« スカイツリーのプラネタリウムを観た..... | トップページ | 35回目の「燃えよドラゴン」 »

2012年5月26日 (土)

酔って候

51odevcdusl__sl500_aa300_  昨夜は合気道の稽古後に帰宅して飲み始め、逆に今日は早朝に目が覚めて眠れなくなってしまったため、昨日購入した炭粉良三氏の「合気深遠」を一気読みした。

 本の中には実際にお会いしたことのある方も登場して、興味深い。このシリーズを読みながら思うのは、炭粉氏の文章のうまさだ。合気探求、人との出会い、私生活の様々なエピソードを、ご自分の言葉で組み立てられており、読者を炭粉氏と一体化させ、一気に読ませるなど、かなりの知恵者だと伺える。

 私も合気道を稽古しているが、技そのものや、意識の活用方法にこだわりがちである。炭粉氏の探求されている合気とは、その真髄においてスポーツ化、テクニカル化した現代武道を凌駕し、愛を基調とすることによりトンデモ系と誤解されるリスクを背負いながらも、着実に理解者を増やしていっているようだ。

 ぜひとも、一度お会いして、力ではなく愛を注入した技をかけて頂き、投げ飛ばされてみたいものだ。(炭粉氏の師である保江邦夫先生の新著書はいつでるのだろうか。楽しみだ)。

 本の中で触れていた近藤孝洋氏の「極意の解明(平成4年刊)」が図書館にあったので、早速借りてきた。本の最後に参考図書として私が愛読した高橋佳子著「人間のまなざし」、高橋信次著「心の発見」があったので、びっくりした。

41vxqwu7f7l__sl75_ 今日は レンタルしてきたイキモノガカリのアルバム「ハジマリノウタ」を聴いてみた。僕の好きな映画「泣くもんか」の主題歌が入っているので、今もこうして聴きながらPCに向かっている。

その「泣くもんか」と対極にあるのが、ここんとこ寝る前に毎日のように見ているアメリカのテレビシリーズ「グッドワイフ2」だ。弁護士事務所を通して様々な葛藤する人間ドラマが展開されている。このドラマを観ていて思ったのは、何のために人はお金を沢山欲しがるのか、権力を求めるのか、他者より勝ち抜こうとするんだろうかという、素朴な、こどものような疑問だ。

 広い家に住みたいから? ゆったりと食事したり、入浴したり。騒いでも隣人を気にしない空間は魅力的である。

 外食して美味しいもの食べたり、海外旅行にも行きたいから? それの気持ちもわかる。

 将来何があるかわからないから貯蓄.......(と、ここまで書いてから、午後6時からの85歳のいとこの誕生会に出発!)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(午後11時10分に帰宅し、パソコン開始し赤ワインなう)001

  今日は85歳、79歳、74歳のご婦人と、70歳と62歳の殿方、あとは40代3人と50代の僕(先ほどまで私)の9人(親類7人)で、向島の割烹で誕生会を開催した。そこそこ飲んで食べたので、僕としてはこのまま二次会は避けて、今日ゲストで来てくれた40代の仲間だけで静かな場所に移動して、しんみりとグラスを傾けたいと願っていたが、79歳の母から014「次いく」という声が聞こえてきたのだった。

 結局、全員でスカイツリーまで歩いていって、ソラマチで少しの買い物をして、世界のビール博物館のテラスで世界のビールを注文した。外国人のギター、バイオリン、ベースの演奏があったのだが、どうも墨田区の屋上とマッチしていないような気恥ずかしさをおぼえたのだった。

 お年寄りたち(しかもデキアガッテイル)を連れての混雑状態のソラマチ見物だったため、迷子が出ないように、転んだりしないように、階段をさけるようにと気を使いすぎて酔いが冷めてしまって、こうして帰宅してワインなうなのである。

 そうそう、夕方まで書きかけたことは、財力や権力を得ようとするのは、身体の味覚や、触覚の満足だったり、他者との優位性だったり、生命維持のための蓄えなど、個人の身体的範囲に限定された狭い世界のこだわりでないかということだった。

 人生の目標達成=幸せ と思い込んでいるとしたら、ほんとうに金や権威、名誉の獲得というのは自分が考えて設定したものなのだろうか。人類史上、有史以来の先祖から受け継いできた遺産として、自分も引き継いだだけではないのか。

 スカイツリーを観ながら、これを自分のものにしようとは思わないし、これで稼いでやろうとも思わない。ただ、縁ある人たちと、ちょっと酔って、ライトアップツリーを見上げることが幸せな時間なのだ。それだけでいい。

 イキモノガカリの「泣くもんか」を聴いていると、涙が出そうになる。

 これからの時代は、マテリアルの物量で幸せかどうかを判断するのではなく、頭ではなく心で幸せに感じる時間をどれだけ体験できるかが、幸福者の基準となる。

 もちろん、経済的安定は大切であって、それを無視した自堕落な快楽は、幸福とはいえず、単なるエゴ快楽である。ギリシア哲学者エピクロスのいう「快楽主義」とは享楽ではなく、精神の平安による快楽ということだ。

 幸せ=勝者或いは享楽...といった図式を、ぜひとも書き換えていきたいと思うのだ。

 そうでなければ、耳にタコフレーズである「みんなが仲良く、安心・安全な社会」などできるわけがない。政府もマスコミも念仏のように唱える「安心安全な世界」を,リアルなものにするには、真剣にエゴという怪物と向かい合い、飼い慣らす必要があるのだ。

 すみません、今日は酔っているので(まぁいつもですが)、今日はこの辺で....

  010

  

|

« スカイツリーのプラネタリウムを観た..... | トップページ | 35回目の「燃えよドラゴン」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

武道」カテゴリの記事

コメント

炭粉先生、コメントありがとうございました。
うれしかったです。

炭粉先生の更なるご活躍をお祈り申しあげます。

(先生!! もしツイッターとかプログとかやっていらっしゃったら、こっそり内緒で教えてくださいね(*^-^)) 

投稿: takkun | 2012年6月 2日 (土) 08時36分

はじめまして。自分も酒呑みなので、貴タイトルに惹かれて参りました(笑)。
御高評、誠に有り難う御座います。合気を経験される御機会がありますように、お祈り申し上げます。

投稿: 炭粉 | 2012年5月31日 (木) 16時29分

はじめまして。自分も酒呑みなので、貴タイトルに惹かれて参りました(笑)。
御高評、誠に有り難う御座います。合気を経験される御機会がありますように、お祈り申し上げます。

投稿: 炭粉 | 2012年5月31日 (木) 16時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531400/54801300

この記事へのトラックバック一覧です: 酔って候:

« スカイツリーのプラネタリウムを観た..... | トップページ | 35回目の「燃えよドラゴン」 »