« 橋本市長の武器は良い姿勢? | トップページ | 武道から気づいた大切なもの »

2012年2月11日 (土)

死ぬかと思った「夕日の滝」滝行の思い出

 今日は建国記念日の土曜日で、午前中は合気道のお稽古をして、昼食はサイゼリアに入ったのでビールを飲みたかったが、午後は会議があり、出勤のため我慢する。今日も晴天だったが、寒い一日であった。寒い中を家から自転車を走らせて駅に向かい、暖かい電車内に入ると、咳がでてきた。一昨日のニュースでは、花粉が飛散開始したと伝えていた。  

 僕は毎年、花粉症に悩まされているので、アレルギー対策として昨年末から冷水かぶりを開始している。今日まで一ヶ月半くらい行なっただけで急激な体質改善はあり得ないが、それでも冷水かぶりによる効果は大きい。鼻づまりが楽になってきたことや、寒さにも強くなったこと。そして、身体の冷水に対する拒絶反応が緩和され、むしろ風呂上りに冷水かぶりをしないとスッキリしない感覚になってきたことだ。そのことによって、身体だけではなく精神も引き締まってきている。  

 以前は、運動後に熱いシャワーを浴びて、最後の締めで冷水にすると、瞬時に冷たさが鋭角的な刺激となり、呼吸も乱れ、3秒くらいが我慢の限界であった。しかし、現在は、最初から大した我慢もせずに1分程度、真水に耐えられる心身と化している。不思議だぁ。  

 冷水かぶりといえば、思い出す出来事があった。 

 5年くらい前に、滝行に挑戦したことがある。10月下旬に好奇心旺盛な職場の部下たちと、亀田兄弟や朝青223_2龍らが修業した神奈川の夕日の滝に向かったのだ。滝行はみんなが初体験のため、滝行を指導して頂けるお寺にお願いして、祈祷や、準備体操を行なった。準備体操にはなんと、現在合気道で行なっている舟漕ぎ体操を行ったのだった。

232 滝行用に白装束を貸していただいたが、ここは男らしくいこうと思い、上司である僕は「男子は上半身は裸で決行!」という指示を出した。最初は歩いて滝の裏側にまわって、般若心経と唱えるのだが、とにかく寒い。寒いというよりも体が冷却され、凍りつく感じだ。しばらくしたら、心肺停止しそうな気がしてきて、このままだと死ぬと思い、般若心経はよくわからないので、経のリズムに合わせて、ハイハイハイッ、ハイハイハイッ!と叫んで気合を入れた。 

 このまま、滝前逃亡しようかという迷いも生じたが、ここで逃げては男がすたると、落下する滝水に打たれた。実際に滝に打たれている方が、厳しい冷気の中に立っているよりも楽であった。そこでも般若心経リズムでハイハイハイッ、ハイハイ214ハイッ!とラップの合いの手の如く大声を出した。経が終わってから、滝壺にドバーンと飛び込む。ここも温かい。しかし、気づくとキリキリした頭痛が生じていた。

 その後、クルマで移動し、公営の温泉センターに寄って暖まって、住職たちとお別れする。そして、宿泊地である箱根の山荘っぽい民宿に移動する。国道沿いの宿の駐車場に着いて背伸びをしていたら、なんか僕の名前を呼ぶ声が聞こえた。幻聴だと思って、無視していたら、渋滞している道をユックリ進んでいるクルマが僕の前にとまって、僕の名を呼ぶではないか。よく見たらなんと、事務係長のUさんが運転しているクルマが目に入ってきた。彼は家族と箱根にドライブにきたらしい。今回の滝行ツアーは参加者以外には秘密の特訓のため口外しておらず、突然のU係長との遭遇は驚きであった。翌日の大涌谷でも、偶然に他の同僚に出会い、びっくりしたのであった。これも滝行による効果だったのだろうか。 

......まぁ、昔話になってしまったけど、滝行は死というのを意識したおそろしい体験であった。しかし、その後の宿でのビールと料理は本当に美味しかったなぁ。翌日の箱根の山や、芦ノ湖も素晴らしかったし、小田原港で食べた寿司とビールも忘れられないのね。こういう旅行って本当に忘れられない思い出になるのよね。

 

 なんか、お酒のんでいたら段々酔っ払ってきたので、簡単に最近観た映画を記録。

「ジョニー・イングリッシュ」ローワン・アトキンソンはミスタービーンの映画よりも、このシリーズの方が似合っている。

「塔の上のラプンツェル」このディズーニー映画を観てしまうと、どんな話題作であろうとも不完全に思えてしまうほどの、映画の王道を往く完璧作品。

「アウェィク」「アンノウン」入院して、最愛の女性の罠にはまるという共通点があるサスペンス映画。DVD借りてきて夕食後の9時過ぎから観るのに丁度良い。

|

« 橋本市長の武器は良い姿勢? | トップページ | 武道から気づいた大切なもの »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531400/53957056

この記事へのトラックバック一覧です: 死ぬかと思った「夕日の滝」滝行の思い出:

« 橋本市長の武器は良い姿勢? | トップページ | 武道から気づいた大切なもの »