« 「サロゲート」...身代わりロボット社会 | トップページ | 宮城県、岩手県 »

2012年4月29日 (日)

孫の婚約者の父の頭を叩く祖母(´□`。)°

長女が結婚することになったので、昨日は彼氏の両親が仙台からご挨拶にいらっしゃった。

まだ、明るい五時からスカイツリーの見える割烹で、接待する。

最初はきちんとお互いにご挨拶をしてから、乾杯となり、料理が次々と運ばれてくる。

普通、こういう席では瓶ビールで、ちっちゃなグラスに注いだり注がれたりするのが定番である。

 しかし、79歳の私の母は、そのコップでチマチマ飲むのが嫌いで、いつもジョッキでビールを飲むため、途中から瓶ビールをやめて、スカイツリージョッキ(といってもただ634mlのビールジョッキ)を注文して、一同グビグビ状態となる。 

 僕もコップで飲むのは嫌いで、飲み会では自分のコップにビールがなくなってきても、誰も気づかず注いでもらえない状況に陥ることがよくある。その場合は、誰かのコップにビールを注いであげて、僕のコップにもビールがなくなっているんだからね!メッセージを発信し、相手も、おっ、気づかずにごめんね、どうぞどうぞ!という対応をすることになる。それが面倒くさいので、ジョッキでグビグビがいいのだ。 

 しばらくすると、隣の大広間では、年配の方々が高校の同窓会ということで芸者衆を呼んでおり、三味線、和太鼓の演奏がはじまった。仙台のご両親も芸者さんを観たことがないというので、お店にお願いして廊下から見物させていただいた。とても、にぎやかでお祝いの席にはもってこいの余興であった。 

 我が母は、飲むと自分中心に喋って、周囲を聞き役に徹しさせる傾向があるため、事前に今日の大事な席では静かにしていなされと諭していた。乾杯当初までは、比較的おとなしめ(それでも相対評価ではうるさい)にしていたが、段々とアルコールが廻るにしたがって、当初はお父さんと呼んでいた呼称が、やがて隣に座り込みあんたと呼ぶように変化していった。 

 二次会ではBARに行ったが、そこでもご両親の間に座って、喋り続け、最後はお父さんの頭をひっぱ叩くようになっていったのだ。それも何度もで、パンパンッという音を聞かされるたびに ・・破談・・ という文字が宙を舞ったが、気さくなご両親で、そんなおふくろを気に入って下さったようで安心した。 

 それにしても、随分飲んだので、帰宅してから頭痛がした。 

 今朝は、幸い痛みは治まっていたが、パンパンッという音が、耳に残ってしまい早く目覚めてしまったので、自分を落ち着かせるためにこうしてPCに向かっているのである。

 パンパンッ....。また反響してきたぁ。。゜゜(´□`。)°゜。

|

« 「サロゲート」...身代わりロボット社会 | トップページ | 宮城県、岩手県 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531400/54584465

この記事へのトラックバック一覧です: 孫の婚約者の父の頭を叩く祖母(´□`。)°:

« 「サロゲート」...身代わりロボット社会 | トップページ | 宮城県、岩手県 »