!、大事なことがあったじゃないか。

 数日前に人事異動の発表があり、僕は産業部門に異動となった。2年前に、現在の経理部門への異動が決まったときにショックを受けたことを思い出すが。最も行きたくなかったのが経理だったので、経理と自分の名前が書かれた内示をみて嘘だろう!間違いだろう!と何度も見直したのであった。おかげさまで、なんとか2年間、経理の仕事をこなすことができた。そして、今回の産業部門も組織で最も大変な部署といわれており、ここだけはイヤだなぁと思っていた矢先に、またもや白羽の矢が当たってしまったのだ。自分が苦手だと思っていることを引き寄せてしまったのだろうか。しかし、これも神様の大いなる計らいだと受けとめて、バリバリと頑張っていこうと決心したのであった。

 Cimg2262Cimg2269Cimg2265  さて、東京のお花見はこの週末がピークらしく、天気予報では明日 が雨となっている。今日は晴天であり、土曜出勤の奥さんが浅草方面に行くので、今朝はまだお酒が抜けきれていなかったが、早めに家を出て、一緒に隅田公園まで自転車で行って、プチ桜見物としゃれこむ。

 午前8時の隅田公園はまだ人出も少なく、また猥雑で貧相なブルーシート群も殆ど見えなくて気分がよい。

 帰りには、隅田公園の中にある牛島神社に御参りをする。この神社で思い出すのは、昨年夏にロンドンオリンピックに行く直前に御参りしたときに、手水場すぐそばの枝に黒い大きなカラスがとまっており、不気味であった。しかし、気にせずに手を洗い、口をすすぎ、本殿に向かったときに、水が跳ねる音がした。振り返って見たら、なんとカラスが手水場に飛び込み、水浴びをしていたのだ!!

 猛烈な暑さのなか、カラスは人がいなくると、手水場でバチャバチャして、火照った羽を冷やしていたらしい。

お、おれは、カラスの行水した水を口に含んで、ブクブク、ペッとしたのかぁ!!

 あのときの、手水場で口に含んだ水の生暖かさは現在でも、脳裏に焼きついている............。Cimg2271

  そして、帰りに自宅近くの本所中学校前を通ると、そこにも桜の木を発見。ここは王貞治さんの母校であり、記念碑が建てられていて、王さん自筆で「気力」と書かれてある。

 王さんも合気道を学んでおり、昨年は心身統一合気道会会長、広岡達朗氏との対談本を出している。

41l1viytyrl__sl500_aa300__2 活字中毒の僕は、本無しでは生きていけないタイプであり、ここ最近は忙しくて読書に十分な時間を使えなかったが、日常の隙間時間を活用して、できる限り読むようにしている。

 今週読んだ本の中で、特に印象に残った本といえば、保江邦夫著「人を見たら神様と思え」をあげよう。世には溢れんばかりの成功本、自己啓発本があるが、それらを数百冊読破してきた私が断言しよう。この本から、何かを掴めた人は、幸せの鍵を持っている人だと。

 ただし、この本、或いは保江氏の最近の著作は、武道、キリスト、UFO、業捨などのアブナ系要素がカオス状態として詰まっているため、理解し、共感するには一般読者には、なかなかハードルが高いことであろう。

 しかし、保江氏は世界的な物理学者であり、そして大学教授でもあり、またベストセラー 「置かれた場所で咲きなさい』の著者である 渡辺和子氏(ノートルダム清心学園理事長)や、数々の著作を出している矢作直氏(東大教授、東大病院救急部・集中治療部部長) といった方々との親交を考慮すれば、保江氏は決して一部の支持者だけではなく、ほんとうは普遍性をもった魅力があると思うのだ。

 一昨日は、保育関係の女性8人に男性は僕1人だけという一見恵まれたようにみえる送別会があった(殆どの女性はたくさんの人生経験がある方々......)。

 そこで、僕は保江氏のキリストの活人術のはなしをしたら、みんなが驚き、引き始めた....。保江先生! こういう扱いをされ続けてきたんですか! 先生はえらい!!!  。みんなからの変人を見るその評価をぶち壊そうとした僕はさらに、花束贈呈で退職者に対して、エドガーケイシーの言葉を語ってしまった。「一日のうちに3回、神は私に何を望んでいるのかを問いなさい」.....と

 「いったいどうしちゃったんですか"!」 「宗教家になったんですか!!」という批難にも似た悲鳴と笑い声のなか、僕への評価は固定されてしまった。

 そして、その後の話題は一日3回○○○シリーズといった、バカ話になってしまった...  。

 今週はそんな感じでした(◎´∀`)ノ

 ※以上のブログを書き終えてから、コーヒーを飲みながら、音楽をランダム再生したら、ハイファィセットの「幸せになるため」が聴こえてきた。泣きそう。

 隅田公園の花見にまさにピッタリの曲。これから花見に行かれる方はぜひ!

http://www.youtube.com/watch?v=YYw71_yClXI

 

 

|

« バレーダンサーの強さ | トップページ | 映画たち & »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531400/57014173

この記事へのトラックバック一覧です: 人を見たら神様と思え:

« バレーダンサーの強さ | トップページ | 映画たち & »