« 珈琲屋バッハ | トップページ | 言葉が力を持ちすぎた社会 »

2012年6月23日 (土)

酒飲みは酒をやめるとかえって早死にする

 昨夜は、8年前に研修講師トレーニングで出会った仲間たちと、言問橋割烹のスカイツリーの間で飲んで、二次会はスカイツリーまで歩いて行って、世界のビール博物館で飲む。

 それにしても、連日よく飲んでいる。いつ休肝日だったかまったく覚えがない(ただし、三日前が本当に珍しく夕食時にビールをコップ2杯飲んだだけで、その後家で翌日の委員会発表の準備をして寝た)。 

 今日はそんな自分の免罪符のために、NTT健診センター長の倉知美幸さんの「酒飲みは酒をやめるとかえって早死にする」を一読した。

 中身を読むと健康のためにはやはり禁酒してはいけない、ただし適量におさえておく必要があるんだと思ったのだが、各章のはじめに酒にまつわる名言があり、なかなか興味深い。

 「酒が私から奪ったものより、私が酒から得たもののほうがはるかに多い」 チャ-チル(英国首相)

 「酒をたしなまない人に思慮分別は期待できない」 キケロ(古代ローマ哲学者)

 「一杯の酒、一冊の歌、一皿の糧さえあれば、汝とともにたとえ荒屋に住むとも、心持ちはスルタンの栄華にまさる」 オマル・ハイヤーム(ペルシア詩人、天文学者)

  ......実に味わい深い言葉ではないか( ´_ゝ`)

51xmi4gl__sx230_ 昼から有川浩さんの「三匹のおっさん」を読む。

 還暦を迎えたおっさんたちが、柔道、剣道、スタンガン?で悪党をやっつける痛快小説と思いきや、なかなか深い世代間の描写や、ファッション考察などがあり面白い。

 読みながら、自分が高校生となっているような感覚を味わって不思議であった。 

 今日もこれから、義母の誕生祝いのため、銀座に行ってきます。適量は超えるだろうなぁ。 

|

« 珈琲屋バッハ | トップページ | 言葉が力を持ちすぎた社会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531400/55031104

この記事へのトラックバック一覧です: 酒飲みは酒をやめるとかえって早死にする:

« 珈琲屋バッハ | トップページ | 言葉が力を持ちすぎた社会 »