« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月29日 (日)

ダークナイトライジング

 52bedd11 錦糸町で「ダークナイト・ライジング」を観た。

 クリストファー・ノーラン監督のバッドマン3部作の完結版である。

 2時間45分の大作だが、壮大なスケールでバッドマンワールドの闇、怒り、苦悩、犠牲を描いており飽きさせない。

 バッドマンの持つ自己本位の想いが、悪の出現と世界の混乱を望んでいるのだろうか。彼の自己犠牲は、己のためか、人々のためなのか。

 日テレのバンキャをつけながら、打っているのだが、キャスターがコメントするシーンを観ていると、何故かゴッサム・シティのTV場面とだぶってしまうのだ。

 愉快な映画ではない。人間の心の闇を突きつけてくる。それでも微かな希望がみえる映画でもあった。 

 

(゚ー゚)昨夜の残った食材を使っての夕食。Cimg1228 先週末に越生で買った「果実と野菜のやさしいリキュール」も飲んだ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

隅田川花火大会

 最近は、横になって寝ると意識が覚醒していても、いびきのような音がでるので睡眠不足気味である。耳鼻科にいっても、内視鏡でみた限りは、鼻が多少曲がっている以外は、たいしたことなく、念のため今度CTをとってもらうことにした。昨日は近々に退院予定の親父の見舞いにいった。そこで僕が中学生のとき、親父が鼻の手術で入院していた記憶があるので聞いてみると、鼻の湾曲手術をしたとのこと。どうやら、僕もその遺伝の影響を受けたらしい。飲みすぎには気をつけなくちゃ!

昨夜は隅田川花火大会。

うちの屋上が開放されるため、仕事の友人たち、長女と婚約者、次女と友達たちなど、11名Cimg1212_2で観ることになった。   Cimg1215

うちの奥さんは、買い物行って、唐揚げ、とうもろこし、茄子の揚げ物、焼そばなどを大忙しで準備する。

今は、離れて暮らしている娘たちとも、楽しい時間をもてて幸せ。

Cimg1227  屋上は第一、第二会場のふたつの花火がCimg1226観れて、スカイツリーもそばに大きく見れて最高のロケーション。

 昨年はうちのグループともう一組だけでゆっくり花火見物できたが、今年はかなりの人数に増えていた。花火は静かに観るのもいいが、やはり歓声の声が上がっていた方が、臨場感があって、面白さが倍増する。もし、50名が屋上で花火見物していて、誰も何も言わずに沈黙状態が続いていたら、不気味だろうなあ。

 花火終了後、我が家にて二次会。リビングの椅子が足りずに、若者たちは和室に座る。途中からオリンピック開会式の話になって、録画してあったのでみんなで鑑賞する。

 エリザベス女王と007のパラシュート落下に吹っ飛び、ミスタービーンの演奏には爆笑した。イギリスという国のユーモアとアイデアに感服した。

 来月、縁あってロンドンオリンピックに行くことになったのだが、とても楽しみである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月21日 (土)

日帰り温泉で母と嫁の水着姿を目撃

今日も飲んでしまってからのブログだ。 なるべく、飲まずに意識が純な状態で、書こうと思ってはいるのだが、ほぼ毎日飲んでいるので、こうなってしまって申し訳ない。

 親父が3週間前に入院してから、お袋がかなり頻繁に見舞いに行っているので、お袋の疲れを癒さなきゃということで、日帰り温泉ドライブに連れて行くことにした。場所は埼玉県越生町の「ゆうパークおごせ」、クルマはニコニコレンタカーのスペシャルバージョンで新車のデミオを借りた。デミオ君はまだ180キロしか走行しておらず、ピカピカの新車であり、快適なドライブを愉しめた。

 レンタカー予約時にナビを最初ケチって申し込まなかったが、今日は遠出をしようと思って朝一番にナビ申込みをしたが、すでに予備なしということであった。仕方なく、自宅パソコンを使ってインターネットのルート検索をしてプリントアウトする。

 Cimg1196 9時に浅草出発して、目白通りから関越に入り、11時過ぎに鶴ヶ島インターで降りて、プリントアウトした用紙をみながら、曲がるべき交差点を探す。30分以上国道を進んでから、何か異変を感じたため、奥さんにiフォンで位置検索してもらCimg1199 ったら、ルートがかなりずれていた。カーナビ代わりにiフォンを使って、目的地まで誘導し、「ゆうパークおごせ」に12時過ぎに到着した。到着して思い出したが、ここは10年位前にツーリングしていて、途中お腹が冷えてしまい、緊急避難的に入った温泉施設であった。

