« どうした!?ビッグダディよ | トップページ | 講道館、ブロレス....カリスマは何処へ »

2012年4月 9日 (月)

居酒屋化した花見?

 昨日は良いお天気でお花見日和だった。 Cimg0954

 Cimg0929うちから自転車で5分の隅田公園に行くと、凄い人出だった。最近は、浅草界隈はスカイツリー効果もあって、毎日かなりの人で賑わっているのだが、今日は拍車をかけての黒山のひとだかり状態。 

 やはり、桜とスカイツリーの写真を撮る方々が多く、私も負けじと両者を絡めた写真を撮った。
 

 それにしても、通路には少しの隙もないくらいに、ブルーシートが敷きつめられ、宴会をしているのだが、見慣れた風景とはいえ、どうも違和感を覚える。

 澄んだ青空と、満開の桜の木の下に、大量のブルーシートが敷きつめられて、缶ビールや一升瓶、ペットボトルに、唐揚げやポテトチップが並んでいる光景はどうもスッキリしない。 

 このモヤモヤはなんだろうか。ブルーシートは、ホームレスの方々を連想する傾向が強いこともあろう。シート上の酒盛りは居酒屋での飲み会の延長だったり、車座になって静かにジュースとスナックを食べている若者たちに対して、どうして桜の木の下に陣取っている必然性があるのかという疑問もあろう。

 お花見というと、のどかで健全な江戸時代からの娯楽というようなイメージをもっていたのだが、どうも違うようだ。例えるなら居酒屋、日帰り温泉休憩室、コンビニ前の集団という世界が、桜の樹の下にワープしてきたような感覚にかられてしまう。どうも、満開の桜は主役ではなく単なる景色であり、アラビア居酒屋の岩場、アクアバーの水槽の熱帯魚と同じようなものなのかもしれない。

 のんびりと静かに、ゆっくりとした時間と空間を自然のもとで過ごしたいと願っても、この都会ではなかなか難しそうだ。それならば、入園料を払って飲酒禁止の都立公園に行けば、なんとかなるものだろうか。

 あぁ花見の季節は、江戸時代にタイムスリップしたいと思う。現在と比較して娯楽がなかったあの時代には、満開の桜を観ることが大きな愉しみであったのだろう。ワクワクドキドキしながら桜たちをみつめ、愛でたことであろう。物凄く楽しいイベントであったのだろう。あぁ、そんな時代にワープして、のんびりとお酒を飲みたい。

 おじさんの私は、、自然溢れる露天風呂に浸かっているのに会社の話を長々としている男どもに怒り、骨抜きされた武道の必修化に怒り、花見客の居酒屋現象化に怒っている。失望している(;д;)。人混みの中を無理やり走る自転車や、隅田川の桜沿いで騒音撒き散らしているジェットスキーたちに呆れている。Images泣いている(ノ_-。)

 自然への畏怖と感謝を失いかけている現代人にとって必要なのは、とりあえず静かになることだと思った。

 我々がこのまま自然、神といったものに対する畏怖を忘れ、我欲に生きていくならば、大魔神(佐々木ではなく、大映映画)が、いつ復活してもおかしくはない。

愚痴っぽいおじさんを笑わば笑えぇ!o(;△;)o

|

« どうした!?ビッグダディよ | トップページ | 講道館、ブロレス....カリスマは何処へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531400/54422862

この記事へのトラックバック一覧です: 居酒屋化した花見?:

« どうした!?ビッグダディよ | トップページ | 講道館、ブロレス....カリスマは何処へ »