« 戦国武将になる | トップページ | 毎日 朝食抜き.....水かぶり »

2012年1月 8日 (日)

東海林さだお先生から自分探しを教えられる

 自分探しの旅......。その甘美な響きにおじさんは魅せられる。  

 自分では気づいていない本当の自分自身がどこかに潜んでいるはず....という想いから、定職につかなかったり、外国に旅に出る若者がいる。 

 しかし、自分探しの風潮に対して、本当の自分なんて遠くのどこかにあるのではなくて、まず身近なことからはじめよ。頼まれごとをひたすらこなせ。自分探しなど幻想である。と指摘し、切り捨てる論客もいらっしゃる。 

 僕自身も、自分探しというのはなにか自己逃避であったり、9784163739908妄想なのかなと思っている。しかし、現在の自分だけがリアル100%なのだというのも、どうも違うような気がしている。  

 今回、この自分探し論争に終止符を打つべく本を発見した。それは、漫画家の東海林さだお先生の「花がないのに花見かな(文藝春秋)」の中の「自分をいますぐ探そう」というエッセイだった。 

 先生は自分はいまそこにいるのだから、そこにいる自分をどこに探しに行くというのかと疑問を呈せられ、大切なのはいまキミがそこにいる現場であると断言された。 

 歳をとっても自分探しの機会は訪れる。管理職になったものの自分に向いていないような気がする。定年退職後、これから先の人生をどう生きていくのか。七十、八十になっても自分探しの旅はおわらない。  

 先生も昔から自分は何者かということについて探求してきたのだが、最近、具体的にある"物"によって判明したらしい。その"物"とは何か。スーパーのビニール袋なのである。  

 先生は仕事場の清掃を1ヶ月間自分でやることになり、ゴミ袋であるビニール袋の入手、蓄積について、ご苦労された。ビニール袋が不足しないように袋を大・中・小と分けて調整したり、詰め替えたりした。また、ビニール袋が逼迫しているからスーパーに行って買い物をしなくちゃと思い、ビニール袋のために買い物に行くという本末転倒の行為をなさった。 

 スーパーでたくさん買い物をしたのに、1枚しか袋をくれないと、レジのおばちゃんを睨み、大きい袋に小さいのを一枚足してくれたときには、どうせなら大きいの2枚くれればいいのにと、やはり睨まれたらしい。  

 先生はおっしゃる。

 つまり、わたくしはスーパーの手提げビニール袋にこのように対応する人間であることがわかった。 

 自分探しのたびに出ずとも台所でわかった。"新しい自分の発見"ではなく、もともとあった自分が、スーパーの手さげビニール袋によって発現したのである。  

 青年よ、キミも一度スーパーの手さげビニール袋と対峙してみなさい。スーパーの手さげビニール袋に生ゴミを詰めてみなさい。そこに群れ飛ぶ小蝿をみつめてみなさい。自分はそれにどのように対応するのか。そのことによって自分がどういう人間であるかがわかる。 

 先生のエッセイは鋭意な観察眼と、人物表現の巧みと、知性溢れるユーモアといったことから多くのファンがいて、私もその一人である。 

 しかし、まさか、自分探しという深遠なテーマについて、スーパーの手さげビニール袋から真理を説かれるとは、一本とられました。  

 自分の中にいる未知の自分と会うためには、体験が必要である。その体験とは海外や、宗教的なもの以外にも、身近なことがきっかけになるものだ。  

 むしろ、戦場や、貧困地帯、世界遺産といった特殊な状況に入ることよりも、当たり前な日本の日常生活で発見した自分の姿をみつめることが大切なのだろう。  

 先生は、今までも自分は卑小で浅ましく、いじましい男であると、ウスウス感じてらっしゃったが、今回の件でそのような資質のある人間と確認された。 

 どこにいる凄い自分を探すよりも、身近にいる浅ましい自分を発見することがエキサイティングであるのではなかろうか!!

 

 ...........................かくいう僕も、今日急遽、娘と一緒に親父のいる特別養護老人ホームに行くことになり、急いでレンタカー各店舗に問い合わせしたが空車はなく、唯一メルセデスだけが5時間ほど可能であった。

 ベンツを運転するのは初めてだが、とにかく借りることにした。方向指示レバーが左だったりして、戸惑ったが慣れてくると、前を走っている小さいクルマが邪魔に思えてきた。まさにどうだベンツだという優越感がわいてきて、娘に乗り心地いいだろうときくと、いいけどニコニコレンタカーのマークがあるものねと返される。

 Imagescaeq0orrたしかに格安レンタカーのベンツであり、ナンバーは横浜だが「わ」!  。実は凄い自分だと思っていたのが、幻想であり、ニコニコのベンツで優越感にひたっている浅ましくも恥ずかしい僕が僕自身だと、この実体験で確証された。 

 この浅ましい僕からの出発だ! 明日は合気道の鏡開き!!

今日も変な展開になってしまった。 

|

« 戦国武将になる | トップページ | 毎日 朝食抜き.....水かぶり »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531400/53688059

この記事へのトラックバック一覧です: 東海林さだお先生から自分探しを教えられる:

« 戦国武将になる | トップページ | 毎日 朝食抜き.....水かぶり »