Cimg1208_4    色々なお風呂と、岩盤浴に入ってから、共同浴場では水着で母と奥さんと合流した。それから2時過ぎに館内レストランで食事をする。その後、近所の酒造でお土産を買って、武者小路実篤とその同志が開いた村、「新しき村」に向かった。僕の中では、「新しき村」はこの近辺にいくと必ず立ち寄るスポットになっている。久しぶりに訪れたが、以前と比べてかなり静かな世界になってしまっている印象をもったのだが。 

「この門の内に入るものは自己と他人の生命を尊敬しなければならない」武者小路実篤

さて、そのまま鶴ヶ島インターに向かっていったのだが、地図無しでも単純に国道を通っていけば着くと思いきや、道を間違えて時間がかかってしまった。しかも、奥さんのIフォンのマップでインターを探し、向かっていったのだか、細い路地を通って辿りついたのは、頭上に見える高速道路の鶴ヶ島インター料金所であった。直感でそこに行くまでの道路を探さなければならなかった。

 何とか関越道に乗って、三芳PAで休憩する。時間はもう午後5時半近い。レンタカー返却時間は8時であり、南砂の病院にいって、浅草に戻り、自宅に荷物を降ろし、給油時間等々を考えるとかなりキツイ行程である。もし、渋滞等で時間的に無理ならば、病院はあきらめざるをえない。

 当初は、大泉から美女木ジャンクション経由で首都高池袋線という予定であったが、戸田西で出るクルマの長蛇の列に気づくのが遅く、そのまま直進してしまう。もう遠回りだが、このまま走って川口ジャンクションで首都高速に乗るしかないので、少々アクセルを踏み込む。しかし、逆にこのピンチが効をそうしたのか、このルートで行ったら、葛西でおりて南砂には6時過ぎに到着することができた。ありがたい。

 レンタカーを返して、8時過ぎには吾妻橋の魚屋直営の居酒屋で、美味しい刺身とビールを頂けた。ありがたい。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月16日 (月)

 今日は海の日、休日である。

 今日一日はゆっくりとした時間を過ごすつもりであったが、朝8時に警察からの緊急連絡により、現場にかけつけた。状況的になんとか早めに帰宅することができたので、夕方には、2週間前に入院した親父が白血病の疑いがあるというので、奥さんとお見舞いに行く。病院そばの公園から見た空は、午後6時を過ぎても明るくて、夏の雲たちが浮かんでいた。

 食堂で親父と話していて、「お袋宛てにメッセージをどうぞ」とスマホでビデオ撮影すると、親父は「○○子のバカヤロウ」とはにかみながら、喋った。江戸っ子である親父特有の屈折した?愛情表現である。見舞い後、実家に寄ってお袋や、一緒にいた親戚にビデオを見せたら、大うけであった。

 あれほど、子どもの頃は、親父が大きく、強く、怖かったのに、現在の親父は、ハンディを抱え、とても小さく見える。親父は10年前にくも膜下で倒れ、脳の一部を切除し、死の危険性はもちろん、手術が成功しても自分の意思では食事も満足にたべられなくなると東大病院で説明を受けた。しかし、現在の親父は自分で食事ができて、直近の短期記憶も驚くほど正確であり、会話も(本人はよくわかっていないとしても)ユーモアに富んで、相手を喜ばせて落語の世界のようである。まさに奇跡の男である。

 お袋も80間近だが、おかげさまで元気であり、早朝に仕事をしており、親父の所にも周囲が驚くほど日参している。ビールも僕以上にグイグイ飲む。昨日、一昨日も遅くまで飲んでいたらしい。しかし、猛暑のなか、連日地下鉄で乗り継いで、親父のところに行くのもお袋は辛かろうと、僕と奥さんでなるべく行けるときは、替わって行く事にしたのだ。

 驚異の父母をもった自分なのに、どうも中途半端な感じが否めない。自分の弱さをアクの強い両親のせいにした時代もあった。両親の強烈な個性に反発した時期もあった。でも、自分には二人ほどのスケールがもてていないのでないか。小利口、小市民的な男に成り下がっているのではないか。どうなのだ....オレ.....

 そんなことを思う蒸し暑い今夜である。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

隅田川沿いキャンプの一日

Cimg1184 昨日は、隅田川べりでバーベキューをした。そのBQ場は人気があってなかなか取れないのだが、消防庁のSさんが、一ヶ月前の予約開始日に朝から並んで取ることができたので、お誘い下さったのだ。

Cimg1186   炎天下のなか、朝10時集合。Sさん夫婦、仕事の友人と家族など、15人ほどが集まって、設営準備にかかる。各々がテントを張ったり、機材を設営したり、食材の準備をしたりして、僕は久しぶりに炭の火起しをしたが、発火材のおかげでスムーズに炭に火がついた。Cimg1187

