« リズムで脳を刺激せよ | トップページ | »

2012年6月30日 (土)

日光に日帰り旅行

 ずっと、うちの奥さんが日光の神社に行きたがっていた。

 今日は梅雨の中休みで晴天であり、常日頃奥さんに迷惑をかけていることだし、浅草から日光への日帰りツアーを決行したのだった。

 行きは午前8時10分浅草発の快速に乗ったが、車内は混んでいて、座席は優先席がかろうじて空いていたのでそこに座った。北千住からも、春日部からも多くの乗客たちが乗り込んできた。優先席のため、何かあったら席を譲らねば!といろいろと気を使った。立っている年配客も多かったが、ハイカー姿かそれに準じた格好が殆どであり、なおかつ、誰かに席を譲ったとしたら他の年配者たちから非難轟々となりそうで(「宇宙戦争」でのクルマを群集にとられるトム・クルーズを思い出した)、ひたすらおとなしく座っていた。

滝尾神社

Cimg1136 約2時間余りの時間を車内で過ごし、東武日光駅に到着した。まずは駅前からタクシーに乗って、滝尾神社に向かった。運転手さんの話だと、ここんとこ観光客が随分減っているらしい。今日はこれから湖には行かないかと誘われたが、NOと断り、10分ほどで神社に着いた。ここは日光三社権現のひと つで、弘法大師が創設したと伝えられている。                                       Cimg1141                                        

 最初の鳥居の真ん中にある穴に小石を3個投げて、通りぬけたら運が開けるとのことである。Cimg1145鳥居に石を放り投げることに抵抗がありつつも投げ、完敗する。 参拝客も少なく、スカイツリーで賑わう浅草下町界隈から3時間弱で、静かで霊験あらたかな世界にいることに、不思議な思いがしたのであった。

 

二荒山神社

Cimg1149そのまま、20分ほど山道をたどり、二荒山神社に参拝する。

ここでも、運試し輪投げというのがあって、3Cimg1152回輪投げをして、1回でも入れば運が開けるということらしい。鳥居といい、輪投げといい、この射幸心を煽るようなものが多いのはどうしてなのだろうか。 神様がおもしろがって、人間たちをもて遊んでいるということはない!と信じたい。これは多分、....多分であるが、入った入らないといった偶然の確立による運の良し悪しではなく、運が開ける人間とは、心が落ち着いた状態で、目標に集中できる人物であり、達人とまではいかなくても、狙ったターゲットに命中できる能力をもっているはずである。入ったから運が開けるのではなく、開ける状態だから入ったのであろう。すみません、ちなみに私は輪投げ1回入りました(偶然っぽいが...)。

Cimg1156

その後 

Cimg1161 昼食は、国道沿いの店で、ゆばトマトラーメンを食べた。 その後、カステラ屋さんで珈琲セットと氷イチゴを頼む。タオルを持参したので。日帰り温泉に入ろうと思って、輪王寺近辺の旅館に行ったら、清掃中とか水がでないと言って断られた。がっかり。電話してからいくべきだったのかも。そのまま世界遺産巡回バスで東武日光駅に戻る。

時間は午後2時。このまま帰るのも勿体ないということで、奥さんのガイドブックに駅からクルマで5分の距離で、10数種類の温泉があるという場所が紹介されていた。 そこに決定! タクシーで山沿いにある温泉に向かった。

 そこは駅から近いが、山の中にあるなかなか風情がある温泉だった。ただし、10数種類の割にはどうも建物が妙に小さいように思えた。Cimg1166

  脱衣場に入ってから中を覗くと、内風呂、露天それぞれひとつずつ、計2種類の温泉だけ である。ふと、洗い場をみると、かなりの多種のシャンプー、コンディショナー、ソープ類のボトルが並べられていた。後でわかったのだが、よく見るとガイド゙ブックには10数種類のシャンプー類がと、書かれていたのだ!(゚д゚;)。

 しかし、まぁ、森の中にある露天風呂は最高でした。

Cimg1176  帰りは、行きのタクシーの運転手さんに連絡して迎えにきてもらった。行きは殆どお互いに無言であったが、温泉に入って血の巡りがよくなったのと、タクシー乗り場での乗車から指名乗車へと発展したためか、打ち解けて話も弾んだのだよ。

 帰りの時間は快速がないので、特急を予約した。時間があるので、Cimg1179そのままカフェに入って、日光の地ビール「いろは」を飲む。 美味しかった。

 しかし、ここで母から電話。親父の具合が悪くなってしまい、今日入院したとのこと。命には別状がないとのことだが、心配なので明日、病院に行くと返事をする。その後、親父やお袋にどうも感謝が足りないのではないかと反省する。

Cimg1181 帰りは、景色をみながら、押し寿司と牛肉弁当をつまみにして、マッコリとウィスキーの缶を飲みながら、浅草に向かった。

  浅草に7時過ぎ到着。まだ空は少々明るいため、スカイツリーのライトアップにはまだ早く、隅田川沿いにはカメラを抱えた多くの人たちが、点灯の瞬間を待っていた。

 

|

« リズムで脳を刺激せよ | トップページ | »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531400/55088318

この記事へのトラックバック一覧です: 日光に日帰り旅行:

« リズムで脳を刺激せよ | トップページ | »