« 夏8月の終わりは「アベンジャーズ」で! | トップページ | 恐山 其の一 »

2012年8月27日 (月)

検証「アニマル浜口の暴走は酒のせい?」

Cimg1522  今日は合気道の稽古日だった。稽古後、道友からビールのお誘いを受けるが、今Cimg1521日はうち の奥さんが先日、人命救助したということで、東京消防庁消防総監からの感謝状を頂き、奥さんにご苦労さまといわなくちゃということで直帰する。手作り餃子と肉じゃがを食べて、一杯やりながら、24時間テレビの健介北斗ファミリーのドキュメンタリーを観て、ウルウルする。

 

....................................................

それからメールチェックのために、PCを開き、ネットニュースを観たら、何とアニマル浜口氏がアルコール依存症ということらしい。「アニマル浜口の暴走は酒のせい?」というネタが多くのサイトに流出して、さも事実のように扱われていたので一言。

 こういうのには関わりたくないけど、今月はブログでロンドンオリンピックと浜口さんのことを書いたこともあり、きちんと言っておこう。

 浜口さんとは、20年前から毎週のように一緒にお酒を飲んでいた。しかし、浜口さんはかなり前に京子ちゃんへの指導とタイトル獲得のために断酒し、ここ最近は酒を口にするとしてもほんとうに少量だ。

 私が2年前に結婚したときも、パーティー会場の原宿のフレンチレストランに来てくださったが、周囲は様々なお酒を飲んでいても、ご本人は全く酒を飲まれなかった。参加者の皆さんは浜口さんとは初対面だったが、イメージと違って、静かで真面目で、酒を口にしない実像に驚いていた。(何と! 当日は主役である新郎新婦よりも、来賓の浜口氏との記念写真を撮る人の方が、圧倒的に多かったのであった!!)。

 今回のロンドンでも試合当日、翌日と夕食を共にしたが、乾杯の付き合い程度のビールだけで、酒は殆ど口にされていない。正直言って、僕は昔の酔った浜口さんが大好きなので、何度もお酒をすすめたが、断られてしまった。

 その意志は固く、酒に酔うことよりも指導者として、父親としての自分のスタンスを優先し、貫いている。

 まぁ、浜口さんのキャラクターを思えば、短絡的に面白おかしくアルコール依存症とレッテル貼りしたかったのだろうが.............。冷静になって考えてみても、あのパフォーマンスはアルコールの勢いでできるものだろうか。気合の数百連発や笑いビクス、大声は相当に体力を使うし、テレビでの受け答えもキャラクターを意識したものである。20年にわたってメディアへの登場と話題性が維持され、レスリング道場でも多くの若者たちが浜口氏を慕い、レスラーとして旅立っている現実が、浜口氏の人間性を証明しているのではないか。

 そして、最後にいいたいのは、浜口氏はプロレスラーということだ。現役引退はしたが、長州力と組み、猪木、藤波、鶴田、天龍たちと戦い、プロレスの黄金期をつくったひとりである。その頃は私は猪木信者であり、敵対する過激なパフォーマンスをする浜口氏を本気で憎んだ。それほど、強烈な個性をもったレスラーであり、反面その真面目な性格と努力家であることが評価されていた。浜口氏のプロレスラー気質は過去のものではなく、現在も生き続けている。プロレスラー時代の憎々しいほどの浜口氏の強烈なキャラクターを思えば、現在は随分と静かになって常人みたいに感じるぐらいだ。

 話題づくりのためにつくられたニュースが拡散し、捏造された内容があたかも真実のように人々の意識に植え付けられていく.................

 今回はこういうニュースネタの信憑性について、改めて良い勉強をさせてもらった。

|

« 夏8月の終わりは「アベンジャーズ」で! | トップページ | 恐山 其の一 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531400/55523420

この記事へのトラックバック一覧です: 検証「アニマル浜口の暴走は酒のせい?」:

« 夏8月の終わりは「アベンジャーズ」で! | トップページ | 恐山 其の一 »