 実は昔から僕は火が好きで(犯罪傾向はないよ)、かなり昔にBQに凝っていた時分があり、BQが終盤に入って、焼くものがなくなってくると、最後はキャンプファイヤーの如く、コンロの上で木材を燃やして炎を高く上げるのが好きだった。記憶にあるエピソードとしては、幼かった長女と二人で若洲海浜公園に一泊キャンプをしたときに、恒例のBQのエンディングの儀式をしようとしたが、木片がなかったため、管理事務所付近まで探しに行って、そこに積まれていた2メートルくらいの木板を運び出したのだが、しばらくしたら事務所の人が追っかけてきて、それは持って行かないで下さいと注意されたことがあった。

 さて、炎天下で日焼けしながらお肉や、野菜、魚をドンドン焼いて、お酒もグイグイとのんだ。宴の途中でSさん考案のゲーム大会となる。

 これが、また酷いゲーム(笑)。最初は突然男性陣に哺乳瓶が配られ、何事かと思ったら、哺乳瓶にポカリスエットが入っていて、早飲大会なのだ。哺乳瓶で何かを飲むのは多分50年振りくらいなので、なかなか飲み込めずに困ったのだよ。

Cimg1190  そして、第二弾は、女性陣に長いストローが配られ、またまた早飲大会。これは誰がどのコップを飲むかがわからず、ウーロン茶、ジュース以外にも焼酎サワーが混じっており、戦々恐々の争いとなった。

 優勝は酒豪のNさんで、彼女がサワーの入ったコップに当たっており、その早い飲みっぷりに大したものだと感心した。Cimg1193

 第三弾、これは特に酷い(泣)。パンティーストッキングを頭からかぶって、手をつかわずに解 くというおぞましいゲームだ。3歳と5歳の子どもたちが泣いてしまったが、ゲーム参加したお父さんが負けたので泣いたという説が有力であったが、僕は父親の尋常ではない姿にショックを受けたのだと確信する。幼児期のトラウマにならないことを祈る。

Cimg1192  各ゲームでは優勝者に豪華賞品が贈られた。「くまのプーさん」とかのタオルセットが多いようであったが、これらはきっとSさん宅の押入れに眠っていたものだと推測する。 その後、近くにいたグループが広場中央に出て、子どもと大人が入り混じってフォークダンスのような楽しく健全っぽい踊りを始めた。変態ケームに興じていたわがグループとはまったく対極的な世界が、そこにあった。

 片付けてして、我が家に帰ったのは夕方遅くだった。心身に疲労をおぼえつつも、振り返ると楽しい一日を設定してくれたSさん夫妻に感謝。ありがとうございました。

 ※そうそう、一昨日は、ひょんなことから「韓氏意拳」の講習を受けた。本当に初歩的な内容ではあったが、意識、心と身体動作について興味深かった。合気道とも通ずる部分があり、大変勉強になった。より、いっそう、合気道を表面でなぞるのではなく、奥深くまで味わっていきたいと思った夜であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月14日 (土)

 10日ほど、ブログを更新していない。慌しい日々をおくっており、10日間に何があったか、してきたかがボーッとして、よく思い出せない。

 鮮明に覚えているのは、土日に合気道の昇段審査を受けるKさんの受けを引き受けたので、栃木にて一泊二日、ひたすら投げられ続ける人となる。特に日曜の午前は、審査本番でKさんの技を一通り受けた後、今度は多人数掛けの受けで何人もの受験者たちに飛び掛かっていった。52歳という年齢を考えると、はたしてオレは何をしているんだ! 年齢を考えろ!"という心の声も聞こえてきたが、そのような雑念を吹き飛ばして、無心となって幾度となく宙に投げられていると、息フーフー、心臓バクバクしながらも、不思議なことに清楚な爽快感を味わうことができた。 

 そして、その日曜は午後3時半から東京ドームホテルで披露宴があり、そこにもKさんと僕が仕事関係者ということでお招き戴いていた。昼に審査合宿が終了したので、大急ぎでKさんのクルマで水道橋方面に移動する。

 何とか3時前に到着できた。披露宴がはじまり、Kさんが主賓挨拶したのだが、二人のエピソードなどを少し話してから、「お二人は本日7月8日という日を忘れないでください。そして、私が栃木で黒帯の審査に合格した日だということを忘れないでください」と締めくくった為、場内120人の参加者はぶっ飛んだ。

 まだ、いろいろとあったのだが、印象深い二日間のため、書いておく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 4日 (水)

  これはツイッターネタっぽいですが、ツイッターやってないのでプログに書きます。

 今日の飲み会は浅草でやりました。9人で飲んで、会計は一人,6,000円とのことでした。

 財布から、5000円札と1000円札出して渡したら、「15,000円くれてますよ」と言われました。

 札の値をワンランクずつ間違えて渡したようです。大丈夫か、俺?

 そのまま、幹事と二人で二次会でなじみのbarに行ってきました。

 最近、良い意味で脱力系になってきたと思ってましたが、まずい!  気をつけます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »