« 映画たち | トップページ | 朝方のダラダラとした考え事 & 大腸蠕動による危機 »

2012年12月24日 (月)

合気腕相撲...東伊豆

 昨夜は武道関係者の飲み会があった。

 皆さんは打撃系の稽古を終えられた直後であり、私は飲み会のみの参加であった。
 私にとっては殆どの方とは初対面であったが、とても楽しい時間を過ごせた。

 久しぶりに美味しい生ビールを味わった。普段は最初の一杯だけビールで、後は違う酒へと変えるのだが、今回は幹事の方が短時間の間に特大ジョッキを何度も注文なさったので、それに付き合ったが、4杯まではグイグイ飲めた。その後はレモンサワーを数杯….イカンイカンまた、酒の話に脱線していってしまう。

 今日の午前は、武道家のT先生の治療院にて、身体の中心軸による腕相撲の講習会があったのだ。そのため今朝は五時に起床し、身体から酒気を抜くために、風呂に入ってから冷水シャワーを浴びた。コーヒーとクリスマスケーキを少し食べて、電車を乗り継ぎ一時間後に治療院に到着した。

 

 T先生はいくつかの武道を体験されてきており、保江先生とも面識があるそうだ。最近、ご自分の武道会をつくられた。

 合気道の技法としての腕相撲。以前、T先生と寝た姿勢で腕相撲をしたことがあって、そのときは力の衝突だと勝てたのだが、T先生が脱力して一気に腕を振り落とした途端に、私の身体がひっくり返ったのだった。これはどのような原理なのか。ぜひ知りたいという思いがずっと欲望のようになっていたので、今日は久々にT先生に稽古をつけていただいた。

 

 腕相撲では二頭筋に力が入るが、それを脱力させ、身体の中心を保ちながら手を下げる。そのようなイメージだが、なかなか難しい。何とか今日は習得しようと意気込んでは来たが、腕相撲=オーバーザトップという図式から意識が離れず、そんなに簡単にはいかないことを悟った。

 

 負けてたまるか。ベンチプレスで130キロ、ショルダープレス90キロを上げていた俺をなめるなよ!(現在は軟弱化してますが) というような闘争心ギラギラの野獣のようなココロがある限りは、一瞬脱力したとしても、そこから相手の手の甲を床につけようとした途端、筋肉に過度な圧力をかけて膠着状態をつくってしまうのだ。

 一緒に稽古した男性二人も苦戦しており、手を握りこまずにひろげる、刀を持つ手にしてみるなどと、試してみたが、なかなかうまくいかない。これはカタチだけ変えてうまくやろうとしても出来ない技であり、腕相撲とその筋肉の使い方に対する固定された意識をはなさない限り不可能なのだろう。

 今日は腕相撲の稽古はほんの一部であり、中心軸と回転をテーマに幾つかの稽古を体験してみて、如何に自分が様々な動作について、部分的な動かし方をしており、筋肉依存になっているかがわかった。

 

 今回は、純粋な武道探求というよりも、この腕相撲の秘伝をモノにして、力自慢のアスリートたちを驚かせてやろうというヨコシマな想いを抱いていた私は、己の欲深さと、筋肉信仰を省みながら、東京駅から静岡県河津に向かって行ったのだ。

........河津ペンションなうCimg2142_2

Cimg2141   毎年、年末になると河津にある画家が建てたペンションに訪れている。

 88歳になられる画伯はご健在だが、数年前までは毎朝のように、海岸まで車を運転して朝陽の写真を撮って、宿泊客に配られていたが、運転が困難になって免許証を返却されたらしい。

 今年はラウンジで酒のグラスを傾けながら、宿泊客を眺めている画伯が外泊されており、お会いできないのは残念であったが、まだお元気でいらっしゃるとのことで安心した。

Cimg2120

 ここは、素敵なペンションで、画伯の絵が数多く飾ってあり、また義理の娘であるトンガ出身のママも大変すばらしい方で、私たち夫婦は画伯とママに会うためにこうして、毎年この宿に訪れているのだ。

 ここのラウンジにいると、なぜかお酒のグラスを脇に置きながら、こうしてのんびりとしながら、おバカなブログを書いてしまう。

 

下田・伊豆高原

Cimg2154_2   

 Cimg2147 翌日は伊豆急行の電車で下田まで行った。リゾート21という車両に初めて乗ったが、客席が海側を向いているには驚いた。これは素晴らしいアイデアだ。

Cimg2157

 下田からは寝姿山にロープウェイで昇り、下田港を一望した。黒船に向けた砲台があったが、100年以上の時間が経つと、歴史的遺産がこのように扱われてしまうのだ。すまん!

そして、次は伊豆高原にある赤沢温泉だ。ここの太平洋を一望できる大パノラマの露天風呂にはビックリした。ここまでのスケールの大きい海が見える露天風呂は初めてだ。

 帰りは午後5時頃の熱海発の快速ライナーにギリギリに間に合った。グリーン車両だが、新幹線を使うよりも安くすむ。鯵寿司を食べながら、車内販売で買った缶ビールを飲む。平日の通勤時間でも車内販売をしているのだろうか。

 7時過ぎに帰宅してから、酎ハイを飲みながらマットディモンの「幸せへのキセキ」を観た。なんと濃厚な2日間であっただろう。

|

« 映画たち | トップページ | 朝方のダラダラとした考え事 & 大腸蠕動による危機 »

旅行・地域」カテゴリの記事

武道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531400/56387250

この記事へのトラックバック一覧です: 合気腕相撲...東伊豆:

« 映画たち | トップページ | 朝方のダラダラとした考え事 & 大腸蠕動による危機 »